■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

大阪府立狭山池博物館
大阪府立狭山池博物館
大阪府立狭山池博物館は、大阪狭山市にあります。
訪れてみて、そのスケールのデカさに驚きました。
いくら府立とはいえ、ちょっとデカすぎです。
狭山池の開発、この1テーマの博物館ですよ。

大阪府立狭山池博物館
まずは、中に入ってみることにしましょう。
入口の壁面を見ると、安藤忠雄デザインであることがすぐわかります。
関西のミュージアムって、何でこう、忠雄ちゃんが好きなんでしょうね?

大阪府立狭山池博物館
この辺りなんか、まんま京都府立陶板名画の庭の雰囲気です。

大阪府立狭山池博物館
館内に入ると、いきなりこれです。
1400年分の堤の断面です。
スキーのジャンプ台かと思いましたよ。

大阪府立狭山池博物館
行基像です。
奈良時代に池の改修を指導しました。

大阪府立狭山池博物館
狭山池開発に関する資料を、これでもかというほど見せられます。

大阪府立狭山池博物館
これでもか

大阪府立狭山池博物館
これでもか

大阪府立狭山池博物館
これでもか

大阪府立狭山池博物館
これでもか

大阪府立狭山池博物館
ワタクシ見学しながら、何ともいえない虚しさに襲われました。
「何なの、この無駄な施設は」

狭山池の博物館は否定しません。
しかし、1テーマでこれだけ巨大な施設が、果たして必要でしょうか?
公民館レベルの展示で十分ではないでしょうか?

見学者はワタクシ以外見当たらず、しかも入場無料です。
職員さんに訊くと、バブルの落とし子だそうです。
大阪府民の税金を、何百億円も使って建てられたものでしょう。
しかも現在、毎年2億円近くの維持費を支出し続けているといいます。

こんなバカな施設にゴーサインを出した奴は、本物のアホです。
ワタクシ、ミュージアム巡りは大好きですが、これには悲しくなりました。

大阪府立狭山池博物館
館内には、大阪狭山市立郷土資料館も併設されています。

大阪府立狭山池博物館
中規模の会議室ほどのスペースですが、ローカル・ミュージアムなら十分な広さです。
狭山池博物館もミニチュア展示中心にすれば、同程度の広さでも大丈夫なはずです。
何も無理して、実物大の堤を再現することなんてないでしょう。

大阪府立狭山池博物館
無料駐車場の利用者は、博物館に行くのではなく、池の周りを散策しています。

大阪府立狭山池博物館
きれいな堤防なので、のんびりお散歩したくなるのも無理ありません。

大阪府立狭山池博物館
狭山池です。
広々とした景色です。

今回ワタクシ、ミュージアムを楽しむというより、ムカつきました。
施設の廃止も囁かれているというのも、これでは無理ないな、と感じた次第です。



大阪府立狭山池博物館
近畿ランキングに



10月26日(日)に研究会で巡見を行い、大阪狭山市の狭山池を訪れました。研究会では、これまで狭山池に関する論文等を講読しておりましたが、この度現地を見学することができました。当日は秋晴れの陽気で、会員13名が参加しました。現在の狭山池は改修整備され、池沿いの遊歩道はランニングコースとして賑わっていました。当日ご案内をしていただいた、大阪府立狭山池博物館の小山田宏一先生。かつて樋があった場所を現地で説明し...
狭山池へ巡見に行きました

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する