■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

亀岡市文化資料館
亀岡市文化資料館
北摂のマチュピチュとも呼ばれる、亀岡市を訪れてみました。
周辺をグルっと山に囲まれた中に、忽然と都市が現れるという、ここはまさにマチュピチュそのものです。

しかもこの都市には、独特なデザインの建物が複数あります。
亀岡市庁舎別館とか、ガレリアかめおかとか、失礼ながら、ド田舎に似つかわしくないような近代的な建築物です。
そんな不思議な都市にある、亀岡市文化資料館が本日の訪問先です。

亀岡市文化資料館
敷地内には、どっかから移設してきたという石室がありました。←どっかって、どこやねん?

亀岡市文化資料館
蓋だけで本体はナシです。

亀岡市文化資料館
入ってすぐのところにはお雛さんが飾られています。
あまり豪華じゃありません。

亀岡市文化資料館
無料で見られるロビーの展示品。

亀岡市文化資料館
無料コーナーは、こんなのしか無いんです。

で、有料の展示コーナーはどうかというと、何かイマイチです。
スペースがそれほど広くなくて、大したものはなさそうでした。
鎧兜が二点あったのが、唯一目に止まったくらいです。

箱物に金をかけるのも結構ですが、中身がスカスカじゃ文化都市とは言えないですよ。

亀岡市文化資料館
近畿ランキングに


関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
マチュピチュ
マチュピチュと呼ばれているのですか。

とても夢があるように思いますが、展示物が、いまひとつなのでしょうか。

建物がイマイチでも、展示がいいと、感動しますよね。
2015-02-28 土 17:17:13 | URL | 森須もりん [編集]
Re: マチュピチュ
夢があるというより、周囲をグルッと山に取り囲まれた地形からそう呼ばれるのでしょう。
京都市のすぐ近くなのに、トロッコ列車が通ってるようなところです。

ローカル・ミュージアムって、だいたい展示の規模や中身が似通ってます。
そのくせ、有料と無料のところがあります。
料金をとってもほとんど焼け石に水状態みたいだから、いっそ全部無料にしてもらいたいくらいです。
無茶な願望ですけどね。
2015-03-01 日 00:33:56 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する