■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大阪文化館・天保山
大阪文化館・天保山
かつて、サントリーミュージアム天保山の名称だったミュージアムが、今は大阪文化館・天保山と名を変えて運営されています。
以前はIMAXシアターがあり、立体映像が楽しめました。
また、アールヌーボーの作品なども展示されていたものです。
現在は常設展はなく、その都度、企画展の会場として使われているようです。

大阪文化館・天保山
今、行われているのは「恐竜博2016」です。
ワタクシ、恐竜が大好きなのでワクワクです。

大阪文化館・天保山
週末ということもあり、館内は家族連れでいっぱいでした。

大阪文化館・天保山
今回のウリは、ティラノサウルスとスピノサウルスの豪華二大共演です。
まずはティラノサウルスのスコッティです。
すぐ目の前に展示されているせいか、非常に大きく感じます。
事実、この化石は、ティラノサウルスでも最大級のものだそうです。
まじ、デカいですよ。

大阪文化館・天保山
そしてお次が、スピノサウルスです。
こちらも、ティラノサウルスに負けないくらいデカいです。
海の中を自由に泳ぎ回ってたという、肉食恐竜です。

大阪文化館・天保山
ちょっと地味なカスモサウルス
若いお母さんが「トリケラトプスやーん」って叫んでましたが、角が三本じゃないので違いますよ。

大阪文化館・天保山
そして、カスモサウルスの赤ちゃんです。

大阪文化館・天保山
大型草食恐竜の竜脚類の足の化石

大阪文化館・天保山
ハドロサウルスはユーモラスな感じです。

大阪文化館・天保山
パラサウロロフスの親子の鳴き声が聞けるコーナー。
頭の角みたいなものから、音を出していました。

大阪文化館・天保山
すぐ横は、海遊館です。

大阪文化館・天保山
オオサカホイールができるまでは、日本一だった観覧車

ところで、ワタクシ、周辺をぶらついていると、突然数百人もの団体がいっせいにダッシュしてくるのを目撃しました。
老若男女が、それぞれ手にスマホやタブレットを持ったまま必死に走ってくるのです。
いったい何が起こったのか、ワタクシ呆気にとられました。
しばらくすると今度は、また別の方向にいっせいに移動し始めます。
まさに民族大移動の様相です。
どうやらここ天保山はポケモンGOの聖地らしく、ラプラスなどレアなポケモンが出現するとかで、未だに大勢のポケモンGOファンが訪れるようです。
なんか異様な光景でした。
でも、ワタクシのポケットの中では、ポケモンGOプラスがブルブル震えまくっていたことは、ここだけの秘密です。



大阪文化館・天保山
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



...カフェ、たまご泥棒の恐竜博2016、コラボメニュー「ジャンバラヤカレー~ティラノサウルス風~」


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する