■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大阪市立美術館
大阪市立美術館
天王寺公園の中に大阪市立美術館はあります。
以前なら公園は自由に出入りできたのですが、ホームレス対策として周囲に柵を設け、入場も有料となりました。

今回、ミュージアムぐるっとパスを提示すると、入場料は免除されました。
休日とあって、入場券を買うのに列ができています。
パスのお陰で列に並ばずにすんだのが、ちょっぴり得した気分です。

チケット売り場前に案内のオバチャンがいましたが、朝鮮語がペラペラなので感心しました。
こんなところでも、国際都市大阪を感じさせてくれます。

大阪市立美術館
ふと、右を見ると、なんとこんなところにお城があります。
それも妙に細長い城です。
「なんじゃー、ありゃー」

実は、天王寺公園周辺は茶臼山といって、ホテル街です。
あのお城もラブホテルです。

大阪市立美術館
公園ゲートを抜け、右の方の通路を進むと大阪市立美術館です。
建物の後ろには、ハルカスも顔をのぞかせています。

途中の植込みいっぱいにイルミネーションがセットされていました。
11月から始まったそうです。
時間が早過ぎてキラキラが見られないのは残念。

大阪市立美術館
特別展は「うた・ものがたりのデザイン」です。
見ようかどうか迷ったのですが、公園入口で常設展だけ見ると言って無料入場したので、今回はパスしました。
コレクション展(常設展)は水墨画や障壁画でした。
鹿やタヌキのお尻の絵もありましたよ。

大阪市立美術館
館内で唯一、撮影を許されているホールでパチリ。
シャンデリアがまばゆく煌めいていて、すごくきれいでした。
光のほとばしりが、画像から伝わるでしょうか?

大阪市立美術館
近畿ランキングに



大阪市立美術館は昭和11年(1936)に開館。現在も当初からの建物が使われている。もともとこの地は住友家本邸があり、大正10年に住友家から邸宅跡地への美術館建設を条件に大阪市へ寄贈された。しかしその後の不況の影響もあり建設工事は遅れ、美術館の開館は寄贈から16年後にようやく実現する。住友家の邸宅部分は寄贈に際し他所へ移築(京都へ移築された一部を除き、今は現存しない)されたが、土蔵だけが今ももとの場所に...
第233回・大阪市立美術館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
大阪市在住の者です。美術館の入場券売り場のおばちゃんは、昔、宝くじで一億円を当てて、その直後、自動車に当たった。たしか、いまでも杖をついていらっしゃるのではないか?
2014-11-11 火 03:45:16 | URL | ハヌマーン&さとる [編集]
Re: タイトルなし
初めまして。

私の見たオバチャンは杖はついてませんでした。
たぶん別の方だと思います。

そうですか、宝くじの話は初耳でした。
2014-11-11 火 07:21:53 | URL | みゅー [編集]
こんにちは。いつもお世話になっております。

ほぉー。鹿さんやたぬたぬさんの、おちりが・・・(///∇///)ポッ
家康の本陣も、今やホテル街ですねぇ。

ミナミはなかなか近寄りがたく、こちらも数度しか行ったことがありませんが、ホールのシャンデリアには気付きませんでした。
素敵なご紹介をありがとうございます。
2014-11-12 水 18:06:22 | URL | つねまる [編集]
Re: タイトルなし
こんばんは。

美術館は博物館のように展示の撮影OKというところはないので、紹介に苦労しますね。
下手な説明ではうまく伝わらないし、ましてや私は芸術には疎いので、せめて雰囲気だけでも伝えられたらなあと考えています。

ネタもストックできてるので、またお越しください。
2014-11-12 水 18:27:36 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する