■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

清水三年坂美術館
清水三年坂美術館
清水三年坂美術館は名前が示す通り、清水寺門前産寧坂(三年坂)にあります。
前の通りは、清水寺を訪れる多くの観光客でごった返していますが、案外みな素通りしていきます。
地味な外観なので、ここに美術館があることさえ気付かずに通り過ぎる人も少なくないのかもしれません。

美術館は規模こそそれほど大きくありませんが、ワタクシ、展示品にシビレました。
繊細かつ緻密に作り上げられた工芸品の数々に、目を奪われました。
まさに職人技と思える出来栄えに、費やされた時間と情熱を想像すると圧倒されるようでした。
百聞は一見に如かずと申します。
ワタクシの下手な紹介など気にせず、訪れられることをお薦めします。

清水三年坂美術館
美術館賞の後、清水寺を目指して移動します。
産寧坂は、コケると三年以内に命を落とすという物騒な謂れのあるところです。←ヒョウタンがあれば大丈夫だとか
ワタクシ、まだ命が惜しいので、慎重に歩を進めていきます。

清水三年坂美術館
八坂の塔を背景にパチリ。
いかにも京都といった風景ですが、人が多すぎて絵葉書のような写真になりませんでした。
「ちょっと、どいてくれんかなぁ」って言っても無理ですね。
うーん、マンダム



清水三年坂美術館
近畿ランキングに



あまりにも観光化されすぎてかつての面影のない三年坂。あまりここへは足を運ぶことはないのだけれど、久々にやってきたのはこちらの特別展を見たいがため。清水三年坂美術館。幕末、明治の比較的新しい時代の七宝、金工、蒔絵、京薩摩を展示してはる美術館で、一度は行きたいと思いつつもあまりに観光地なので遠慮していた次第。今回私の好きな蒔絵がテーマということで、久々に三年坂に足をむけたのです。「欧米が愛した輸出蒔絵...
「欧米が愛した輸出蒔絵の華ー芝山と杣田」〜清水三年坂美術館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(1) | コメント(2)
コメント
おはようございます。
ああ、もりんのバカ・バカ!!
私、今、自分を責めています。

こんな素敵なところを知らなかったなんて!!  行きたい。
内容、みたら、これまたびっくり。私もシビレました。
今、娘一家が、京都に里帰りしています。
娘婿が京都市内出身。

伝えなくては。 
2014-12-29 月 07:42:00 | URL | みゅーさんへ [編集]
Re: おはようございます。
私立の美術館で、2001年のオープンとか。

「美の壺」でもここが登場します。
http://www.nhk.or.jp/tsubo/arc-20061124.html
2014-12-29 月 08:16:05 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

清水三年坂美術館
清水三年坂美術館は名前が示す通り、清水寺門前産寧坂(三年坂)にあります。前の通りは、清水寺を訪れる多くの観光客でごった返していますが、案外みな素通りしていきます。地味な外観なので、ここに美術館があることさえ気付かずに通り過ぎる人も少なくないのかもしれません。美術館は規模こそそれほど大きくありませんが、ワタクシ、展示品にシビレました。繊細かつ緻密に作り上げられた工芸品の数々に、目を奪われました...
2014-12-29 Mon 23:28:57 | いつか・住もう・京都・2