■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

萱野三平記念館
萱野三平記念館
ご存知のように本日12月14日は、衆議院議員選挙の投票日、もとい赤穂義士による吉良邸討ち入りの日です。
ということで、忠臣蔵関係の話題を採り上げようと考えたのですが、赤穂はさすがに遠すぎます。
そこで地元で何かないかなと探してみたところ、もってこいの場所がありました。
それが今回ご紹介する、萱野三平記念館です。

萱野三平記念館
誰ですか、ガッカリ・ミュージアムだなんて言ってるのは?
先生、許しませんよ。

萱野三平記念館
「そもそも、萱野三平って誰なん?忠臣蔵と関係あるん?」
あなた、そんなこと言ってちゃダメですよ。
もっと歴史や古典芸能を勉強しなくちゃ。

萱野三平記念館
萱野三平記念館は箕面市にあります。
くわしいことはコチラをご覧いただくとして、ざっと説明すると、萱野三平は主君と家の板挟みになって挙句の果てに自殺してしまった、赤穂藩士です。←説明が適当すぎてわからない?

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」では、お軽勘平の悲恋物語として描かれています。

萱野三平記念館
萱野三平の家の一部が今でも残っていて、そこを萱野三平記念館として公開しています。

萱野三平記念館
萱野三平旧邸のミニチュア模型です。

嬉しいことに、撮影禁止なんてケチくさいことはここでは一切ありませんでした。
あっちこっち撮りまくってしまいました。

萱野三平記念館
当時の長屋門です。
門の左右が部屋になってます。

「コラコラ、そんなとこ勝手に車停めちゃいかんぞ君」

萱野三平記念館
これが三平ちゃんです。
ちなみにカッパじゃないですよ。

萱野三平記念館
土塀もボロボロです。味わいがあります。

しかし、日曜日の昼下がりだというのに、ワタクシ以外、誰一人として訪問者がいなかったのは淋しすぎます。
三平ちゃん、凹んじゃダメだぞ。
オッチャンが応援してるからな!
ガンバ!

萱野三平記念館
近くの家も同様に、古い建物が残ってました。



萱野三平記念館
3D表示
近畿ランキングに



箕面ハイキング&ラン その2 - みぷの『走健美』日記

赤穂城開城と高野山の浅野内匠頭墓所。今日は赤穂浪士討ち入り。 - 戦国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
こんにちは
忠と義と情のはざまで苦しんだ人なんですね。
お軽勘平のモデルが萱野三平とは初めて知りました。
ちなみにカッパの三平というのも初耳でした。
水木しげるなんですか。
体だけは大事にしてくださいね、どーもすみません、
の方は知ってますが。
風情のある、いい建物ですね。
2014-12-14 日 14:01:44 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
Re: こんにちは
いらっしゃいませ

萱野三平って、箕面っ子には有名みたいですよ。

河童の三平は、アラフィフじゃないと理解できないジョークです。

箕面の171号より南のエリアは、昔ながらの建物が点在しています。
駅からはかなり遠いですが、ちょっとした散歩向きです。
2014-12-14 日 15:40:56 | URL | みゅー [編集]
忠臣蔵
私、忠臣蔵、大好きです。

でも、くわしいことは、何も知りません。
ここは興味深いです。風情がありますね。

めちゃめちゃトシ、いってますが、かっぱの三平は知りませんでした。
すいません (ペコリ)
2014-12-14 日 17:34:45 | URL | 森須もりん [編集]
Re: 忠臣蔵
河童の三平って、そんなに知られてないのかなあ?
子供の頃に白黒でテレビ放送してたのに…
e-259
2014-12-14 日 21:45:05 | URL | みゅー [編集]
萱野三平くん
こんばんは。拙記事にトラックバックいただき恐縮です。

江戸から赤穂へ第一報を届けた萱野三平くん。
萱野三平のお墓、箕面、江戸の泉岳寺の他に豊中市の新福寺と妙圓寺(現・光国寺)にございます。阪神高速と阪急神戸線が交差する辺りです。
この付近が萱野三平くんの父の勤務先、旗本大島家の代官所なんですよー。
箕面からここまで毎日馬で通っていたのかなぁ。
2014-12-14 日 23:56:26 | URL | つねまる [編集]
Re: 萱野三平くん
つねまるさん、さすが詳しいですね。

本場赤穂では盛大に義士祭が行われるというのに、ここは本当にひっそりしてました。
三平ちゃん、ちょっと可哀想。
2014-12-15 月 00:06:08 | URL | みゅー [編集]
こんばんわ
江戸から、早駕篭で、悲劇を伝えた「萱野三平」、敵を討ちたかったでしょうね…
でも、父君は、討ち入りを果たしても切腹よりは、箕面で就職して、生きて欲しかった…
忠義と、孝行との間で板ばさみですね!

先日、駅で「宇治市歴史資料館」を尋ねられました~
思わず、「大した物はないですよ」と、言いそうになりました^^
2014-12-15 月 23:07:18 | URL | ネット [編集]
Re: こんばんわ
萱野三平、けっこう人気ありますね。
意外でした。

宇治といえばお茶が第一に浮かぶので、そのあたりを資料館のテーマにできないもんでしょうか?
予算の無さかセンスの無さか、展示内容に一工夫、もうちょっと頑張ってほしいところです。
2014-12-15 月 23:56:28 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する