■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

壷阪寺
壷阪寺
「妻は夫をいたわりつ、夫は妻に慕いつつ~」と、浪曲でも有名な、壷阪寺が本日の訪問先です。
「それ、何なん?知らんでー」という方のために、壺坂霊験記の話をかいつまんですると。

盲人の沢市と、その妻お里は仲睦まじい夫婦でした。
夫の目が見えるようにと、三年もの間、朝早く壷阪寺の観音様に願掛けを続けたお里でしたが、そうとは知らない沢市は、お里の浮気を疑うのでした。
その後、事情を知った沢市は自らを恥じ、二人して願掛けに壷阪寺まで詣でます。
しかし沢市の目は見えるようにはならず、お里の足手まといになることを案じた沢市は、谷底へ身を投げたのでした。
それを知ったお里は、沢市の後を追うようにして、自らも身を投げたのです。
二人を哀れとおぼしめした観音様の功徳で、二人は再び生を得ます。
しかも沢市の目も見えるようになっていたのです。
素晴らしい夫婦愛の物語ですね。
この物語の舞台になったのが、奈良の壷阪寺です。
普段はユルユルでテキトーなブログですが、ワタクシこういった話になると、俄然饒舌になります。
単純な性格です。

実は壷阪寺には、ワタクシ今から30年位前に行った記憶があります。
その時のことを思い出すと、境内のあちこちに大きな石像があったような気がします。
しかもインド風のものばかりです。
ここは本当に日本の寺なのかと、不思議に感じたものでした。
あれから石像たちはどうなったのか、とても気になります。
それを確かめに、レッツゴーです。

壷阪寺
眼病封じの寺、目の観音様ということですが、後ろの大きなワラジみたいなのは何でしょう?

壷阪寺
何となく、インド的な雰囲気がしてきたと思いませんか?

壷阪寺
バーン!
石像登場です。
ゾウさんと、ライオンさん?

壷阪寺
ジャーン!
天竺渡来の大仏舎利塔です。
お釈迦様の骨を納めてある…らしいです。

壷阪寺
ドーン!
と、七福神が集合しています。

壷阪寺
おおっと、ここにも石像が。
天竺渡来の観音像です。

壷阪寺
あらあら、こんなところにも石仏が…
涅槃仏です。

壷阪寺
よいしょっと、まだまだありますよ。
めがね供養観音です。

壷阪寺
こんなのだって、あるんです。

壷阪寺
これは何をしてるところでしょうか?
肉感的な表現がそそりますね。

壷阪寺
「天上天下唯我独尊」
お釈迦様誕生のシーンですね。

壷阪寺
こちらはずいぶん年季が入ってます。

壷阪寺
澤市霊魂碑です。
お里の名前も一緒に書いてないの?



壷阪寺
近畿ランキングに



<壷阪寺 つぼさかでら>5月4日9:30金峯神社→10:20吉野水分神社→11:10竹林院→桜本坊→    藤井利三郎薬房 →太田桜花堂→東南院→11:40金峯山寺→14:00壷阪寺壷阪寺posted by(C)poco正式名称 南法華寺(みなみほっけじ)住所   奈良県高市郡高取町壷阪3電話   0744-52-2350交通   近鉄壷阪山駅から「壷阪寺行」の奈良交通バス10分、     終点「壷阪寺前」下車山号   壷阪山宗派   真言宗豊山派本尊   十一...
壷阪寺 (南法華寺)

関連記事


テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する