■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

神戸ファッション美術館、他
神戸ファッション美術館
本日ワタクシ、神戸の六甲アイランドにある、神戸ファッション美術館に来ています。
建物の外観は、まるでU.S.S.エンタープライズか、UFOが突き刺さったかのようです。

神戸ファッション美術館
神戸ファッション美術館では現在、「超絶刺繍Ⅱ」という展覧会が開かれています。
元来、ファッションには疎いワタクシですが、超絶という文字に惹かれました。
これはぜひとも観てみたいものです。

神戸ファッション美術館
神戸ファッション美術館と並ぶようにして、神戸ゆかりの美術館のポスターが貼られています。
先に説明すると、エントランスを入ると、向かって右側が神戸ファッション美術館で、反対の左側が神戸ゆかりの美術館です。
一つの建物に、二つ美術館があるのです。

内部は撮影不可なので、下手な文章で説明します。
超絶というだけあって、刺繍は非常に手のこんだものでした。
祭りの飾りに使われるもので、龍や魚類などのモチーフが丁寧に作られていました。
タコの吸盤の一つ一つが刺繍されていたり、あんこうの口の中の様子まで細かく作りこまれています。
生きた魚たちを、そのまま縫いとったような、そんな生き生きとした姿が立体的な刺繍で表現されていました。

ところで、素晴らしい刺繍に見とれていたら、ワタクシ痛い目に遭いました。
ショーケースから視線を外し左を向いたところ、ガーン!と頭をガラスにぶつけてしまったのです。
かなりの衝撃でした。
館内が全体的に薄暗い上に、ショーケースとショーウィンドーがひっつくように置かれているので、すぐ近くにガラスが迫っていることを忘れてしまい、頭が激突しました。
まじヤバイです。
ショーケースの配置を考えなおしたほうが良いと、ワタクシ切に感じました。

続いてベーシック展示についてですが、こちらは世界の民族衣装やドレスが展示されています。
近世のヨーロッパの衣装が多かったような印象でした。
国立民族学博物館の展示から、衣装のみ取り出したような雰囲気です。

ふらつく頭を抱えて、続いて神戸ゆかりの美術館に入ってみました。
神戸ファッション美術館の半券提示で、割引が受けられます。
こちらは名前の通り、神戸にゆかりのある作家の作品が展示されています。
現在は「中西勝展」が開かれていました。
不勉強でワタクシ、詳しくは存じませんが、兵庫洋画壇の重鎮ということだそうです。
ハッキリ言ってワタクシ、好きなタイプの絵ではありませんでした。
独特のタッチの絵で力強いのですが、色使いが何とも不気味な感じがして、拒絶反応が起こりそうです。
観るたびに不安な気分にさせられるような、絵ばかりでした。

神戸ファッション美術館
同じ建物の3階には、神戸ファッション美術館のライブラリーがあります。
ファッション関係の資料が閲覧できます。
CDなんかもいろいろありました。

神戸ファッション美術館
吹き抜けの天井はすごく高いです。
平日の昼間ということもあって、人はほとんどいません。
ガラーンとしています。

神戸ファッション美術館
美術館内部の写真が撮れないので、周辺の様子を撮ってみました。
噴水など、水を使ったスペースが複数あります。

神戸ファッション美術館
六甲アイランドには、独特の色づかいの建物があります。
メルヘンチックなマンションが、複数ありました。

神戸ファッション美術館
筋交い入りのデザイン。
地震には強そう?
P&Gのビルです。

神戸ファッション美術館
彫刻もいろいろあります。
頭の荷物が重そう。

神戸ファッション美術館
ジャーン!
何じゃこりゃ?

神戸ファッション美術館
神戸ゆかりの美術館
近畿ランキングに



着たいものだけつくります。~ファッションバカが洋裁に目覚めた日~ - 早速実験ワンピ三女を着て神戸へ!!~美術館ハシゴして刺激うけまくり♪・・の巻~

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは
みゅーさん、災難でしたね。
痛かったでしょうね。

それでも熱意の感じられるリポート、楽しく読ませていただきました。
細かい刺繍がされていたのですね。
見ごたえがあったでしょう。
私は雑ですが、そういう作品を見るのは好きです。
いってみたいです。
2015-05-22 金 11:39:38 | URL | 森須もりん [編集]
Re: こんにちは
ガーン!と、ぶつかったときは、かなり大きい音がしました。
分厚いガラスだったので大丈夫でしたが、家の窓ガラス程度で薄かったら割れてたんじゃないかと思います。
痛いやら恥ずかしいやらで、散々でした。

刺繍は見応えがありました。
まさに芸術品です。
2015-05-22 金 12:38:16 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する