■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

つやま自然のふしぎ館
つやま自然のふしぎ館
岡山県津山市は、B’zの稲葉浩志の出身地です。
津山観光の一つとして、彼の実家や関係先はファンの訪問先ともなっています。
また津山は、横溝正史の「八つ墓村」の元となった、「津山事件」の舞台でもあります。

そしてこの街には、とてもユニークな博物館があります。
標本の数がべらぼうに多く、特に動物の剥製が充実しています。

つやま自然のふしぎ館
入ってすぐのところにはセントバーナードの剥製が。
なんか、不満そうな顔してますな。

つやま自然のふしぎ館
第1室の「化石の世界」
でっかい恐竜化石とかは、なしです。

つやま自然のふしぎ館
第2室は「人体の神秘」
ここはけっこうグロいです。

つやま自然のふしぎ館
人体模型がいろいろあります。

つやま自然のふしぎ館
左側の骨格標本は本物です。

つやま自然のふしぎ館
館長自らも標本となりました。
脳や内臓が展示されてます。

つやま自然のふしぎ館
この棚の右横に、かなりヤバイ写真が貼ってあります。
子どもや妊婦はトラウマ必至なので、絶対見てはいけません。
ワタクシもちょっとチビリそうでした。

つやま自然のふしぎ館
第3室「世界と日本の珍しい貝」です。
思いっきりショーケースが引っ付いてるので、地震が来たらヤバイかも?

つやま自然のふしぎ館
第4室は「蝶と昆虫の世界」です。

つやま自然のふしぎ館
第5室は「アジアの動物」です。
獰猛な顔つきのやつばかりです。

つやま自然のふしぎ館
「世界の鳥」は第6室です。

つやま自然のふしぎ館
第7室は「北米大陸の動物」です。
ヘビー級の動物がいっぱいいます。

つやま自然のふしぎ館
「日本の野生動物」は第8室

つやま自然のふしぎ館
第9室の「極地と中南米の動物」では、ゾウアザラシとホッキョクグマの対決が見られます。
両者互角の迫力です。

つやま自然のふしぎ館
「は虫類・両生類」は第10室

つやま自然のふしぎ館
「日本の鉱石・岩石」は第11室
なんか唐突です。

つやま自然のふしぎ館
「西アジア・アフリカの動物」は第12室
滋賀サファリ博物館や、きしわだ自然資料館を思い出しました。

つやま自然のふしぎ館
キリンは背が高すぎて天井につかえるので、無理やり座ってます。

館内はかなり年季が入っていて、床なんかガタガタです。
部屋の配置も入り組んでいるので、迷子になりそうです。
展示品の説明も手書き文字で、手作り感いっぱいというか、味わいのあるレトロな博物館です。
禁煙の張り紙が貼ってあるなど、時代を感じさせて、ちょっと不思議な感じすらします。
第2室がショッキングですが、珍しい動物の剥製など楽しく見学できますよ。



つやま自然のふしぎ館
近畿ランキングに



4月3日~4月4日(オカマの節句)さて、日本列島がすごいことになっていますね。子供達の春休みが終わりに近づいてますが、会社の忙しい時期もなんとか過ぎ去り、そして私の仕事が4月3~4日と休みなもんで(会社が休みなの)本来はスキー旅行のハズだったんですが・・・この天気予報を見てわざわざスキーに行く馬鹿もおらんでしょう。というわけで行き先変更。岡山県の湯原温泉へ行くことになりました。岡山を目的として行く...
嵐・嵐で大荒れな日本列島

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんばんは
展示される種類が豊富だねぇ~。
すごい(・。・)
見て回るの時間がかかるだろうね。
2015-12-13 日 18:36:32 | URL | よしお [編集]
面白いお話ありがとうございます
俺も津山に行ったことあるのですが、ここはスルーしました。
その判断は間違っていなかったと確信しました…
…と、いうことにしといて下さい。
2015-12-13 日 20:36:18 | URL | オレガノフ44号 [編集]
よしおさんへ
動物好きならじっくり観たいでしょうね。
詳しい解説があまりないので、私はさっさと見て回りましたけど…
2015-12-13 日 22:28:16 | URL | みゅー [編集]
オレガノフ44号さんへ
それはもったいないことをしましたね。
津山で一番見応えのあるミュージアムだったのに…
現代の博物館にない、猥雑さというか見せ物小屋のような雰囲気が、ここにはあります。
2015-12-13 日 22:31:39 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する