■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

長崎原爆資料館
長崎原爆資料館
長崎は観光地であるだけでなく、広島に次ぐ、被爆地です。
普段はゆるゆるレポートのワタクシですが、たまには真剣にミュージアムを見学してみましょう。

長崎原爆資料館
被爆前の長崎の様子から、展示はスタートします。

長崎原爆資料館
そして原爆が投下されました。

長崎原爆資料館
爆弾の形状から、ファットマン(太っちょ)と呼ばれます。

長崎原爆資料館
長崎は一瞬で、死の街に変わりました。

長崎原爆資料館
給水塔の鉄骨は、アメのように曲がってます。

長崎原爆資料館
浦上天主堂は崩れました。

長崎原爆資料館
ガラスがぐんにゃり溶けて曲がるほどの熱風の中に、人々はさらされました。
想像もできないほどの、苦痛と恐怖です。

長崎原爆資料館
展示品を見ていくにつれ、ワタクシ、胸が潰れるような気持ちになりました。

長崎原爆資料館
反核を訴えるコーナーです。
今も世界のあちこちで、戦争が続いています。
争いのない世界の実現は非常に難しいかもしれませんが、それでも永遠に訴え続けていくことが、核で命を奪われた犠牲者に対する最大の鎮魂でしょう。

長崎原爆資料館
未来を生きる子らの像

長崎原爆資料館
原爆殉難教え子と教師の像



長崎原爆資料館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



長崎旅行二日目は朝から雨、風も結構強く、屋外の写真撮影は困難最初に長崎原爆資料館を見学しました螺旋階段を下りて展示場に向かいますこの時期は修学旅行でたくさんの学生が訪れており、観光バスのバスガイドさんが沢山いました入ってすぐの所にある壊れた時計原爆が爆発した11時2分を指したまま壊れてしまった時計被爆直後の様子を再現した展示室。奥に見えるのは、浦上天主堂の模型被爆の惨状を映した映像被爆した「浦上天主...
長崎への旅(2013年5月)-9

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 11:27:43 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
間違っていけないのは、ここは「反核」の施設であって「反戦」ではないということ。
しかし中国からの観光客が出口でこう言う。「南京の加害者が、被害者面している」
硫黄島からの手紙という映画の主演をした渡辺謙は「原爆だけが戦争じゃない」と核兵器廃絶を訴える高校生に向かって言った。
みんなわかっていない。核兵器の恐ろしさは全人類で共有しなければなりません。
施設の目的がわからないままで見学しても「豚に真珠」の人は少なくないんですよ。
とても良いリポートでした。
2016-02-21 日 11:25:49 | URL | old comber [編集]
old comberさんへ
核の破壊力を見せつける遺物以外にも、傷ついた人々の痛ましい写真がいくつもありました。
人間が感じるものの中で、最も激しい痛みだそうです。
彼らの苦痛を想像すると、涙無くしては見られません。
なぜ、一般市民をターゲットにしなければならないのか、怒りすらこみ上げてきます。
2016-02-21 日 15:36:00 | URL | みゅー [編集]
こんにちは
長崎の原爆資料館ですか。
広島のには行った事がありますが、長崎はないですねぇ。
長崎にも色々と資料になる物が多く保存されてるのですねぇ(・。・)
これを通して核兵器の恐ろしさなどを学んでいくのですよねぇ。
核兵器を無くすのはいつになる事だろうねぇ・・・世界のトップになる人たちにはこういう資料館でちゃんと被害の大きさなどを知って欲しいですよねぇ(>Д<)
2016-02-22 月 16:44:44 | URL | よしお [編集]
こんばんは
高校三年生の修学旅行でここに行きました。広島に比して扱いの小さい長崎の被爆の様子をつぶさに見て、「決して被害は小さくはない!」と改めて恐怖を感じたのを鮮明に覚えています。あのころとはずいぶん変わったようですね。またそのうち行ってみたいと思います!
2016-02-25 木 23:20:33 | URL | 見張り員 [編集]
よしおさんへ
被害規模では広島のほうが多いので、原爆の話が出るとまず広島が語られますが、長崎も決して少なくない被害を受けてます。
資料館の、もの言わぬ展示がそれを教えてくれます。
戦争全般に対して私は反対ですが、特に一般市民を殺戮するような兵器は、絶対許せません。
2016-02-27 土 11:41:28 | URL | みゅー [編集]
見張り員さんへ
広島平和記念資料館は以前に行ったことがありますが、長崎の資料館は初めて訪れました。
展示品を見るうちに、重苦しく辛い気分に襲われました。

併設されてる、長崎原爆死没者追悼平和祈念館も、そのうち記事にしようと思います。
2016-02-27 土 11:49:11 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する