■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

阪急うめだギャラリー
阪急うめだギャラリー
ワタクシ、ジブリのアニメはほとんど観てますが、アニメーターの近藤喜文の名前は知りませんでした。
「火垂るの墓」や「おもひでぽろぽろ」のキャラクターデザインや「耳をすませば」の監督など、ここ、阪急うめだギャラリーで開かれた「近藤喜文展」を観て、彼のことを初めて知りました。
ジブリといえば、宮崎駿や高畑勲のイメージしかなかったですから…

1998年、47歳で早逝した近藤の、原画やスケッチが数百点も展示されてます。
この日は休日だったせいか見学者も多くて、じっくり観てまわるといったわけにはいきませんでした。
列に並んでゆっくり観てると、全部観終わるまで何時間かかるかわかりません。
残念ですが、自分の興味のあるところだけつまみ食いするように観ていくしかありません。
「火垂るの墓」のスケッチのコーナーでは、やぶれ傘をさした兄弟の絵が展示されていて、しみじみ内容を思い出したりしました。
あんなに泣かせるアニメは少ないです。
観るたびワタクシ号泣してしまいます。

展示作品は撮影禁止で、「耳をすませば」の電車内のシーンを模したセットのみ撮影可能でした。
でも、おおぜい順番待ちしてたので、ワタクシ諦めざるを得ませんでした。
というわけで、画像は入口の1枚のみです。
悪しからず。



阪急うめだギャラリー
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



近藤 喜文1950年、新潟県五泉市生まれ。新潟県立村松高校卒業後、Aプロダクションに入社。アニメーターとして「巨人の星」「ルパン三世」「ど根性ガエル」「パンダコパンダ」などで活躍。 「未来少年コナン」を経て、78年、日本アニメーションに入社。1979年放映の「赤毛のアン」(演出:高畑勲)でキャラクターデザイン、作画監督に抜擢される。1980年、テレコム・アニメーション・フィルムに入社。「名探偵ホームズ」の後、日米...
近藤喜文展

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは
こういう所でやってたりするイベントってなかなか行けないからなぁ~。
色々とありそうだねぇ(>Д<)
2016-05-19 木 15:12:35 | URL | よしお [編集]
Re: こんにちは
デパートの催し会場ということで、買い物ついでに覗いたって人もけっこういたようです。
近くの広場では恐竜のイベントも開かれていたので、小さい子を連れた親子が大勢いました。
そちらからも来たせいか、会場はいっぱいでした。
2016-05-19 木 20:12:36 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する