■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

三朝バイオリン美術館
三朝バイオリン美術館
鳥取県の三朝は温泉で知られた町です。
850年もの歴史を持つ、ラジウム温泉で有名です。
ワタクシも宿で、ほっこりさせてもらいました。

今回ご紹介するのは、ここ三朝町にある「三朝バイオリン美術館」です。

三朝バイオリン美術館
外観は山小屋のような形をしています。

三朝バイオリン美術館
美術館といっても、絵が飾られているわけではありません。

三朝バイオリン美術館
内部はバイオリン製作に関する展示がほとんどです。
はたしてこれが美術館といえるのか、ちょっと疑問です。

三朝バイオリン美術館
工具が色々並べられてます。

三朝バイオリン美術館
試し弾きできるコーナーです。
ワタクシ生まれて初めて、バイオリンを弾いてみました。
漫画ならギーコギーコとひどい音がしそうなものですが、実際は左手でうまく弦が押さえられず、同じ音しか出せません。
まともに音を出すのは、かなり難しいです。
ましてやメロディーなど。
それと、思ったよりバイオリンが軽いのが意外でした。

三朝バイオリン美術館
2階に上がるとコンサートホールがありました。
この日は演奏会もなく、静かなものです。

三朝バイオリン美術館
これは竹製のバイオリンです。
竹を薄くスライスして、何枚も重ねあわせてバイオリンの胴体を作ります。

三朝バイオリン美術館
美術館にはバイオリンの製作学校も併設されてます。
ここで4年間、バイオリン作りを学びます。
現在2名の生徒が学んでいるそうです
ちなみにバイオリンが完成するのに、1ヶ月くらいかかるそうです。
ワタクシも職人心が刺激されましたが、卒業までに500万円近くかかるそうなので、さすがに無理です。



三朝バイオリン美術館
近畿ランキングに


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは
バイオリンの美術館ですか。
そういう専門の美術館もあるんですねぇ~。

へぇ~。そっかぁ(・。・)
確かに弦をちゃんと押さえないと音は変わらずに鳴るって事になりますよね。
しかも押える時って、指に弦が食い込んで痛くなりそうなイメージがするのですけど、そこの所はどうなんでしょうかねぇ?

竹製って何重もスライスさせたのを重ねるって事だから、普通の一般的なバイオリンよりも値段が高くなりそうな気がするな~。

学校も併設ですか。
すごそうだねぇ(@。@)
2015-12-02 水 16:08:19 | URL | よしお [編集]
Re: こんにちは
楽器であると同時に芸術品ともいえるので、美術館でもあながち間違いではないですが、ちょっと変な感じもします。

指はそんなに痛くありませんが、演奏者のように器用に指を使うのは難しいです。

竹製バイオリンは販売用ではなく、展示および館内演奏用だったと思います。
24層だったか40層だったか忘れましたが、貼りあわせた竹でバイオリンの胴体を作ってます。
どんな音がするんでしょうね。
2015-12-02 水 20:46:15 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する