■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

水平社博物館
水平社博物館
人権関係のミュージアムでは、リバティおおさか(大阪人権博物館)や、舳松人権歴史館を今までに訪問しました。
本日は、部落解放運動のルーツともいうべき水平社運動の発祥地である、奈良県御所市柏原の水平社博物館を訪れてみました。
JR掖上という、超ローカルな駅が最寄駅です。

水平社博物館
建物に入ると、スーツ姿の団体と遭遇しました。
50人ほどの若者のグループです。
みな真剣な表情で職員さんの解説を聞いています。
ラフな格好でフラッと訪れたワタクシは、なんだか一人だけ場違いのような気がしました。
団体の後にひっついて解説を聞こうかと思ったのですが、部外者をシャットアウトするような無言の圧力を感じます。
時間をずらしてゆっくり館内見学をしようかと思ったところ、次の団体予約がすぐまた後に入っているとのことでした。
どうも折悪しく、忙しいタイミングで訪問してしまったみたいです。
せっかくですから、ざっと駆け足でも館内を見て回ることにしましょう。

水平社博物館
全国水平社創立大会の様子が再現されてます。
場所は京都の岡崎公会堂で、1922年のことです。

水平社博物館
エンタメ系の施設と違って、お楽しみの要素はほとんどありません。
部落差別に関する博物館なので、当然といえばそうですが、ちょっととっつきにくい感じですね。

水平社博物館
細かい資料展示が多いので、じっくり時間をかけて見ないと理解するのは難しいです。

水平社博物館
現物展示もありますが、リバティおおさかみたいに、広角度の展示があればもっとわかりやすかったのではないでしょうか。



水平社博物館
近畿ランキングに



世は、小沢辞任騒動でもちきりだ。しかも、裏を探ると、ジェイ・ロックフェラーがどうしたとか、シティの上場がどうしたとか、うさんくさい話しも飛び交っている。たしかに、そうしたジャパンハンドラーのような存在も大きいのだろうとは思う。しかし、一方で、政治家は民を無視はできない。ハンドラーやらフィクサーやらの存在は無視できないし、ある意味で陰謀など当たり前のように存在するとも思うけれども、しかし、それだけで...
人の世に熱あれ 人間に光りあれ

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
何十年ぶりに(水平社)と言う言葉を聞きました。

昔むかし、友人の新平民と言う言葉にショックを受けて、(住井すえさん)の(橋の無い川)を読んだのを思い出しました。

もう、内容を覚えていませんが、今の時期に(半夏生)の餅だったか、、、食べるところを思い出しました。
舞台は、奈良だったですね・・・
2015-07-04 土 20:17:04 | URL | アイハートブレイン [編集]
Re: タイトルなし
ミュージアムと名の付くところなら、手当たりしだいに行きまくってます。
知らないことばかりで、勉強になります。
三光丸クスリ資料館の近くだったので訪問しましたが、タイミングが悪くてゆっくりできませんでした。
普段はそれほど訪問者も多くないとのことだったので、ツイてないです。
2015-07-04 土 21:39:50 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する