■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県のミュージアムを紹介するとき、やはり滋賀県立琵琶湖博物館は欠かせません。
ただ困るのが、ネタが多すぎるということです。
下手な文章を画像でごまかすテキトーブログなので、ネタが多すぎるとどれを捨てていいか悩みます。
施設の撮影が不可で、紹介の文章を考えて四苦八苦することに比べれば、贅沢な悩みとは言えますが…

滋賀県立琵琶湖博物館
県立だけあって、規模はかなりデカイです。
外からの印象ではそれほど感じませんでしたが、中に入るとそのビッグさがよくわかります。

館内の様子をザックリ説明すると、琵琶湖の過去から現在までを、文化や生活、自然科学の観点から展示・解説しています。
また、淡水の生き物を集めた水族展示室も充実しています。
琵琶湖のみならず、海外の淡水魚も多く飼育されてました。

滋賀県立琵琶湖博物館
展示室に入ると、古代の琵琶湖のコーナーから始まります。
でっかい象の骨格標本に驚かされますが、これは中国だかモンゴルだかで見つかったもので、琵琶湖のものではありません。
琵琶湖で見つかるのはアケボノゾウで、これは小型の象です。
たぶん、手前のがそうだと思います。

滋賀県立琵琶湖博物館
このコーナーでは、人と琵琶湖の関わりが説明されてます。

滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖の水運は丸子船(左)が担いました。
実物大に再現されたものが展示されてます。

滋賀県立琵琶湖博物館
現在の琵琶湖周辺の産業に関する展示です。

滋賀県立琵琶湖博物館
昔の農家の住まいが丸ごと再現されてます。
ワタクシの子供時分、田舎の婆ちゃんの家がこんな感じでした。
鶏小屋や牛小屋があって、便所は家の外にありました。
お風呂は五右衛門風呂でした。
懐かしいなあ。

滋賀県立琵琶湖博物館
琵琶湖博物館の目玉は、水族展示室でしょう。
淡水生物のみですが、並の水族館と遜色ありません。

滋賀県立琵琶湖博物館
頭隠して尻隠さずのビワコオオナマズさん。
恥ずかしがり屋さんなんでしょうか?
この館のアイドルで、ぬいぐるみも販売されてます。
大きいのは28,800円でした。←おいおい、誰が買うねん。

滋賀県立琵琶湖博物館
キャビアで知られたチョウザメがいっぱいいました。
どれも3メートルくらいあって、なかなかの迫力です。

魚ばっかり見てるうち、ワタクシ無性にお腹が空いてきました。
今夜のおかずは、お造りにしたいと思います。
では本日は、この辺でー。

滋賀県立琵琶湖博物館
近畿ランキングに



琵琶湖博物館(水族館)レポw  - よこ はまの旅日記w

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
やっぱり琵琶湖博物館にもいかれたんですね。外せないと思ってました笑。

ここ数年行ってませんが、生き物の展示はすごいですよね。ここの学芸員さん・研究員さんの成果もちょっと注目していたりします。

この次の記事の大津市科学館も小学生のころはめっちゃ行ってました。
2015-06-21 日 15:29:36 | URL | M.I.F [編集]
M.I.Fさんへ
滋賀県は距離的に遠いので、どうしても後回しになります。
今回、大津行きが決まったので、集中的に周りました。
一つ残念だったのが、ミホ・ミュージアムに行けなかったことです。
というのも、会期が終わり休館中でした。
滋賀ネタが続いたので、そろそろ別エリアのネタも出していきますよ。
2015-06-21 日 16:18:45 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する