■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

沢の鶴資料館
明けまして おめでとうございます
本年も 当ブログを よろしく お願いいたします

新春第1弾は景気良く、灘の酒蔵特集として一挙出しでお送りします。
お楽しみください。

沢の鶴資料館
灘五郷のうち、西宮郷の白鹿日本盛は以前ご紹介しました。
今回は西郷の、沢の鶴資料館です。

沢の鶴資料館
敷地内には木造の資料館と、別棟のショップとがあります。

沢の鶴資料館
こも樽を見ると、酒が喉を通る感覚が蘇ってくるようです。

沢の鶴資料館
もう、呑みたくなってきました。
でも、本日は車なので利酒はできません。
電車で来ればよいのでしょうが、灘五郷の蔵は駅から少し距離があるので歩くには楽ではありません。
新酒の季節にだけ、酒蔵めぐりの巡回バスが出るらしいので、それを利用するのが一番利口かも?

沢の鶴資料館
おなじみのマークの瓦です。

沢の鶴資料館
この袋で酒を搾っていました。

沢の鶴資料館
樽も自作してたんですね。
そういえば、資料館の前の道に樽がいっぱい積まれてました。

沢の鶴資料館
レトロな雰囲気のラベルは、いつの時代のものでしょう?

沢の鶴資料館
頭がぶつかりそうなくらい天井が低いです。

沢の鶴資料館
樽廻船に載せられて、灘の酒は江戸に運ばれました。
下り酒(下りもの)と呼ばれ、高級品の代名詞です。
その反対が、江戸の下らないもの(低級な商品)です。

お正月らしく、琴の調べでも、どうぞ


沢の鶴資料館
近畿ランキングに



神戸の灘酒蔵巡り、最後の1軒。その前の神戸酒心館からは結構歩くんですけどね。しかし、そこはええ感じで酔っぱらってきた2人(^^)いらんことしゃべりながらやと、ホントすぐです。阪神の駅でいうと、2駅間は歩きました。阪神大石駅が最寄り駅になります、「沢の鶴資料館」です。おっ♪ここの樽は、積み上げが6蔵でナンバー1に背が高い。早速、入り口から中へ。この後の企画「世界各国味めぐり」に参加するメンバーを待たせてい...
沢の鶴資料館(神戸灘6酒蔵めぐり)

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
あけましておめでとうございます
灘の生一本は日本の誇り。灘の酒蔵地特集ですか。
「酒が喉を通る感覚」。下戸なのですが、なんとなく通じます。
レトロなポスターの雰囲気もいいですね。
下り酒という言い方があるのも初めて知りました。
旧年中は拙ブログに訪問、ありがとうございました。
どうか今年も佳き一年でありますように。
2015-01-01 木 10:35:07 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
Re: あけましておめでとうございます
朝から一杯やって、寝ては起き、起きては寝てと、のんべんだらり正月を過ごしています。
酒蔵訪問で買いためた酒を飲み比べては、今年はどこに出かけようかと、楽しい思案の最中です。
2015-01-01 木 21:17:15 | URL | みゅー [編集]
あけましておめでとうございます
すごい!たくさん廻られたのですね!
でも利き酒が出来ないなんて私は我慢出来ません(^_^;)
私が以前行った時
沢の鶴ではお酒を買わずに山田錦のおかきを買って帰りましたが
近くの「マルシゲ」にも売ってました。。。

今年もよろしくお願い致します。
2015-01-02 金 07:09:00 | URL | 桃千佳 [編集]
Re: あけましておめでとうございます
利酒ができなかったのがなんとも残念でしたが、一気に6ヶ所も周ったので、しまいにはたぶん酔っ払ってたでしょう。
今は、買ってきた酒を自宅で飲み比べてます。
2015-01-02 金 08:55:27 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する