■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

篠山城大書院
篠山城大書院
デカンショ節で知られる、丹波篠山をワタクシ訪れてみました。
本日紹介するのは、篠山城大書院です。
現在では、石垣や堀、馬出以外はほとんど築城当時のものは存在しません。

篠山城大書院
立派な石垣ですね。
築城の指揮をとったのは、伊賀上野城でも紹介した藤堂高虎と、姫路城主の池田輝政です。
関ケ原合戦の勝利後、西の大名に睨みを効かせるために家康が造らせたものです。

篠山城大書院
埋門近くの石垣には、池田輝政の刻印が残ってます。

篠山城大書院
築城とほぼ同時期に建てられた大書院は、明治維新後も残されましたが、昭和19年に火災で焼失しました。
現在のものは、平成12年に再建されました。

篠山城大書院
入るとすぐ、篠山城の復元模型などの資料展示があります。

篠山城大書院
広縁を巡りながら、内部を見ることができます。

篠山城大書院
大書院は、篠山藩の公式行事が行われた場所です。

篠山城大書院
残された資料を元に、復元されました。
上段の間は、最も格式が高い場所です。

篠山城大書院
孔雀の間です。

篠山城大書院

篠山城大書院
大書院の裏手に回ってみました。←端っこの白いの、何なん?

篠山城大書院
篠山城は天守台のみで、敢えて天守閣は造られませんでした。

篠山城大書院
青山神社が敷地内にあります。

篠山城大書院
屋根が載っかってます。
御神木でしょうか?



篠山城大書院
近畿ランキングに



所在地:兵庫県篠山市北新町2-3別名:桐ヶ城築城年:1609年(慶長14年)築城主:徳川家康主な城主:松平氏、青山氏廃城年:1871年(明治4年)城郭構造:輪郭式平山城訪城日:2014年3月5日1609年(慶長14年)徳川家康は、松平康重を常陸国笠間城から丹波国八上城に移し、さらに新城の築城を命じた。これは、山陰道の要衝である丹波篠山盆地に城を築くことによって、大坂の豊臣氏をはじめとする西国諸大名のおさえ...
篠山城跡

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 17:18:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ようこそ篠山城へ
ようこそ篠山城へ

いつかお越しになるのではと楽しみに待っていました。
楽しんでいただけましたか。

もうすぐ有名な黒枝豆中心の「味祭り」や神輿や山車(京都の影響を受けた)でにぎやかな春日神社の秋祭りがあり、元旦の零時過ぎには「翁」の舞が春日神社に能の家元によって奉納さるなど色々イベントがあります。
篠山自慢。(親ばかならぬささやまばかで済みません。)
機会あればまたお越しください。

お城の西側の広場を「お城飛行場」と読んで紙飛行機を飛ばしています。
時々飛行機が石垣にかかったり、お堀に着水したりするのが欠点ですが。
2015-09-12 土 17:57:31 | URL | 丹波のじいさん [編集]
Re: ようこそ篠山城へ
楽しそうなイベントがいろいろあるんですね。

今回の篠山訪問は仕事の途中に寄ったので、お城の周辺のみしか行けませんでした。
でも、周りがずっと山なのに、あんな立派な堀や石垣があるのが、不思議な感じすらしました。

引き続きレポートしていきますので、今後ともご贔屓に。
2015-09-12 土 21:02:30 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する