■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

飛行神社
飛行神社
明治22年、カラスが飛ぶ姿から飛行原理を思いついた二宮忠八でしたが、明治36年、人類初の有人飛行はライト兄弟に先を越されてしまいました。
その後、忠八は、飛行機による犠牲者の霊を慰めようと、自宅に飛行神社を創建し神職となります。

本日訪れた飛行神社は、京都府八幡市にあります。
徒然草にも登場する、石清水八幡宮のすぐ近くです。

飛行神社
飛行神社は、平成元年に建て替えられました。
金属製の鳥居が、機体を象徴してるかのようです。

飛行神社
本殿はギリシア神殿のようです。

飛行神社
ゼロ戦のプロペラ

飛行神社
エンジンでしょうか?
撮影に気を取られていて、説明書きを読むのを忘れてました。

飛行神社
なんか、ゴチャゴチャと書いてあります。

飛行神社
この奥に無料駐車場があります。
建物の下になり、天井が低いので、ハイルーフ車だとけっこうヤバめです。

二宮忠八資料館が神社に併設されており、彼の業績を偲ぶことができます。
内部は撮影禁止なので、画像はありません。
寄贈された飛行機のプラモデルが、めっちゃたくさんありました。
すごいよーん。



飛行神社
近畿ランキングに



たまたま降りた駅に「飛行神社」の案内があったので寄ってみましたここ伊丹空港行きのリムジンバスに貼ってある広告の神社だ駅から少し歩くと・・・あれ?建物が近代的。ってか神社のイメージじゃない。入口に周ると鳥居はありました。木じゃなくって飛行機に使用するジェラルミンでできてるそうです。飛行神社はこんな由来入口にジェット機のエンジンが展示されてました。神社の雰囲気ではないんですね(笑ちょっと近代的な神社で...
飛行神社

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する