■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

飛鳥資料館
飛鳥資料館
飛鳥地方には石舞台古墳高松塚、それに数々の不思議な石像があります。
すぐ近くに駐車場があるところはマイカーが便利ですが、車で入れないところは、徒歩かレンタサイクルということになります。
かめバスというループバスもあるのですが、便数が極端に少なく、あまり便利がよいとは言えません。
全行程を徒歩で巡るというのも楽ではありませんし、チャリンコで走り回るのもけっこう堪えます。
「いろいろ見たいけど、しんどいのは嫌だなー」
そんな横着者にとって、もってこいなのが飛鳥資料館です。
ここに来れば、飛鳥地方の見どころがおおよそ疑似体験できます。

飛鳥資料館
建物の周辺には、亀石をはじめとして、猿石などのレプリカが飾られています。
なかなかうまく作られてるので、本物かと見紛うくらいです。

高松塚の壁画や、石室の様子なども館内に実物大に再現されているのですが、画像掲載には許可がいるそうなので、残念ながらアップできません。
今回は、資料館のさわりだけご紹介します。
飛鳥を訪れたら、ぜひ訪ねてみてください。



飛鳥資料館
近畿ランキングに



明日香村にある「飛鳥資料館」にお邪魔してきました。正門を入ると、前庭には明日香に点在する猿石や亀石などの石造物のレプリカが出迎えてくれます。飛鳥時代の噴水である石人像人面石からは、実際に水がでていました。飛鳥資料館は、奈良文化財研究所の展示施設です。観覧料は270円と格安。展示品はレプリカも多いですが、一部寄託品を除いてカメラ撮影OKというのもうれしいところ。ただしネットでの公開には許可が必要となりま...
「はじまりの御仏たち」 ~ 飛鳥資料館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
懐かしいですね
今は飛鳥美術館というのが、あるのですね。思い出せばレンタサイクルで不思議な石像を回ったのは、当時少年マガジンに連載されていた「三つ目がとおる」に出てきてどうして実物を見たくなったためでした。久しぶりに行ってみたいものです。
2015-07-18 土 06:41:19 | URL | 魔笛 [編集]
Re: 懐かしいですね
「三つ目がとおる」は、私も好きでした。
内容まではうろ覚えですが、そういえば酒船石とか出てきたような気がします。
飛鳥資料館は、上記漫画とほぼ同時期に開館したということでしたが、そんな古びた感じではありませんでした。

体力や時間の制限があって、本物を自力で全部見て回れないという方には、便利な施設ですよ。
2015-07-18 土 07:17:23 | URL | みゅー [編集]
こんにちは

明日香は、ゆっくり観てまわりたい観光地ですね
飛鳥資料館は、知りませんでしたが、ここは
立ち寄りたいです場所です^^
2015-07-18 土 09:29:57 | URL | bonbonno [編集]
bonbonnoさんへ
まずはここに立ち寄って、明日香にどんなものがあるのかをだいたい頭に入れてから、実物を見て回るというのもいいかもしれません。

風景はド田舎ですが、道が整備されてるので、明日香めぐりは観光にもってこいです。
2015-07-18 土 09:39:26 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する