■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

白鶴美術館
白鶴美術館
神戸の山の手にある、白鶴美術館をワタクシ訪れてみました。
名前でわかる通り、白鶴酒造の当主がつくった私設美術館です。
無料の駐車場があるので、車が便利です。

白鶴美術館
フラッと思いつきで来てみましたが、常時開館というわけでもないようです。
うまく展覧会とタイミングが合ったので、ラッキーでした。

天壌無窮とは、天地ともに永遠に続くさまとのことです。
白鶴酒造やこの美術館が、永遠に続くことを願ってのものでしょうか?

白鶴美術館
美術館の外観は、一見するとお寺の本堂のようです。
職員さんに訊くと、よくそう言われるそうです。
てっきりどこかのお寺を改装して美術館にしたのかと思ったのですが、最初からこのデザインで建てられたそうです。
すでに80年以上の歴史がある建物です。
当主と奈良の興福寺とのつながりが、美術館の意匠にも影響してるとのことでした。

白鶴美術館
雨上がりでぬかるんでたので、中庭には入れませんでした。

白鶴美術館
廊下や階段には、ふかふかの絨毯が敷かれています。

白鶴美術館
階段の雰囲気も、お寺みたいですね。

展示室は撮影不可ですが、折上格天井やモザイク状の木の床など、非常に豪華な作りです。
窓からの自然光で作品を鑑賞でき、美術館によくある薄暗い室内ではありません。
けれど、紫外線で作品が劣化しないか、ちょっと気になりました。

白鶴美術館
こちらは、道向かいにある新館です。
オリエント絨毯の専門ミュージアムです。
コンクリート打ちっぱなしの外観から、安藤忠雄デザインかと思いきや、竹中工務店のものでした。

白鶴美術館
白鶴美術館の入館チケットで、こちらも入れます。
館内には、トルコやペルシャの絨毯が複数展示されてます。
模様にもいろいろ意味があるらしいです。
絨毯を目の前でじっくり見る機会などそうないので、面白い経験でした。

白鶴美術館
近畿ランキングに



 今回は、『日本の地方財閥30』(菊地浩之、平凡社、2012)より、阪神財閥の白嘉納家についてまとめます。1、嘉納家とは? (1)、本嘉納家と白嘉納家  ・菊正宗酒造の創業者と白鶴酒造の創業者は同じ嘉納一族で、遠縁にあたる。嘉納一族では、嘉納治郎右衛門の家系を「本嘉納家」、嘉納治兵衛の家系を「白嘉納家」と呼び区別している。 (2)、灘高等学校について  ・進学校として有名な灘高等学校は、本嘉納家、...
財閥小史(33) 阪神財閥 白嘉納家

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
右手を軽く握って、親指と人差し指で丸い円を作り、口元へ持って来る。

距離的に不可能だけど、「一度ご一緒願いたいものですな」
2015-05-24 日 10:09:22 | URL | old comber [編集]
面白そう
わたしは、建物に興味をもちました。

ただ作品のためには紫外線は、あまりよくないように
私も思いますけど。
みゅーさん、思いつきが光りますね。
2015-05-24 日 15:58:30 | URL | 森須もりん [編集]
old comberさんへ
今度一杯やるときは、old comberさんのことを思い出しながら味わうことにしますね。
2015-05-24 日 21:12:06 | URL | みゅー [編集]
Re: 面白そう
立派な建物ですよ。
寺のような外観ですが、内部は美術館として造られています。

窓からの自然光で美術館の展示品を観るのって、たぶん初めての経験じゃないかと思います。
2015-05-24 日 21:23:42 | URL | みゅー [編集]
白鶴美術館
みゅーさん、

 こんにちは。

 JR住吉駅からくるくるバスで住吉川を上ってゆくと左手に見えますね。
 和洋折衷のその姿はとても美しいです。 

 いつも山へ行く途中に経由するだけで、今度はゆっくりと訪れてみた
 いと思います。

六甲山探検隊
2015-05-25 月 08:08:51 | URL | 六甲山探検隊 [編集]
Re: 白鶴美術館
建物や内部の雰囲気が最近の美術館と違って、人の温もりが感じられるような気がします。
開館時期が春と秋のみのようなので、それだけ気をつけて楽しんできてください。
2015-05-25 月 08:26:51 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する