■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

堺刃物ミュージアム
刃物ミュージアム
今回、堺刃物ミュージアムを紹介しようかずいぶん悩みました。
というのも、写真が1枚しかないからです。
画像もなしに施設の紹介は簡単ではありません。

別に手を抜いているわけではなくて、こうなったのには理由があります。
ワタクシが訪れたまさにそのタイミングで、団体の見物客が一気に押し寄せたのです。
展示品の前で大勢並んでいるので、写真がまともに撮れません。
なかなか帰りそうにもないので、写真撮影はいい加減諦めることにしました。

ということで、文章のみの紹介となります。
ここはミュージアムというより、堺の伝統産業の物産展のような趣です。
刃物以外にも、線香や、敷物、昆布など、展示プラス即売が行われています。

特に2階は刃物ミュージアムの名前が示すように、刃物の展示がメインです。
入るとすぐ、マグロの解体に使われる大型の包丁が展示されています。
まるで日本刀のようです。
他にも業種ごと、工程ごとに様々な刃物が壁にずらっと展示されています。
見たこともないような刃物ばかりで、興味深かったです。

部屋の中央には、販売用の包丁がショーケースに入って展示されています。
ホームセンターで売ってるような汎用品と違ってお高いものばかりですが、いかにも切れそうで、さすが堺の刃物って感じです。



堺刃物ミュージアム
近畿ランキングに



暑い夏 まっ盛りの今日この頃。みなさんいかがお過ごしでしょうか今年の夏は、かなり暑く感じるのは私だけではないはずです。先日、堺市にある 境刃物ミュージアムに行ってまいりました。堺刃物はなんと600年の歴史があり伝統的な産業だそうですよそこで購入したのがこちらです。         細工がきれいでしたので買っちゃいました。堺刃物は打ち刃物ですので日本刀とかと作り方が似ていて、包丁の中心にハガネを使用し両...
堺刃物

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 10:46:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
刃物は
こんにちは。いつもお世話になっております。
包丁って、100均でも販売されていますが、やはり職人さんが作ってくれたものを一生大事に使うものですよね。
砥石で、しゃーこしゃーこっとしながら、祖母や母の思い出に浸ることも。
年代物過ぎて、鞘の半分くらいになってしまった果物ナイフでも現役です。

伝統産業は特に購入者がいないと成り立たないので、堺のミュージアムで販売されてるのはとてもいいなぁと思います。

2014-12-07 日 23:46:25 | URL | つねまる [編集]
Re: 刃物は
いらっしゃいませ

「切れなくなったら、研いでまた使う」というのをビデオで力説してました。
安かろう悪かろうを使い捨てするのとは対極の考え方ですが、プロの道具とは本来そういうものだと思います。
私も職人なので、共感できる点が多くありました。

2014-12-07 日 23:57:05 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する