■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

並河靖之七宝記念館
京都ネタがだいぶ溜まってきたので、ぼちぼち放出するといたします。

並河靖之七宝記念館
京都市の岡崎公園と地下鉄・東山駅の間に、並河靖之七宝記念館があります。
地味な外観なので、ボヤッとしてたら行き過ぎるかもしれません。

展示作品は撮影禁止なので、またしても下手な説明でのご紹介となります。
有線七宝の技法を用いた並河靖之の自宅兼工房が、並河靖之七宝記念館として公開されてます。
並河は明治・大正期の七宝作家で、精緻な作品や制作過程の映像などが見学できます。
細い金属を輪郭線に用いた絵の中にガラス質の釉薬を流し焼成し、研磨し仕上げたものが有線七宝です。
実物を見ると、とにかく絵柄が細かくて、感心します。
まるで細い筆で書いたように見える絵柄も、有線七宝で作られたものです。
ネットで画像を拾ってみましたが、やはり実物を自分の目で見るべきです。
光沢の美しさ、絵柄の精緻さに感動しますよ。

ここの展示作品はそれほど多くないですが、清水三年坂美術館にも並河の作品が収集されているということなので、また訪ねてみたいと思います。

並河靖之七宝記念館
展示作品は撮影不可ですが、庭は自由に撮影できます。
琵琶湖疏水からひかれた水は七宝の研磨用に使われた後、庭の池に満たされました。
七代目小川治兵衛(植治)の作庭です。

ちなみに、無鄰菴も植治の作です。

並河靖之七宝記念館
こぢんまりした庭ですが、なんともいい雰囲気です。
この庭は、京都市指定名勝です。

並河靖之七宝記念館
右下を見ると、建物の柱が石の上に乗っかってます。

並河靖之七宝記念館
並河の七宝作品は、海外に大人気だったそうです。
この応接室で、外国商人と商談でもしたのでしょうか。

並河靖之七宝記念館
隣も見学できるということで、中に入ってみました。

並河靖之七宝記念館
京町家の風情がそのまま残ってます。
お家の人が横からいきなり出てきたので、ワタクシびっくりしました。



並河靖之七宝記念館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



 英国人写真家、並河靖之を訪ねる 社寺を訪れたポンティングは、京都の工芸家にも関心を示しました。金工、陶工などに続いて、最もページを割いて記述したのが、七宝焼の工房です。彼が訪ねた七宝家が、並河靖之でした。 並河は、弘化2年(1845)、京都に生まれ、11歳で並河家の養子となります。時代は明治となり、並河は七宝の道に入り、明治6年(1973)に、最初の作品、直径6寸(約18cm)ばかりの「鳳凰文食籠」を作り上げ...
七宝家・並河靖之を訪ねたイギリス人 - ポンティング『英国人写真家の見た明治日本』(2)

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
三年坂美術館の館長が出ていたテレビ番組で並河靖之の七宝焼の凄さを知ったばかりです。あの細かい絵付けがいかに職人技であるのかと。
本物が見たいです!
2016-05-11 水 10:33:33 | URL | 月 [編集]
こんにちは
建物もそうだけど、庭の感じもそのまま残ってるって感じがしてすごいですねぇ~。
管理するのは大変そうだねぇ(^。^;)
2016-05-11 水 16:12:50 | URL | よしお [編集]
月さんへ
展示されてる作品は小さなものが多いのですが、その限られたスペースに、よくこれだけ精緻な細工ができるなと感心します。
写真では実際の大きさがわかりにくいので、ぜひ実物をご覧になることを勧めますよ。
2016-05-11 水 16:59:53 | URL | みゅー [編集]
よしおさんへ
庭の維持管理は、そうとうお金がかかると思いますよ。
それと附属の建物に家族の方が今もお住まいなので、プライバシーとの兼ね合いも微妙かもしれません。
2016-05-11 水 17:02:59 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する