■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

兵庫県立美術館 その2
兵庫県立美術館
久しぶりに、兵庫県立美術館に行ってみました。
この前来たのは、「だまし絵Ⅱ」のとき以来でしょうか?
屋根の上になんか載っかってます。
マスコットの「美(ミ)かえる」です。
この角度からだと、カエルというより…

兵庫県立美術館
現在は、富岡鉄斎の回顧展が開かれてます。
89年の生涯で、1万点もの作品を残したという鉄斎ですが、この展覧会では約200点の作品が観られます。
巨大な屏風絵や掛軸、それに書も複数ありました。

そうそう、鉄斎といえばワタクシ、清荒神の鉄斎美術館を思い出します。

兵庫県立美術館
お天気がよかったので、外に出てみることにしました。
ここは4階の、山のデッキです。
南側に海、北側に六甲の山並みが見られます。

兵庫県立美術館
美術館の南側の大階段には、ヤノベケンジのサン・シスターが展示されてます。
愛称は「なぎさ」です。
6メートルの巨体で、手には輝く太陽が光ってます。
阪神・淡路大震災20年の、2015年に設置されました。
でもワタクシ的には、どうもスカートの開き具合が気になります。

兵庫県立美術館
安心して下さい、穿いてますよ。

兵庫県立美術館
ヤノベケンジといえば、サン・チャイルドも有名です。
これは阪急・南茨木駅前のもので、ジモティには「さんちゃん」と呼ばれてます。



兵庫県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 21:20:11 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
前回は初めてコメント入れるという事をしたので、鍵コメにしてしまいましたσ(^_^;)
仙人の様な鉄斎が描く、仙人が居そうな絵が好きです。
2016-04-12 火 21:50:33 | URL | 月 [編集]
月さんへ
鉄斎の烏帽子も展示されてました。
水墨画に出てきそうな仙人のような出で立ちが、なんともユニークな鉄斎です。
大胆な筆さばきが、観る者を圧倒するような絵が多かったです。
2016-04-12 火 22:24:08 | URL | みゅー [編集]
こんにちは。
訪問者リストから こちらを知り
時々 こっそりお邪魔しています(^^ゞ
最近は 美術館も博物館もすっかりご無沙汰してしまってる私ですが
こちらで行った気分にさせていただいてたりします(#^^#)

だまし絵Ⅱにも行かれたんですね。
私は 初回のだまし絵を 
こちらに観に行った事があり
懐かしいなぁと思いながら
だまし絵Ⅱの記事も読ませていただきました♡
サン・シスター
確かに(笑)
私も スカートの開き具合が気になりましたv-398
2016-04-13 水 15:00:05 | URL | みけ [編集]
みけさんへ
だまし絵Ⅱは面白かったです。
親子連れでいっぱいでした。
鉄斎はジジババばかりで、さすがに子供はいませんでした。

美術館の場合、内部撮影不可がほとんどなので、紹介に苦労します。
仕方ないので、いちびれるネタはないかとあれこれ探したりしてます。
サン・シスターのスカートは、うってつけでした。
2016-04-13 水 18:07:50 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する