■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

伯耆国山岳美術館
伯耆国山岳美術館
大山で一泊して、翌朝ホテルの窓から外を見て、ワタクシ驚きました。
外ではみぞれ混じりの雪が、思いっきり横殴りに降ってます。
ホテルの周辺は雪がすぐ解けて残ってませんが、峠越えの道は雪で大変なことになってるんじゃないでしょうか。
マズイことに、車はノーマルタイヤのままです。
ワタクシ、山を舐めてました。
思いっきり焦りました。
今日は、倉吉から三朝を目指す予定だったのです。
雪に降り籠められたら、予定がガタガタになってしまいます。
ホテルのフロントに尋ねると「この程度の雪なら道路は走れますよ」とのことでした。
ええい!勇気を振り絞って出発しますか。

伯耆国山岳美術館
途中の下り道は雪で真っ白で、ワタクシ、ビビりまくりでした。
ツルッといったら、車ごと斜面を転がり落ちるかもしれません。
道はグネグネの曲がり坂です。
おっかなびっくり、そろそろと車を走らせてくだってきました。
ホント、生きた心地がしませんでしたよ。

伯耆国山岳美術館
麓まで降りると、景色は一変します。
路面こそ濡れてますが、雪などほとんどありません。
正面に見える大山から、無事くだってこれたのが、夢のようです。

伯耆国山岳美術館
倉吉に寄る途中で、「伯耆国山岳美術館」を見学しました。
ネガティブなことはあまり言いたくないのですが、ハッキリ言ってここはお勧めできません。
喫茶店に併設された倉庫のようなスペースが美術館なのですが、20枚程度山の絵があるのと、オブジェが数点あるだけのなんとも小規模な美術館です。
数分程度で観終わってしまうような内容なのに、500円は高すぎます。
落胆を味わうのが好きな方にはお勧めですが…

伯耆国山岳美術館
近畿ランキングに


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する