■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

田尻歴史館
田尻歴史館
田尻歴史館は泉佐野市のお隣、田尻町にあります。
関西国際空港も、すぐ近くです。
綿で財を成した谷口房蔵の別邸として、大正11年に建てられました。

ワタクシ車で来たので、お向かいの田尻町立公民館の駐車場に置かせてもらいました。
もちろん職員さんに、ひと声かけてからですよ。

看板は田尻歴史館と、カフェ・ベランメー?

田尻歴史館
現在では主にカフェレストランとして利用されてるようですが、貴重な建物を残すにはお金も必要なので、こういった方法もやむを得ないのかもしれません。

田尻歴史館
メインホールはレストランの客席ですが、それ以外の部屋は自由に見学できます。

田尻歴史館
レトロなデザインの照明器具。

田尻歴史館
出窓はステンドグラスです。

田尻歴史館
階段の明かり取りの窓もステンドグラスです。

田尻歴史館
この電話機、使われてたんでしょうか?

田尻歴史館
建物は棟続きで日本家屋とひっついてます。
和室が数室ありました。
それと場違いなステンレス製の浴槽がありました。
誰か住んでるんでしょうか?

田尻歴史館
庭には立派な松がニョキニョキ。

田尻歴史館
テラスでお客さんが食事中です。
土曜ということもあり、レストランは盛況でした。
ワタクシ、お腹が空いてなかったので見学だけでしたが、大正ロマンを感じながら食事するのも悪くないなと思いました。
ちなみにお店の名前はカフェ・ベランメーではなく、カフェ・ベッラメンテでした。

田尻歴史館
建物の前には、皇族お手植えの桜。

田尻歴史館
近畿ランキングに



今度の作品展で会場として使わせていただく「田尻歴史館」についてちょっとご紹介紡績業で「綿の王」と称された谷口房蔵氏の別邸として建てられた大正時代の洋館なのですが、私が子供の頃は「辻野の別荘」と呼ばれており、まるで「お化け屋敷」のような近寄りがたい、荒れた建物だったのです      それが、今では、おしゃれでレトロな洋館としてよみがえり、文化的な催しや結婚式等に利用されているのですNHKの連続テレビ...
田尻歴史館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する