■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)
今朝の地震は、ちょっとビビりました。
東日本大震災の再来かと不安でいっぱいですが、このまま収まってくれたらなと、思います。
ということで、気分を変えて本日のレポートです。

関門海峡ミュージアム
門司港レトロ地区の外れの方に、関門海峡ミュージアムがあります。
別名、海峡ドラマシップともいい、関門海峡や門司港の歴史や航海のお勉強ができます。

関門海峡ミュージアム
最初に目にするのが、2階の海峡アトリウムです。
楕円形の吹き抜け空間の中央に、巨大な玉と円筒形のスクリーンが天井から降りてきます。
スクリーンには、関門海峡の歴史イメージが映し出されます。

続いて、建物の内周に沿って通路を進んでいくと、3階の海峡歴史回廊に入ります。
壇ノ浦の合戦や、武蔵・小次郎の巌流島の決闘など、この地にまつわる歴史のシーンが、人形で再現されています。
といってもチャチな展示ではなく、なかなか凝った見ごたえのあるものです。
撮影不可だったので、画像で紹介できないのが残念です。

関門海峡ミュージアム
4階に上がると、目の前に関門海峡が広がります。
この日は、MBSのクルーズ船がちょうど門司港に寄港したところでした。
この後、屋久島までクルーズするとか。

関門海峡ミュージアム
同じ階には、船や海峡に関するクイズコーナーとか、ちょっとした展示スペースがあります。
海峡クイズはマニアック過ぎて、ぜんぜんわからんがな。

関門海峡ミュージアム
5階から門司港を眺めています。
快晴で、関門橋がきれいに見えています。

関門海峡ミュージアム
1階2階には、昔の門司の町並みを再現してあります。

関門海峡ミュージアム
なかなかレトロチックな佇まいです。

と、ここでワタクシ、大切なことを忘れていました。
例のあの人形です。
門司港に何の関係があるのかが、ここに来てわかりました。

関門海峡ミュージアム
実は門司港は、バナナの叩き売りの発祥地だったそうです。
九州の玄関口である門司港に陸揚げされたバナナのうち、傷んだものや熟成が進み過ぎたものを、廃棄せずに少しでも売り切ってしまおうと始められたのが叩き売りで、その後、啖呵売のスタイルが全国に広がっていったそうです。
それであの、バナナのコスプレのオッサンたちが立っていたわけです。

関門海峡ミュージアム
バナナ姫ルナ

関門海峡ミュージアム
霧笛ではなく、バナナが呼んでいるですって。
そんなアホな。

関門海峡ミュージアム
興味のある向きは、ここでお勉強して下さい。



関門海峡ミュージアム
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



GWに 突入しましたが 相変わらずノープランの 隊長です ほとんど仕事ってのもあり 人出もハンパないのでGWは ノープランです 昨日の 4/29は自分も休み~の 天気も良かったので 「運動公園でも行こうかな!?」と思ってたのですが 学校から貰って来たのか 関門海峡ミュージアムの広告を 発見! 関門海峡ミュージアムは 行った事はあるのですが 無料ゾーンのみです ちょうどフィギュアで 有名な海洋堂の展示をしているのと ...
門司にある関門海峡ミュージアムに 出動


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 16:11:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する