■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

津波・高潮ステーション
東日本大震災から、今日で4年です。
あの地震では、津波の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。
町が港が道路が、みるみるうちに水に飲まれ、濁流とともに押し流されていく映像を、テレビの画面を通してリアルタイムで見ることとなりました。
まさかあんな光景が、この日本で起こるとは想像もしていませんでした。
ワタクシ言葉を失い、ただただテレビの画面に釘付けになってしまいました。
多くの犠牲者に対して、心よりお悔やみ申し上げます。

津波・高潮ステーション
大阪も実は、津波とは無縁ではありません。
幕末の安政南海地震や、それ以前の宝永地震でも、道頓堀から日本橋まで海の水がさかのぼり、多くの死者を出しています。
南海トラフ巨大地震が起これば、過去の被害以上のものが想定されています。
ということで本日は、大阪市の阿波座にある、津波・高潮ステーションのレポートをお送りします。

津波・高潮ステーション
ワタクシが訪れたときは、東日本大震災の追悼イベントとして「ぼう祭のつどい」が行われていました。
到着早々、けたたましい太鼓の音に驚きました。
地元の小学生による、和太鼓のオープニングセレモニーです。

東北の物産の販売やミニコンサートで、大勢の人が来てました。
聞いたことのないシンガーソングライターのお姉さんの、聞いたことのある「レリゴーレリゴー」の歌声がよく響いてました。

来場者には無料で備蓄食料が1食プレゼントされました。
お湯を入れるだけでご飯が炊ける、アルファー米です。
でも、消費期限ギリギリだったので、ちょっと凹みました。

津波・高潮ステーション
左の青いのは、津波・高潮ステーションのマスコットキャラクターの、なみのすけです。
右はモッピー改め、もずやんです。
ぼやっとしていてUSJに名まえを盗られた、アホの子です。
他にも2体いました。

津波・高潮ステーション
大阪はオランダも真っ青な、海より低い街です。
奥の家は2階建てで、海面下に1階部分があります。

津波・高潮ステーション
過去の高潮被害の様子がパネルで紹介されてます。
反り返ってるのは、波のイメージでしょうか?

津波・高潮ステーション
大地震両川口津波記の石碑のレプリカ。
地震による津波で、多くの人命が失われました。

津波・高潮ステーション
東日本大震災の津波は、こんなものではありません。

津波・高潮ステーション
鉄扉の実物。
実際に、巨大津波をどれだけ食い止められるか、心許ないです。

津波・高潮ステーション
ダイナキューブ(津波災害体感シアター)では、三方の大型スクリーンで津波の恐ろしさを体感できます。
地響きで足元が揺れるんですよ。

津波・高潮ステーション
防災講演として、京都大学の先生の地震の話と、福島の被災者の話がありました。
大学の先生の話は専門的なこともあり、あまり心に響きませんでしたが、被災経験者の話は実体験だけに、非常に興味深く参考になりました。

海沿いの町でも少し内陸に入り海面が見えないと、津波が来ることが理解できないのです。
そのため逃げ遅れて、多くの犠牲者が出たということでした。
同じことが大阪で起こったらどうでしょう?
南海トラフ巨大地震の場合、震源が沖合のため地震自体の被害は大したことがなくても、その後、大津波が押し寄せてきます。
もし梅田の地下街で津波警報を聞いたとして、適切に対処できるでしょうか?
一瞬の判断が生死を分けるといいます。

また、避難所での教訓も参考になります。
・助け合わないと人は生きていけない。
・非常時には、金は何の役にも立たない。
・地震直後の数時間のうちに水や食料を確保できないと、3日間は飲まず食わずの可能性がある。
・広域地震の場合、警察や消防もパニック状態となり、頼りにならない。

など、一つ一つ納得の行く話ばかりでした。

阪神淡路大震災でも、同様の教訓は得られたはずですが、時の経過とともに徐々に記憶から薄れていき、貴重な教訓が忘れられつつありました。
今回の訪問が、地震に対する備えを考えなおすきっかけとなりました。
特にワタクシ、食いしん坊なので、ひもじいのは辛いです。
この機会に、非常食はぜひとも揃えておこうと思いました。

津波・高潮ステーション
昔から八百八橋と言われるくらい、大阪市内は大小の川が縦横に走ってます。
ここを津波がさかのぼってくるのを想像すると、まさに恐怖です。

津波・高潮ステーション
タワーマンションが林立する大阪市内ですが、この高さで海まで見渡せるんでしょうか?



津波・高潮ステーション
近畿ランキングに



大阪は、昔から台風の被害をたびたび受けてきた。特に大阪湾に面したところは、台風の風の被害というより、高潮による水没被害が目についた。近年では、昭和9年の室戸台風、昭和25年のジェーン台風、昭和36年の第二室戸台風と甚大な被害をもたらしたが、その教訓と現在のそれにたいする対応を学ぶ公的な施設が地下鉄「阿波座」駅の北西にあるというので、子供たちの社会勉強を兼ねて出かけてみた。名称は、「津波・高潮ステー...
大阪府 津波・高潮ステーション

関連記事


テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

その他 | 14:46:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する