■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

堺市博物館 その2
堺市博物館
堺市博物館は、このブログを始めてすぐの頃に記事にしました。
どんなブログにするか、まだ試行錯誤の段階だったので、非常にあっさりした記事になりました。
今回再訪したので、写真を増やし、内容がよくわかるような記事を書きたいと思います。

堺市博物館
堺市博物館では、堺の古代から近代にかけての歩みを、多くの展示物で紹介しています。
特に仁徳天皇陵は有名で、百舌鳥・古市古墳群として、世界遺産に推す運動も行われています。

堺市博物館
秦の始皇帝陵やクフ王のピラミッドと比べても、その規模の大きさがよくわかります。

堺市博物館
復元埴輪でしょうか?
真ん中のはなぜか、顔がめり込んでますね。

堺市博物館
出土したものは錆びてボロボロですが、短甲って、こんな感じだったんですね。

堺市博物館
戦国時代の堺は、自治組織である会合衆が治めていました。

堺市博物館
昔の堺なら、鉄砲が有名です。

堺市博物館
今の堺といえば包丁です。
製造工程順に並べられています。

堺市博物館
織物も堺の特産品です。
他には、線香や昆布、自転車なども堺の誇る生産品です。
堺刃物ミュージアムに行けば、主な特産品が紹介されています。

堺市博物館
ふとん太鼓です。
明石市立博物館にもありましたが、ここのは布団が5枚です。



堺市博物館
近畿ランキングに



「堺環濠遺跡」からタイやベトナムの陶磁器、ベトナム銭などが出土することは、その筋ではよく知られていた。海域アジア史の重要な物証である。    見逃せないのは、チャンパー陶器の出土品が初めて展示されること。   17世紀初頭の中部ベトナムというと、日本ではホイアンとの貿易ばかり注目されるが、14世紀以来のチャンパー陶磁器の主産地ゴーサイン窯があった現在のビンディン省(クイニョンという港町が有名)も古くか...
堺市博物館企画展「タイの古陶磁III」

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
布団太鼓はうちの地元のお祭りです。ぜひ、本物を見にきてくださいね。
2015-05-27 水 22:50:10 | URL | piano [編集]
関西には多くの文化施設があるのですね。先日岐阜県の博物館で「ミュージアムぐるっとパス・関西2015」というパスのチラシを入手しました。http://www.museum-cafe.com/gruttokansai こんな風に宅物館めぐりしてみたい。
2015-05-28 木 21:09:35 | URL | こば [編集]
pianoさんへ
関西圏全域に、布団太鼓ってあるみたいですね。
調べてみて、興味深かったです。
2015-05-29 金 00:01:20 | URL | みゅー [編集]
Re: タイトルなし
ぐるっとパスは便利ですよ。
私も年間2冊くらいは使ってます。
2015-05-29 金 00:09:56 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する