■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

三重県立美術館
三重県立美術館
県立美術館や県立博物館は、自治体を象徴するような施設なので、ミュージアム巡りには外せません。
本日は、三重県立美術館の紹介です。

三重県立美術館
とはいえ、美術館紹介の際にいつも感じることですが、館内撮影不可の場合が多いので、記事を考えるのに苦労します。
海外の美術館など、作品撮影ができることを思うと、日本でもなんとかならないもんでしょうか。
と、愚痴っててもしかたないので、ざっと紹介してみます。

ワタクシの訪れた時は、常設展示のみでした。
こういう時のほうが、特別展などに比べ、そのミュージアムの性格がよく現れると思います。
それに訪問者が少ないので、ゆっくり観られますしね。
印象に残ったのは、柳原義達の彫刻です。
鳩やカラスの彫刻が、いっぱいありました。
それ以外では、シャガールの作品が印象に残ったくらいです。

三重県立美術館
平日の午前中ということで、訪問者はワタクシのみでした。
人がいないと、写り込みを気にせず写真が撮れていいです。

三重県立美術館
錆び錆びのキューブが、美術館の前に置かれてました。
背面は意味深な形だったので、興味のある方はご自身で確認の程を。

三重県立美術館
近畿ランキングに



なかなかお休みがとれなかったので、自分へのご褒美です。「福田豊四郎展」と美術館のランチを楽しみに行って来ました繊細で美しい色彩の絵画で、人物や風景に温かさや優しさを感じました。初期から晩年にかけて作風が変わっていきますが、どの作品も素敵でした。久々のミュゼボンヴィヴァンのお料理も美味しかったです。ジビエ料理で、前菜にも鹿肉が入った鹿の形クッキーや鹿肉のソーセージなどをいただきました。最後のご褒美は...
三重県立美術館とミュゼボン・ヴィヴァン|津市

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する