■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

川西市郷土館
最近、ちょっとイマイチな記事が続いてると思いませんか?
書いてるワタクシも、その点は重々承知しております。
でも、ネタ自体がイマイチなんで、面白くしようがないというのも偽らざる心境です。
と、言い訳をしてばっかりでも仕方ないので、ここらでとっておきのネタをご披露いたします。
ボリューム満点でゲップが出ますよ。

川西市郷土館
川西市郷土館というと、「また、そんなローカル・ネタかー」と呆れられそうですが、それがアナタ、そうでもないんですよ。
まあ、かく言うワタクシも、ここを訪れるまでは同じ感想でしたが…

内部は、古民家の旧平安邸、洋館の旧平賀邸、アトリエ平通、そして美術館のミューゼレスポアールとなります。
他には平安精錬所跡もあります。
名前にやたらと「平」の文字がつきますが、これは偶然です。

どうです?盛りだくさんでしょ?
それと、入口横に掲示されてた「マッサン」のポスターが、ワタクシ妙に気になります。

川西市郷土館
まずは、旧平安邸の紹介からです。
銅の精錬を生業とした旧平安邸の敷地が、川西市郷土館です。
中庭には、いろんなものがゴチャゴチャありました。

川西市郷土館
屋敷内には建物が複数あり、展示スペースとして活用されてます。
ここには道具など、鉱山関連の資料展示がありました。

川西市郷土館
蔵も展示スペースとして使われてます。
二階に上がれないように、内部の階段には板が張ってありました。

川西市郷土館
週刊「世界の箸コレクション」です。
デアゴスティーニで集めました。←ウソです。

川西市郷土館
建具も時代を感じさせます。
立て付けが悪くてスムーズに開いてくれません。
無理やり開けようとして、ガラスが割れた戸さえありました。

川西市郷土館
座敷内は、何となく薄暗いです。
レトロなシャンデリア?が、ぶら下がってました。
天井から下る棚には、料理が置かれたとか書いてありましたが、詳細は不明です。

川西市郷土館
こんな風呂、見たことありますか?
冬だと、間違いなく風邪をひきそう。

川西市郷土館
This is INAKA.って感じです。

川西市郷土館
奥の間には、お雛さんが飾られていました。

これだけでも、普通の資料館1館分のレポートですが、まだまだ続きます。

川西市郷土館
続いて、洋館の旧平賀邸の紹介です。
画面の白いのは雪です。
この日はめっちゃ雪が降ってました。

ところで、この建物にアナタ見覚えありませんか?
イギリスの田園住宅の形式の建物です。
ヒントは、「外国人の嫁がおるなんて一言も聞いてない。外国人に家貸すのはお断り」

川西市郷土館
旧平賀邸内部です。
市松模様の床がオシャレです。

川西市郷土館
これは傘立てでしょうか?

川西市郷土館
窓から柔らかい光が漏れてきて、いい雰囲気ですね。

川西市郷土館
部屋はどれもそんなに広くないです。

川西市郷土館
レトロな雰囲気のベッドルーム。

川西市郷土館
この建物が「マッサン」以外にも、中谷美紀主演の映画繕い裁つ人」のロケ地になりました。
旧平賀邸を、劇中の南洋裁店に見立てています。
この映画は他にも、神戸市や西宮市など兵庫県下をロケ地にしています。
今まさに上映中の映画ですよ。

川西市郷土館
こちらは実験研究棟です。
2階の部屋には階段続きで上がれますが、下は物置になってました。

川西市郷土館
このオジさんがオーナーの平賀博士です。
化学者であり、実業家でもありました。

川西市郷土館
庭には東屋もあります。
風と雪で、この日はすごく寒かったなあ。

川西市郷土館
アトリエ平通です。
川西市ゆかりの洋画家、平通武男のアトリエを敷地内に再現してます。

川西市郷土館
ミューゼレスポアール
2階の展示会場に、同じく川西市ゆかりの日本画家、青木大乗と平通武男の作品が飾られています。
通常なら美術館では、職員が監視のために作品の近くで椅子に座ってるものですが、ここには誰もいません。
こんなんでホンマに大丈夫かいな?と、ワタクシ少し心配になりました。

川西市郷土館
銅の精錬所跡です。
雪がだんだん酷くなってきました。

川西市郷土館
雪はさらに激しさを増してます。
外の撮影もいい加減、限界です。
指が凍えて、スマホを落としそうです。
もう十分撮影できたので、ワタクシ満足です。

いかがでしたか?
見どころ満載だったでしょ?
入館料に300円かかりますが、ローカル・ミュージアムも満更バカにしたもんでもないです。

最寄り駅が能勢電鉄の山下駅ですが、無料駐車場もあるので車で来てもOKです。
入り組んでて、ちょっと道がわかりにくいのは困りもんですが…



川西市郷土館
近畿ランキングに



明治から昭和にかけて活躍した化学者であり、実業家・教育者でもあった平賀義美(1857~1943)博士が、自らの住まいとして大正7年(1918)に兵庫県と大阪府の境である猪名川のほとりに建てた英国風の洋館。国登録有形文化財。旧平賀邸の洋館を始めとする邸宅の一部は、現在川西市の郊外にある川西市郷土館の敷地内に移築され、保存・公開されている。写真は正門。門扉の老朽がひどかったが、近年修復された。移築前の敷地内では、...
第371回・旧平賀義美邸(川西市郷土館)

川西市郷土館にやって来ましたよ。朝10時からです。何やら、映画のポスターが貼ってある。今、上映中の繕い裁つ人のロケ現場があるとかで、楽しみです。映画は、未だ見ていないが良く記憶して帰ろうと。。。色々ありそうです。マッサンもここで・・・・。ここは、平安邸です。多田銅山の社長宅だそうで。。。。では、お邪魔します。お雛様が飾られていました。2月14日まで飾られているそうで、ラッキーでした。このお雛様は、...
川西市郷土館-1

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
おはようございます。こんな所あったんですか。車で行けていいですね。お雛様が見たいんです。主人につれて行ってもらいます。ありがとうございます。
2015-02-06 金 04:42:05 | URL | ピーちゃんこ [編集]
行きたい。
なんて興味深いところでしょうか。

みゅーさん、すごい。
寒い中、お疲れ様です、そしてありがとうございます。
これは、モリモリですねえ。
入館料が300円なら、かなりのお得だと思います。

それぞれの家、ドラマがありそう。
2015-02-06 金 19:33:57 | URL | 森須もりん [編集]
ピーちゃんこさんへ
時代物のお雛さんが飾ってありましたよ。
私が行った時にちょうど飾り付けの最中でした。
グルっと施設内を見学して戻ってきたら、ひな壇の完成でした。

道が狭いので、気をつけて行ってらっしゃい。
2015-02-06 金 20:48:01 | URL | みゅー [編集]
Re: 行きたい。
3件分のネタを一つの施設にまとめてるので、見ごたえありましたよ。
見学者もけっこう来てました。

連続テレビ小説の「カーネーション」のロケも、あそこで行われたみたいです。
職員さんはすごく鼻高々って感じでした。
2015-02-06 金 20:54:42 | URL | みゅー [編集]
こんばんは♪
旧平安邸、私が小さい頃に住んでいた家にそっくりです(*´∇`*)

お風呂も、最初はこんな感じで、すっごい寒かったのを
思い出しました(笑)

さすがにかまどはありませんでしたが、
部屋の中から前栽が見えたりするところが
懐かしいです(*^^*)
2015-02-06 金 20:58:29 | URL | 吉瀬 弥恵子 [編集]
Re: こんばんは♪
見学するぶんにはノスタルジックでいいですが、実際に暮らすとなるとけっこう大変そうです。
特に冬は底冷えがしそうで、寒いのが苦手な私など、とってもじゃないけど暮らしていけそうにありません。
2015-02-07 土 02:52:49 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する