■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

旧田中家鋳物民俗資料館
枚方に鋳物の資料館があると聞きました。
しかも近くには、プール付きのワニ公園もあるというのです。
これは面白い展開になりそうです。
早速出かけてきました。

旧田中家鋳物民俗資料館
和風の、なんかいい雰囲気のところです。
ひとけのないのがちょっぴり淋しいですが、多すぎても撮影しにくいので誰も居ないほうが好都合です。

旧田中家鋳物民俗資料館
由来がゴチャゴチャ書いてあります。
興味のある方はどうぞ。

旧田中家鋳物民俗資料館
敷地に入るとすぐ右手に、竪穴式住居が見えてきました。
尼崎、高槻、豊中、泉大津と、今までに何度目にしたことでしょう。

旧田中家鋳物民俗資料館
由来がゴチャゴチャ書いてあります。
興味のある方は重ねてどうぞ。

旧田中家鋳物民俗資料館
これが昔の鋳物工場で、今は資料館です。
内部では昔の鋳物製作の様子がわかる展示があります。
お寺の鐘や、自動車のエンジン部品とか、すごく面白そうなものが色々あったのですが、撮影不可でした。
たたらを踏む電動人形は、ご披露したかったです。

旧田中家鋳物民俗資料館
こちらが田中家住宅です。
古い家屋がそのまま見られます。

旧田中家鋳物民俗資料館
ふすま紙、張り替えたほうがいいですよ。

旧田中家鋳物民俗資料館
体験工房では、鋳物づくりなどの講座が開かれているそうです。
大汗かきそうなので、あんまり体験したい内容ではありませんが…

資料館は凝った展示が多かったので、できれば画像付きで紹介したかったのですが、ブログに載せるならダメと言われました。
職員さんいわく、「展示品の撮影を営利目的に使用するのがいけない」とのことです。
ですがワタクシ、逆に聞いてみたいです。
「ローカル・ミュージアムの紹介で、どうやったら金儲けができるのか」と。

旧田中家鋳物民俗資料館
気分を変えてワニ公園でも行きましょう。
ワニは爬虫類なので冬は冬眠してると思うのですが、見物用にプールに温泉でも入れて飼ってるのでしょうか?
そんな素朴な疑問を思い浮かべながら歩いていると、看板が目に入りました。
「Den Wani Haka」
あ痛、爬虫類のワニじゃなくて、王仁(Wani)?
こりゃー、一杯食わされました。
横を見ると確かにプールはあります。
人間用のね。

旧田中家鋳物民俗資料館
この際だから、ワニさんのお墓を見てみようじゃないですか。
公園の中に入って行くと、でっかいモニュメントが見えてきました。
さすがワニさんです。
でも、よく見ると、「恒久平和」?
なんのこっちゃ?

近くをウロウロしてる人に聞いてみると、和仁王の墓は公園を出て、病院の敷地の向こうにあるとのことでした。
歩いたらちょっと遠いらしいです。
目の前のは平和のモニュメントで、ワニさんには無関係です。
めちゃ寒いので、ワタクシ行くのは諦めました。
なんか締まらない幕切れです。

鋳物で思い出すのがこの映画です。
水戸黄門で好々爺のイメージのある東野英治郎ですが、ここではめっちゃ荒っぽい親父を演じていて、そのギャップが面白いです。



旧田中家鋳物民俗資料館
近畿ランキングに



寺子屋講座・枚方鋳物師田中家の古文書を読む(入門編) 高級茶芸師 茶遊サロン 中国茶を楽しむ教室

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
ありがとうございます!
みゅー様

ご紹介どうもありがとうございました。
久々に自分の懐かしい記事を
当時のことを思い出しながら読んでいます。m(__)m

茶遊サロン
2014-12-22 月 09:49:48 | URL | 茶遊サロン [編集]
Re: ありがとうございます!
はじめまして

同内容の記事にどんどんトラックバックして、自分とは違うものの見方を参考にしています。
私のブログはゆるゆるで、まったく参考になりませんが、よかったら時々覗いてみてください。
2014-12-22 月 17:20:08 | URL | みゅー [編集]
ずっこけて
しばらくの間、笑ってしまいました。
ワニさんに。
だってこんな由緒ある建物に、ワニさんがどう関係するのか興味しんしんでしたから。
やられました 笑

ふすま、張り替えたほうがいいですねえ。
私も、どうして営利目的になるのか、わからないなあ・・疑問。

内部は面白そうですねえ。
2014-12-22 月 20:24:06 | URL | 森須もりん [編集]
京都市美術館
京都市美術館のブログの項に
コメントの印がみつからなくて、こちらから書かせていただきます。

ああ、懐かしいというほかありません。
何度も足を運んだところです。

今回の展示は世田谷美術館と同じでしょうね。私、世田谷美術館も好きです。
関係ないのですが、京都市美術館近くの川に大きなシジミが、昔いました。
余計なことで、すいません。
あまりに懐かしくて、テンション少し上がりました。
2014-12-23 火 00:28:31 | URL | 森須もりん [編集]
文化財などの貴重なもの以外、特にヘンテコで面白い展示物なんてどんどん撮影してもらった方が、来館者も増えると思うんですがねぇ。

…増えたら増えたでローカルミュージアムの最大の魅力、人がほとんどいない!ってのが味わえなくなりますがw
2014-12-23 火 01:14:11 | URL | 犬山コベジ [編集]
Re: ずっこけて
普通、わに公園って聞いたら、ワニがいるのかと思いますよね?

産業系の資料館の場合、実際に使っていたものとか、再現展示があるので面白いですよ。
人の温かみが伝わってくるような展示です。
2014-12-23 火 04:14:23 | URL | みゅー [編集]
Re: 京都市美術館
このネタは確か、11月くらいに行った時のものです。
関西文化の日だったと思います。
中身がスカスカなので、公開しようかどうかちょっと悩みました。
美術館は作品自体が撮れないので、本当に紹介しづらいです。
開高健くらいの表現力があれば文章だけでも読者を納得させることができるんでしょうが、なんせ、オッサンのゆるゆるブログですからねえ…

川は気づきませんでした。
途中、堀みたいなのがあったような気はします。
2014-12-23 火 04:21:15 | URL | みゅー [編集]
コベジさんへ
私も同感です。
人が来なくて閉館になることもあるので、関係者にはよく考えてもらったほうがいいと思います。

正直に言うと、ブログをやってなかったら絶対に行かないようなところばかり行ってますが、行きだすと案外楽しかったりします。
「ここにはどんな珍品があるかな?」と、入るときのワクワク感は病みつきになります。

2014-12-23 火 04:27:12 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する