■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

京都国立博物館
京都国立博物館
国宝の「鳥獣戯画展」が開かれているということで、京都国立博物館に来てみました。
噴水の前で、何か考えてる人がいますね。
立ってるオバサンもいますけど・・・

京都国立博物館
しかし入口はこの有り様です。
週末ということで、入場までに2時間以上かかると告げられました。
これでは後の予定がガタガタです。
さあ、どうしたもんか。
幸い、新設された平成知新館は待たずに入れるということなので、今回はこちらの方に行くことにしました。

京都国立博物館
直線が基調のきれいな建物です。
こちらが常設展示のスペースとなります。

京都国立博物館
当然内部は写せないので、せめて展示以外の部分だけでもパチリ。

画像でお見せできないのは残念ですが、展示品は最高のものばかりです。
まさに一見の価値ありです。
特に、すぐ目の前に巨大な仏像を見ることができ、その迫力に圧倒されます。
館内はかなり薄暗いので、目が慣れるのにしばらく時間がかかりますよ。

京都国立博物館
窓から見える景色も、一幅の絵のようです。
柱がちょい邪魔でありんす。

京都国立博物館
博物館の噴水にも秋が訪れました。
秋の日のヰ゛オロンのためいきの身にしみてひたぶるにうら悲し
ワタクシ、柄にもなく詩人しております。

詩人気分でのんびり出口を抜けたところ、突如、博物館のガードマンに呼び止められました。
「あの、ちょっと」
一瞬、緊張が走ります。
ワタクシの風体がそんなに怪しかったでしょうか?
何も悪いことはした覚えなどありませんが・・・
もしかして、あちこち写真を撮りまくったことが、彼の機嫌を損ねたとか?
そんな緊張感の中、くだんのガードマン氏が近づいてきました。
「そのパンフレットはどこでもらえるんですか?」
「えっ?」
何を言い出すかと思いきや、パンフレットとは。
このとき、関西文化の日のパンフレットをワタクシ持ち歩いておりまして、目ざとくガードマン氏に発見されたというくだりです。
「パンフレットなら参加施設に置いてありますよ。期間中なら無料で入れるところも多いので、行くならいいチャンスですよ」
ふだんはぶっきらぼうなワタクシも、このときばかりはていねいにお答えしました。
「それはいいことを聞いた、ありがとう。ぜひ行ってみます」
ニコニコ顔のガードマン氏でした。



京都国立博物館
近畿ランキングに



きたよ...
京都国立博物館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する