■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

芦屋市立美術博物館 その2
テンプレートを新しくしたところ、過去ログのリンクがうまくつながってませんでした。
仕方ないので、また元のテンプレートに戻しました。
ということで、気を取り直してレポート開始です。

芦屋市立美術博物館
仕事で西の方に来たついでに、久しぶりに芦屋市立美術博物館に寄ってみました。
こちらは出口で、中に入るには、ぐるっと建物を回ることになります。

芦屋市立美術博物館
現在は「モダン芦屋クロニクル」と題した展覧会が開かれています。
芦屋の成り立ちや、芦屋ならではの美術や文化を特集した展示です。
これは「阪神沿線の文化110年」に連動した展覧会で、BBプラザ美術館の記事の際に触れたとおりです。
ワタクシ的には、あまり印象に残るようなものでもありませんでした。
特に、1階ホールに飾られた抽象絵画がどれも意味不明で、なんだかなーって感じでした。

芦屋市立美術博物館
2階の休憩スペースから外を眺めてみました。
遠くに、芦屋浜シーサイドタウンが見えます。
まるで未来都市のようなデザインの団地群です。
40年近くも前にできたとは到底思えないような、独特の外観です。
ともなると、その奇抜さがより強調されます。←また、本筋とは関係ないこと書いてますな。



芦屋市立美術博物館
近畿ランキングに



阪神電鉄大阪-神戸開通110年記念ということで、尼崎-西宮-芦屋-神戸の博物館や美術館が「阪神沿線の文化110年」をテーマに企画展をします。電車が通ったことによって開発されて発展した「阪神間モダニズム」について各館の所蔵品を中心にした展示になるようですが、阪神電鉄からの資料の貸し出しもあると新聞には書かれていたので、それもちょっと興味あります。...
阪神沿線の文化110年

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:03:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する