■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

吹田市立博物館
吹田市立博物館
名神高速が頭上を走るトンネルを抜けると、吹田市立博物館です。
トンネルの壁面いっぱいに、極彩色で夢のようなわけのわからない絵がびっしり描かれています。
決して宗教施設の入口ではありません。
嫌が上にも期待が高まろうというものです。

吹田市立博物館
博物館正面です。
定規一本でデザインされたような、直線のみの外観。
実にシンプルですね。
合体ロボの頭部のように見えるのは、ワタクシだけでしょうか?

吹田市立博物館
昔この地方では、難波宮に用いられた瓦を焼いていたそうです。
その様子を再現した展示です。
トンネル掘りにしか見えないところが、なんだかなーという意見もあります。
とりあえず、左隅に瓦がゴロゴロころがっているので良しとしましょう。

吹田市立博物館
吹田の鬼といっても鬼瓦です。
照明が暗くて表情がよくわからないのが残念です。
昔、キックの鬼というアニメがあったことを、ふと思い出したりしました。

吹田市立博物館
特別展も瓦です。
ここには瓦しかないのかと思われるかもしれませんね。

フロアの真ん中にでっかい金の鯱が展示されていました。
写真を撮りたかったのですが、職員が胡散臭そうな目つきで後ろをウロウロしています。
「なんも悪いことせえへんちゅーねん。あっち行けよ」と心の中で呟きながら、写真撮影は断念しました。

吹田市立博物館
出口には、なんとも懐かしい物が展示されていました。
ほくさんバスオールです。
大型ゴミの不法投棄ではありません。

今では1ルームマンションでも風呂付きは珍しくありませんが、昔の団地には風呂は付いていませんでした。
そのため後付で風呂を部屋に設置する方法が考えられました。
ユニットバスのはしりみたいなものでしょうか?
ちなみに、トイレは付いておりません。



吹田市立博物館
近畿ランキングに



本日、吹田市立博物館で古文書裏打ち体験講座を開催しました。朝、早くにもかかわらず25名も参加していただきました。内容は、みなさまに古文書裏打ちをやっていただき、「地元の貴重資料を大事に残して行きましょう」ということが第一の目的であります。まずは自分がやり方を説明させていただきました。参加された方は、みんな真剣に説明を聞かれていました。説明の後に、班ごとに実際に裏打ち作業をやっていただきました。写真で...
吹田市立博物館で裏打ち体験講座

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する