■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

伊丹市立こども文化科学館
伊丹市立こども文化科学館
プラネタリウムを併設した、こども文化科学館は、伊丹空港のすぐ近くにあります。
奥に見える大きなドームが期待感をそそります。

伊丹市立こども文化科学館
このゆるキャラは、ひょんたんといいます。
不敵な笑みを浮かべて、下から見上げるような視線。
ひょんたんはヤンキーかも知れません。

彼には、へちまんという相棒がいます。
要するに、ひょうたんとへちまということみたいです。
安易なネーミングではないかと、ワタクシ感じますです。
ちなみに彼らは、プラネタリウムにも登場します。

伊丹市立こども文化科学館
1階の展示スペースです。
宇宙に関してのお勉強ができます。
太陽で体重を測ったら何キロになるかわかる体重計とか、惑星でジャンプすると何メートル飛べるとか実体験できます。

伊丹市立こども文化科学館
宇宙開発の年表が描かれています。
大昔の望遠鏡のレプリカも飾られています。

伊丹市立こども文化科学館
1階はいかにも宇宙がテーマの科学館という感じでしたが、2階に上がると少し寂しい気分にさせられます。
くすんだ壁紙&チープな展示が手作り感満点で、高校の文化祭を思い出させてくれます。

伊丹市立こども文化科学館
とりあえず、プラネタリウムさえ良ければそれで良しとしましょう。
実はワタクシ、化石や埴輪以外にも、宇宙が大好きなんです。

伊丹市立こども文化科学館
プラネタリウムの上映まで、まだ1時間近くあります。
ハッキリ言って、館内で1時間を過ごすのは無理です。
展示がアレですから・・・

しかたがないので外に出てみることにしました。
こども文化科学館の横の公園に、なぜかモアイがあります。
どういう関係でしょう?

伊丹市立こども文化科学館
の奥にはストーンサークルが。
ますますもって不可思議です。

伊丹市立こども文化科学館
周辺をウロウロ時間つぶしの末、ようやく上映時間がやって来ました。
どれほどこの瞬間を待ち望んだことか。

シートに腰を下ろします。
「ウッ、狭い」
古いシートなので、最新式のシネコンのようなゆったりとしたシートではありません。
場末のオンボロ映画館にあったような、せせこましい木のシートです。

そうこうするうちにも、不安がどんどん膨らんできます。
ワタクシ、大きな過ちをしたのかもしれません。
ここに来て本当に良かったのだろうか・・・

ついに上映が始まりました。
しかし、さすがはメガスターです。
チリのような微かな光しか放たないような星でさえ、表現されています。
その細かいこと。

最後にあなたにアドバイスします。
プラネタリウムの上映時間より早く来すぎると、絶対に後悔しますよ。



伊丹市立こども文化科学館
近畿ランキングに


関連記事


テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する