■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

霊山歴史館(幕末維新ミュージアム)
霊山歴史館
「維新の道」といっても、橋下徹とは関係ありません。
明治維新の関係者たちが眠る墓所と霊山歴史館が、この道の先にあります。

霊山歴史館
道はずっと上り坂になっています。
坂の上から見下ろすと、その傾斜のきついこと。
ふぅ、疲れた。

霊山歴史館
ここが霊山歴史館(幕末維新ミュージアム)です。
幕末や明治維新をテーマとした博物館で、主要人物に関する展示があります。
幕末ファンなら、楽しめること請け合いです。

霊山歴史館
入口では、ペラペラの坂本龍馬が迎えてくれました。

撮影できるのは外観くらいで、後は撮影禁止です。
内部で唯一撮影できるのは、龍馬と土方歳三の実物大パネルが置かれた、記念撮影のコーナーだけでした。
こんなの撮ってもなぁ…

実物大パネルで思い出しましたが、通路に徳川慶喜のパネルがありました。
身長150センチほどです。
見物客のギャルが、「コイツ、めっちゃチビッコやん」と、慶喜公をバカにしていました。
「ええい、頭が高い、控えおろう。この方をどなたと心得るか。恐れ多くも将軍様なるぞ」
とワタクシ、デコピンの一つもかましてやりたくなりました。



霊山歴史館
近畿ランキングに



暑くて頭のほうもオーバーヒート気味です。夏の陽射しはゆっくりなにかを考える気力を奪いますねえ。さて、先週の話です(笑)21日に京都に行く用事があったので早めに家を出て行ってきました。京都霊山歴史館...
京都霊山歴史館

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 08:17:39 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
わおー
知らなかった・・
私、きっと、めちゃくちゃコーフン島倉千代子になると思います。

数年前に、学生時代の友人が案内してくれて壬生にある記念館(昔のおうち)を
まわって、キャーキャー騒いでいました。

ここ、知らなかった・・・・ 不覚・・・くうぅ・・・

慶喜公は、そんなに小さいのですかあ・・・びっくり。
そうですね、その女子、デコピンですね 笑

少し前にビッグコミックに幕末の漫画が連載されていて、毎回楽しみでした。
いつの日か、いかなくちゃ。
2014-12-28 日 09:04:49 | URL | 森須もりん [編集]
Re: わおー
龍馬暗殺に関して、実物展示がいろいろありました。
龍馬を斬った剣だとか、そのとき血が飛び散った襖だとか、けっこう生々しかったです。
他にも、昔の銃や大砲の弾を直に触ったりもできます。

霊山歴史館のすぐ横が、坂本龍馬をはじめ、幕末の志士たちを祀った京都霊山護国神社です。
こちらのレポートも近くアップしますので、お楽しみに。
2014-12-28 日 10:47:04 | URL | みゅー [編集]
ギャル酷すぎるw

昔行った時、記念撮影コーナーで新撰組の衣装があったので
友人に着せて撮ったことがありました。
衣装のレパートリー増えてるかなと思ったのですが
そうでもないみたいですね( ;∀;)
2014-12-29 月 11:14:06 | URL | 犬山コベジ [編集]
Re: タイトルなし
暴言ギャルも150センチくらいだったので、親近感からの発言だったかも?

撮影用の新選組の法被はまだありましたよ。
私が撮りたいのは自分ではなくて展示物なんで、あんなサービスはぜんぜん嬉しくないです。
まぁ、外人観光客あたりならウケそうな感じはしますが。
2014-12-29 月 14:14:32 | URL | みゅー [編集]
幕末ファンとしては坂本竜馬の墓で大感激。

霊山歴史館は時間切れで残念でした!

もちろんデコポン100回です。
2015-05-11 月 17:43:09 | URL | みのろーにん [編集]
みのろーにんさんへ
霊山歴史館も、ぜひ行ってください。
龍馬を斬った剣や、飛び散った血しぶきが残る襖なんかも展示されてますよ。
2015-05-11 月 19:13:08 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する