■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大阪市立東洋陶磁美術館 その2
大阪市立東洋陶磁美術館
中之島の大阪市立東洋陶磁美術館の訪問は、今回で二度目です。
前回は高麗青磁の展覧会で、いまいち面白味がありませんでした。
だって、どれを観ても、全部同じような感じなんだもん…

大阪市立東洋陶磁美術館
今回はワタクシが楽しみにしていた、宮川香山の展覧会です。
張り切りすぎて、開場時間前に着いたぐらいです。
でも、落ち着いてじっくり鑑賞するには、朝イチに限りますね。
ライバルが少ないので、気に入った作品を最前列で好きなだけ味わうことができます。
もし昼頃来ようものなら、作品を観るより、人の頭を見ることになりそうです。

大阪市立東洋陶磁美術館
作品は想像以上のものでした。
高浮彫(たかうきぼり)という技法で、陶器の表面にウズラや蟹や、様々な生き物が引っ付いています。
こんなのどうやって作ったんだろう?って思うような、リアルな造形に驚かされます。
表面だけではなく、内部までえぐるようにして穴を開け、そこに熊の親子を配置したりと、非常に手の込んだ作品が目白押しです。
猫の乗っかったみずさしがチラシなどに使われてますが、口の中を見ると小さな歯がずらっと並んでいて、奥にはベロまでついてます。
実物を観たら、絶対感動しますよ。

大阪市立東洋陶磁美術館
このコーナーの作品のみ、撮影可能です。
割に地味なものばかりですが、撮影不可のものはこんなレベルじゃありません。

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館
これなんか、けっこういい線いってますが、もっともっと超絶技巧です。

大阪市立東洋陶磁美術館

大阪市立東洋陶磁美術館
香山も後期になると、これらの高浮彫からガラッと作風が変わります。
これが同じ作者の作品か?と思うくらいの変わりようです。
でも、またこの変化も素晴らしいです。

ところで、ワタクシが鑑賞する隣で、きれいなお姉さんも作品を観ていました。
ですが、すべての展示室を観ないうちに、途中で消えてしまいました。
蟹の張り付いた花瓶など、一番最後のコーナーにあったので、見落とすともったいないです。
別のフロアでお姉さんを見かけたので、「あっちの部屋、見落としてますよ」と、ワタクシ教えてあげました。
すると「I don't understand Japanese.」と返されました。
「Where are you from?」と聞くと、「China」と答えます。
顔だけ見ると、てっきり日本人かと思いました。
わざわざ外国から訪れるなんて、ここって外人にも人気のミュージアムなんですね。

それから、美術館のサイトには、割引クーポンもありますよ。

大阪市立東洋陶磁美術館
中ノ島公園のバラもきれいに咲いています。

大阪市立東洋陶磁美術館
美術館の前のこのオッチャンは、關(せき)大阪市長です。
将来を見越して御堂筋の拡幅を行った際、「飛行機の滑走路でもつくるんかいな」と揶揄されたこともありました。

同内容の展覧会


大阪市立東洋陶磁美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



公式サイトは >コチラサントリー美術館(2月24日-4月17日) 珍しく火曜日が休館日なので注意。大阪市立東洋陶磁美術館(4月29日-7月31日)瀬戸市美術館(10月1日-11月27日)大阪が一番展示が充実しており、重要文化財の「褐釉高浮彫蟹花瓶」も大阪のみ。でも同じモチーフの「高取釉高浮彫蟹花瓶」は展示されている。展示品の一部(5~6作品くらいだったかな?)は撮影可能。前半は陶芸、後半は磁器の作品。磁器の方がベース...
【展覧会】 -陶芸での造形がスゴイ- 「没後100年 宮川香山」展

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 19:37:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
宮川香山・・・サントリーでやってたんですね・・・
超絶技巧見たかった・・・どうして見逃してしまったのか・・・
かなりショックです・・・
2016-05-01 日 20:05:46 | URL | 月 [編集]
月さんへ
大阪の後では、瀬戸市でも巡回展があるみたいです。
もしくは、横浜の眞葛ミュージアムで作品が観られますよ。
2016-05-01 日 20:39:12 | URL | みゅー [編集]
横浜に宮川香山美術館があるのですね!
すごい情報をありがとうございます‼
さっきまでかなり落ち込んでいたのですが、一気に元気が出ました!
2016-05-01 日 21:18:52 | URL | 月 [編集]
Re: タイトルなし
宮川香山眞葛ミュージアム
http://kozan-makuzu.com/

巡回展が終わったら、神奈川県立歴史博物館の常設展でも一部観られると思いますよ。
2016-05-02 月 05:56:49 | URL | みゅー [編集]
こんにちは
陶器美術館ですか。
そんな専門のもあるのかぁ~。
幅が広いのですねぇ(・。・)
2016-05-02 月 17:49:17 | URL | よしお [編集]
Re: こんにちは
中国や朝鮮の陶磁器が中心のミュージアムです。
ここは外人にも人気みたいですよ。
この前なんか、フランス人の団体も来てました。
2016-05-02 月 20:45:06 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する