■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

出島和蘭商館跡
出島和蘭商館跡
長崎に行ったら、ぜひとも寄ってみたいと思ってたのが、ここ、出島です。
現在ではビルに囲まれ、直ぐ目の前が海だった往時の面影はほとんどありませんが、出島のあった敷地内に当時の建物を復元し、資料館として公開しています。

ところで、出島で知っていることといえば、鎖国政策の江戸時代に、唯一海外との窓口であったことぐらいで、それ以上のことはほとんど知りません。
詳しく勉強するいい機会なので、張り切ってまいりましょう。

出島和蘭商館跡
歩いて数分で端から端までたどり着いてしまうくらい狭いのが、出島でした。
元々、キリスト教禁教のため長崎のポルトガル人を収容するために造られた出島ですが、彼らは後に追放され、出島にはオランダ商館が設置されます。
以後、オランダとの交易の舞台となるのが、出島です。
商館のオランダ人や外国船の乗組員は、狭い出島の中にずっと閉じ込められたままで、本土への上陸は許されません。
檻のない牢屋のようなもので、まさに収容所といえるでしょう。
次の船が来るまで、ここに数年間も閉じ込められることもザラで、不自由な生活に耐えかね、日本人女性とよしみを通じて、こっそり脱出した外国人船員もいたそうです。

出島和蘭商館跡
出島乙名(役人)の扮装をしたおじさんが、詳しく解説してくれます。
「年金だけじゃスナックの飲み代まで足らないので、ここでアルバイトして稼いでます」って、笑わせてくれました。
おっと、オバちゃん、写真撮ってるのに、いきなり横から出てこないでよ。

出島和蘭商館跡
オランダ商館長(カピタン)のいた、カピタン部屋です。
変わった形の階段がついてます。

出島和蘭商館跡
部屋は畳敷きになってますが、商館員たちは寝る時と風呂に入るとき以外はずっと靴を履いたままでした。
当然、畳の上でも靴を履いたままです。

出島和蘭商館跡
寝室です。
ベッドのサイズが短かったので、上半身は壁に持たれ足を伸ばして寝たそうです。

出島和蘭商館跡
カピタンの食卓です。
豚が、なんかくわえてますね。

出島和蘭商館跡
表門が復元されてます。

出島和蘭商館跡
出島の外れの方に、ミニ出島が再現されてます。
現在のように出島が復元されるまでは、周辺は完全に埋め立てられていたそうです。
ようやく昔の姿に戻すための活動が本格化してます。

出島和蘭商館跡
東インド会社のマークの入ったアーチです。
「これは値打ちものですよー」って、おじさん力説してました。

出島和蘭商館跡
現存する、日本最古の神学校の旧出島神学校です。

出島和蘭商館跡
資料館のスペースには面白そうな展示がいろいろありましたが、内部が薄暗くてうまく撮れませんでした。

出島和蘭商館跡

出島和蘭商館跡

出島和蘭商館跡

出島和蘭商館跡
こちらは乙名部屋です。
カピタン部屋に比べると、すごく狭いです。

出島和蘭商館跡

もっと時間に余裕があれば、眼鏡橋や思案橋なんかも見物したかったんですが、長崎は見どころが多すぎて時間がいくらあっても足りません。
次に来るときは、もっとゆっくり廻りたいなあ。



出島和蘭商館跡
国内旅行 ブログランキングへ



長崎市内の「出島オランダ商館跡」にやってきました。鎖国時代、唯一西洋に向けて開かれていた貿易の窓口、「出島」。市中に雑居していたポルトガル人を一箇所に集めて住まわせたというこのエリアを国指定史跡として復元する事業が、今も進められているそうです。受付で確認したら、わんこOKでした。施設内に入るなり、トイレ交代で待たされるさくら。原型は失われたと書いてありますが、もともと扇形をしていたんですね。当時の町...
「出島オランダ商館跡」お出かけ

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 22:28:52 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは。

おととし、オランダに旅行した際、アムステルダムの国立博物館で出島関係の展示を見ました。
私のブログのこの記事の中ほどに、出島の模型の写真を載せております。
http://habatakuobachan.blog102.fc2.com/blog-entry-707.html

みゅー様レポートによると、実際の出島は歩いて数分の狭さですか!
とても驚きました。

いつも、みゅー様が実際に足を運ばれての記事、勉強になります!

今年は京都を重点的に回られるとか。
京都在住者として楽しみです。是非是非おこしやす!
2016-03-21 月 12:22:02 | URL | 鷲生智美 [編集]
鷲生智美さんへ
勉強不足な上に、興味のあることしか思い出せないので、せっかく訪問してもテキトーな記事しか書けなくてお恥ずかしいです。
シーボルト関係の展示もあったような気がしますが、他の博物館で見たかもしれないので記憶がゴチャゴチャです。

税関+強制収容所が出島の本来の機能だったように感じます。
一応、生活に不自由がないように配慮はされてますが、あの狭いスペースに何年も閉じ込められたなら、船乗りじゃなくても自由を渇望するでしょうね。

来月くらいから京都訪問の予定です。
桜の季節なんで、観光客でいっぱいでしょうね。
人のあまり来ないような、ちょっとひねった所でも行ってみようかな…
2016-03-21 月 13:51:54 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する