■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

石水博物館
石水博物館
石水博物館は、川喜田半泥子(かわきたはんでいし)や、川喜田家の所蔵品を展示しています。
場所は、三重県の津市です。
ワタクシが訪れた時は、半泥子の作品展が開催中でした。
陶芸が多くを占めていましたが、半泥子独特の、猫のような可愛い虎の絵も飾られていました。

半泥子の本業は銀行の頭取で、朝起きると、出社するまで陶芸に取り組み、帰宅後も寝るまで陶芸に没頭するという、そんな暮らしを永く続けた趣味人です。
芸術を金儲けの手段とすることを潔しとしなかったのも、本業があってのことでしょう。

石水博物館
訪問者は平日でもけっこういました。
太い道を曲がっていきなり細い道に入り込むので、ルートが非常にわかりにくいです。
ナビ無しだと思いっきり迷うと思います。

石水博物館
近畿ランキングに



三重県津市にある石水博物館実業家であり陶芸作家でもあった川喜田半泥子が昭和5年に設立した財団法人石水会館をルーツとする博物館津市唯一の百貨店「松菱」の向かい辺りにある石水会館が現在石水博物館がある半泥子ゆかりの津市垂水の千歳山に移転すると発表があった時、津市民に少なからず動揺が走ったのを覚えています。昭和50年、2011年5月に開館。書画、錦絵、古文書、人形など川喜田家から寄贈された約3万点の資料を収蔵も...
『石水博物館』(津市)

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
おはようございます
私は、この人をテレビ番組の
なんでも鑑定団で知りました。

とても興味のあるひとでした。

趣味人とはこういう方をいうのでしょうね。
実物の作品を見てみたい。
2015-07-30 木 10:27:40 | URL | 森須もりん [編集]
Re: おはようございます
愛知、大阪と、しばらく前に半泥子の巡回展をしてましたが、もう終わってしまいました。
実物を見るには、三重まで行くか次の機会を待つしか無いかもしれませんね。
おもしろい形の器がいろいろありましたよ。
2015-07-30 木 12:53:17 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する