■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

京都市美術館 その3
京都市美術館
本日は京都市美術館に、モネとルノワールの展覧会を観に来ました。
同時に二人の作品展が観られて、なかなか好都合です。

京都市美術館
まずはモネ展から。
建物向かって左が会場です。
モネといえば、睡蓮しかないのかと思ってましたが、人物画や風景画なども複数あり、ちょっと意外でした。
茫洋として、なんかよくわからない睡蓮のイメージしか無かったので…

京都市美術館
続いて、建物右のルノワール展に移動します。
モネ展の半券提示で入場割引が受けられます。
ちなみに、モネとルノワールは別料金です。
一般の当日券が、モネが1600円、ルノワールが1500円です。
同時に二つ観ると、けっこうな出費です。

ワタクシの好みでいうと、やはりルノワールのほうがいいです。
観てて明るい気分にさせてくれる絵ばかりです。
そういえば両展覧会は、春に行われるのにピッタリの雰囲気でした。

京都市美術館
ズラッと並んでいるのは、モネ展の当日券を買う列です。
ルノワールの方は、なぜかほとんど列がありません。
モネ展は会期が少ししか残ってない(5月8日まで)せいもありますが、モネの方が人気なんでしょうか?



京都市美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



こんにちは,弾丸うどんライダーkazumiです。さて,京都です。平安神宮のある岡崎公園内の京都市美術館で,モネ展があるというので行ってきました。 モネ展だけではないんですね。3月19日というと昨日のことなんですが,ルノワール展も始まりました。美術館を2分して,左半分でモネ展。右半分でルノワール展が催されているんです。 同時代に活躍した,印象派の代表ともいえる2人の作品を一堂に集めるとは,京都市美術館...
モネ展 『印象,日の出』から『睡蓮』まで @京都市美術館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 08:36:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
茫洋なモネの絵はかなり離れて見ると、アレッと思うほどはっきり見える時がありますよね^^
「幸せの画家」と言われるルノワールの絵を見ると、笑顔になりますよね(^^♪
2016-05-01 日 21:15:24 | URL | 月 [編集]
Re: タイトルなし
どちらも人気の展覧会だったので、館内は人だらけでした。
人の流れに乗って観てたら、何時間かかるかわからないくらいでした。
仕方ないのでザーッと流して観ましたが、もったいなかったです。
2016-05-02 月 05:37:48 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する