■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

京都府立陶板名画の庭
新春第3弾は、世界の名画をご覧いただきましょう。
なんか、NHKみたいなノリですが…

陶板名画の庭
京都府立植物園のすぐ横に、京都府立陶板名画の庭があります。
陶板画なので、外に出したまま鑑賞できるところがミソです。

コンクリート打ちっぱなしの外観は、おなじみ安藤忠雄デザインです。
一見するとプールのようにも見えますが、右の通路が建物の入口です。

ちなみに、建築業者に聞いたところ、コンクリート打ちっぱなしは外壁塗装のものに比べて、かえってコストが高く付くそうです。

陶板名画の庭
モネ作「睡蓮・朝」
入ってすぐのところ、水の中に浸かってます。

陶板名画の庭
無機質なコンクリートと水の組み合わせが、あちこちで見られます。

陶板名画の庭
ミケランジェロ作「最後の審判」
壁一面が絵なので、カメラに収まりきれません。
ほぼ原寸大だそうですが、こんなバカでかい絵を一人で描き続けたとは、ミケランジェロもやりますなぁ。

陶板名画の庭
レオナルド・ダヴィンチ作「最後の晩餐」
陶板の繋ぎ目が、ちょっと荒くないですか?

陶板名画の庭
スーラ作「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」
あべのハルカス美術館で、これの習作を見ました。

陶板名画の庭
ルノアール作「テラスにて」
人が下に落下しないように、目の前にガラスがはまっています。
そのため、画面に反射光が入っています。

陶板名画の庭
ゴッホ作「糸杉と星の道」
真正面から撮ると、ワタクシが写り込んでしまうので、やや斜めからパチリ。

おっと、それから、<伝>張澤端作「清明上河図」は、撮影を忘れたのでありません。
あしからず。

京都国立博物館では見逃したと思ってましたが、まさかこんなところで目にするとは…


陶板名画の庭
近畿ランキングに



北山に来ると、晴れてきました。北山通りは、昔、京都に住んでいた時によく来たけど、久しぶりでなつかしい~~市街からはずれているので、ゆったりしていて、でもおしゃれな街、とても好きな場所です。京都府立 陶板名画の庭ここは、当時はなかったので、来たのは、初めて~♪ネットやブログの友達の記事で見たことがあったので、楽しみです。陶板画というのは、原画を撮影したポジフィルムを元に転写して作られているので、とて...
陶板名画の庭

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
おはようございます♪

ここって作品が変わるのかな~ってずっと疑問なんですけど、
高山寺の鳥獣人物戯画はありましたか?
私がお邪魔した時には、清明上河図は記憶になくて
(私の記憶間違いかも?)
鳥獣人物戯画がずらずらずら~とあったんですよね。。
2015-01-03 土 07:01:03 | URL | 菅原しずか [編集]
ヤッホー
私、ここは、何度もいってます。

嬉しいから、

みゅーさんの助手として、私からも
説明させて下さい。

小さい空間だけど、私は、奥に吸い込まれそうです。
近くには、美味しい店が、たくさんあります。

植物園もいいのですが、資料館も近くにあり
なかなか面白い空間です。
この近くで、昔、バイトしたこともある
懐かしい場所。

美人助手より。

2015-01-03 土 08:10:50 | URL | 森須もりん [編集]
しずかさんへ
「鳥獣人物戯画」の動画は私が撮ったものなので、間違いなくありました。
歩きながらだと画面がブレるので、工夫が必要ですね。

「清明上河図」は「最後の審判」を真下から見下ろすスロープの途中にありました。
大画面に圧倒されて、見落としたのでは?
2015-01-03 土 09:23:32 | URL | みゅー [編集]
美人助手さんへ
あちこち周るのに忙しくて、ゆっくり食事ができませんでした。
この日は朝から夕方までに、7ヶ所周りました。

植物園は次回アップ予定です。
資料館を見落としたのは迂闊でした。
市内でもちょっと外れてるので、次はいつ行けるか微妙…
2015-01-03 土 09:29:08 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する