■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

全興寺
散々引っ張っておきながら、ボロボロだった前回レポート。
あなた、ブックマーク外したりしてませんよね?
諦めるのは、まだ早いですよ。

全興寺
「平野町ぐるみ博物館」の目玉といえるのが、ここ、全興寺です。
ぜんこうじではなく、せんこうじです。
お間違いなく。

「ここさえあれば、後はどうなってもいい。もう好きにして」←何のこっちゃ。
と言いたくなるような、パラダイスです。

前振りが長いのが、ワタクシの悪い癖です。
では、早速まいりましょう。

全興寺
入口の立て看板。
「ウソをつくと舌をぬくぞ」ときました。
おお、怖い。
ワタクシなんて、舌が何枚あっても足らんでござる。

全興寺
本堂です。
いたって普通ですね。

全興寺
縁の下には鬼瓦がいくつも置いてありました。

全興寺
右に目をやると、ありましたありました。
これが噂の地獄堂です。

全興寺
壁には「極楽度・地獄度チェック」が下がっています。
正直に質問に答えスイッチを押すと、閻魔様のお裁きが下ります。
ちなみにワタクシのお裁きといえば…
それはヒ・ミ・ツ

全興寺
下ったお裁きをしっかりと胸に刻み、地獄通行門をくぐり中に入ります。
すると正面には閻魔様が。

全興寺
そして左には、五人囃子と三人官女の姿が…←ウソですよー。

全興寺
右を見ると、怖い鬼がヤットコを構えて舌を抜こうとしています。
その横には、キモい銀髪のオババが控えています。

鬼の脇には、鏡のようなものがありました。
閻魔様の下にあるドラを、思いっきり叩いてみましょう。
この鏡に、世にも恐ろしい地獄絵巻が映しだされてくるのです。
ちなみに、下の動画でもサワリの部分を紹介してます。

全興寺
いかがだったでしょうか。
地獄世界を堪能しましたか?
でも実は、地獄はまだ終わってはいません。
今度は、地獄の釜の音をお聞きいただきましょう。

ワタクシ、試しに穴に頭を突っ込んで耳を澄ましてみましたが、何も聞こえません。
やはり善人には地獄は無縁だったようです。
すっかり安心して頭を穴から抜いたところに、思わぬ地獄が待ち受けていました。
横の木で、したたか頭を打ったのです。
目から火が出ました。
マジであの世に行くかと思いました。
何でこんな位置に木が植わっているのでしょうか?
「頭上注意」の文字が嫌味です。
ワタクシ、悪意を感じざるを得ません。

全興寺
フラつく頭を抱えながら、今度は「ほとけのくに」へ向かいます。
ヘタすると、自分がホトケになりそうです。
コンクリート打ちっぱなしのところから察するに、安藤忠雄デザインでしょうか?
しかし壁のレリーフは、どう見ても大黒さんとえべっさんです。
仏さんじゃないですよね?

全興寺
内部はこんな感じです。
暗すぎてボケボケです。
確かに仏さんがたくさんいました。

全興寺
この丸いところに座って、瞑想するのだそうです。
しかし、薄暗いこんなところで仏さんに囲まれて、一人で瞑想するなんてワタクシ、まっぴらゴメンです。
500円もらったって、断固拒否します。

全興寺
「ほとけのくに」を脱出し、ワタクシ娑婆に舞い戻ってきました。
ところでこの柿は、渋柿かな?

全興寺
お釈迦様の寝姿だそうです。
ワタクシには石にしか見えませんが…

全興寺
変わった足の裏ですね。
イボコロリはご入用じゃないですか?

全興寺
こちらは「小さな駄菓子屋さん博物館」です。
煩悩多き俗人のワタクシには、「ほとけのくに」より、こちらのほうがお似合いです。

「のぞいてごらん おばあちゃんのへや」と、のれんが下がってます。
もし、おばあちゃんが着替え中だったら失礼なので、ワタクシ、覗くのは遠慮しました。

全興寺
駄菓子屋の中はこんな感じです。
懐かしいおもちゃがいっぱい展示されています。
間違っても、ファミコンのカセットなどありません。

全興寺
「平野の音博物館」と名付けられたこの古い電話機で、平野の町の音を聞くことができます。
受話器を取って聞くのかと思いきや、どこからか音が聞こえてきました。
ずっと聞き入ってるほどワタクシ、ヒマじゃないので、適当なところで切り上げさせていただきました。

いかがでしたか?
想像以上に濃い内容だったでしょ?
これら全部が、全興寺の境内で体験できます。
無料の駐車場もあるので、ぜひ訪問してみましょう。

残りの博物館は、えーと、あえて何も言わずにおきます。
あしからず。

決して一人では見ないでください。


全興寺
近畿ランキングに



【大阪】 リアル地獄体験 全興寺 - BQ ~B-spot Explorer~

関連記事


テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
大大コーフン
ここは、ぜったいに行くべき場所ですねえ。
みゅーさん、えらい!
こんな、スンバラシイ場所をレポートしてくださるのだもの。
わたし、心からいったみたいと思いました。

頭を打つという、体をはったレポートに感動しましたが、この打撲は
もしや、修行の意味なんでしょうかねえ。きっとほかの人も打つと思います。
私、気をつけなくっちゃ!!

ところで、500円もらったって断固拒否?
みゅーさん、千円だったら?
2015-01-29 木 09:10:27 | URL | 森須もりん [編集]
Re: 大大コーフン
全興寺は、珍スポットやB級スポットとして、マニアの間ではけっこう有名なんです。
境内はそんなに広くないですが、あれこれぎっしり詰め込んで、訪れる善男善女を楽しませてくれます。

穴から頭を抜くと、ちょうどうまいくらいに枝に当たります。
「狙ってやってるんちゃうん?」って感じの木の位置です。
「頭上注意」なんてほとんど無意味です。

1000円だったら考えるかなー。
って、やっぱりヤだよーん。
2015-01-29 木 09:24:19 | URL | みゅー [編集]
平野区に友達がいて、平野って
いろんな見どころがある事しってます。

普通に歩くだけでもおもしろい。
商店街で、漬物買って帰ったりしますよ。
でも、こんなにいっぱいあるとは
驚きです。
2015-01-29 木 15:57:14 | URL | 358joe [編集]
358joeさんへ
ほとんど閉まってたんで、ろくなレポートができませんでしたが、ここだけでも採り上げる価値はあると思います。
普通なら役所のバックアップがあっても良さそうですが、自分たちだけで運営してるってところがすごいです。
2015-01-29 木 16:31:26 | URL | みゅー [編集]
初めまして!
凄い!ですね。なんて素敵なお寺でしょう。
行ってみたくなりました。有難う御座いました!
2015-01-29 木 21:54:16 | URL | SarayoSaijyou [編集]
Re: 初めまして!
ようこそ、いらっしゃいませ

遊びの要素満載というか、行った後で人に話したくなるようなお寺です。
地獄堂の地獄絵巻で、震えてみましょう。
2015-01-29 木 22:27:15 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する