■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

いずみの国歴史館
いずみの国歴史館
ローカル・ミュージアム・シリーズ。←勝手に名づけんなって。
今回は、和泉市のいずみの国歴史館です。

ここは桃山学院大学の敷地内を突っ切るようにして行きます。
初めて訪れた時は、大学構内に入り込んだかと思い、ちょっと焦りました。
不審者扱いされて、どっかに連れて行かれたら困ります。
幸いガードマンのチェックもなく、無事到着できました。
ああ、ドキドキした。

道のどん突きの宮ノ上公園に、いずみの国歴史館はあります。

いずみの国歴史館
館内を紹介しようにも、撮影できるのはロビーまででした。
うーん、残念。

ところで、このデカイ土器は、どっかで見たことがあるような・・・
そうだ、高槻市立埋蔵文化財調査センターだ!
高槻から和泉市までゴロゴロと台を押してきたんかなあ?
そんなわけ、ないちゅーの。

いずみの国歴史館
館内撮影ができないので、諦めて隣の公園に行ってみました。
辺りはすっかり秋の気配です。

いずみの国歴史館
モチノキには、赤い実がいっぱいになっていました。

いずみの国歴史館
何となく誘われるような気がして公園内をウロウロしていると、奇妙な光景を目にしました。
祠のようなものがあちこちに設置されています。
これはいったい何でしょう?
もしかしてここは、ミステリー・ゾーン

いずみの国歴史館
中には、お地蔵さんのようなものが祀られています。
龍王山内田八十八ヶ所というそうですが、由来などよくわかりません。
なんとも不思議な光景でした。



いずみの国歴史館
近畿ランキングに



和泉市いずみの国歴史館 特別展 ほとけとひとと-和泉市内の仏像・仏画展2-(12月6日~1月25日) 和泉市史編纂事業の調査で把握された、施福寺や松尾寺などを中心とする寺社伝来の文化財を集約。施福寺大日如来坐像は9世紀半ばの密教彫像で、近年発見された作風が一致する和歌山県林ヶ峰観音寺の菩薩形坐像をともに展示。数百年ぶりの邂逅。施福寺地蔵菩薩立像は像高50.5㎝の小像であるが、12c末頃の洗練された作風で、近...
和泉市いずみの国歴史館「ほとけとひとと」鑑賞記


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
それにしても
みゅーさんは、
いろいろな所を、よくご存知ですね。

どのようにして探すのですか。

ここは土器は、多く展示しているのですか。
質問攻めで、すいません。
2014-12-06 土 17:22:10 | URL | 森須もりん [編集]
Re: それにしても
次の記事では、訪問先の探し方について書いてみますね。
別段、たいしたネタでもないですけど。

土器以外にも色々あったような気がしますが、時間が経ってるのと画像がないのとで記憶が曖昧です。
それより公園の祠のほうがよほど記憶に残ってます。
なんか不気味でしたよ。
2014-12-06 土 20:31:24 | URL | みゅー [編集]
いいですなぁ、ローカル・ミュージアム・シリーズ!
どんどん人の来ないような博物館を攻めていって欲しいです('◇')ゞ
不審者扱いされるかもという恐怖は、ミュージアム巡り人の宿命ですな…。

いずみの国歴史館は駅から凄い遠いんですよね。
桃山大学までですら遠い!
2014-12-07 日 01:56:58 | URL | 犬山コベジ [編集]
Re: タイトルなし
「人の来ないような博物館」だなんて、それを言っちゃーおしまいですぜ、ダンナ。

中の写せない美術館より、個性的なローカル・ミュージアムに惹かれつつある私です。
2014-12-07 日 10:21:11 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する