■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

平等院ミュージアム鳳翔館
平等院ミュージアム鳳翔館
宇治といえば何といっても平等院です。
これに異論のある方はないでしょう。
ローカル・ミュージアムを愛するワタクシとしては、ど真ん中すぎるチョイスに恥ずかしさすら覚えるほどですが、これを外すとひねくれ者と思われるのも癪なので、ご報告させていただきます。

平等院ミュージアム鳳翔館
平等院には鳳翔館というミュージアムがあります。
ワタクシは、10年以上前に一度訪れたことがあります。
その当時は今ほど観光客もおらず、ゆったりと巡ることができたのですが、今回は修学旅行の学生や、どっかの団体客やどっかの外人グループなど、やたら人が多くてまいりました。
鳳凰堂内部を見るために1時間待ちとか。
離れて見てたほうがよっぽどきれいなのに。
ヤレヤレ

鳳翔館で目を引くのが、雲中供養菩薩像と二対の鳳凰です。
雲中供養菩薩像は、菩薩が様々な姿で雲に乗っています。
楽器を奏でてたり、花を持っていたり、思い思いの格好で空中に浮かんでいます。

それと以前、鳳凰が館内に展示されてるのを初めて見たとき驚きました。
目の前にあるのは本物か偽物か?
鳳凰堂の屋根の上にあるのはいったい何だ?
職員さんに聞いてみると、本物は国宝なので鳳翔館で展示し、屋根の上にはパチモンレプリカを載せているそうです。

平等院ミュージアム鳳翔館
こちらは平等院観音堂です。
扉が閉ざされていて内部が見られないせいか、ほとんど観光客に見向きもされていませんでした。
ただ一人、着物姿の若い女性がカメラで撮影している姿が、雰囲気にマッチしていて印象的でした。
やはり古刹には着物がよく似合います。

平等院ミュージアム鳳翔館
宇治川に沿うようにあじろぎの道があります。
宇治川の漁に、その名の由来があります。
橋のところは工事中でした。
ユンボがなんとも艶消しです。

あじろぎの道をもう少し行くと、十三重の石塔があります。
重要文化財とのことで、写真を撮るのを忘れていたのが悔やまれます。

平等院ミュージアム鳳翔館
あじろぎの道沿いに宇治市観光センターがありました。
ここは無料でWi-Fiが繋がるので便利です。
また、お茶の無料サービスもあります。
「このお茶は宇治茶ですか?」
職員さんにたずねると「そうです」との答え。
やはり愚問でしたね。
しかし妙に薄味のお茶だったような気がします。



平等院ミュージアム鳳翔館
近畿ランキングに



こんにちは!ブログ担当の坂井まゆです。またまたの連続で失礼します(´・∀・`)毎日セミが鳴いていてびっくりするほど暑いですね…今はもうみんなテスト真っ只中でしょうか?頑張って乗り切りましょうね(`▽´)! 今回は6/15に行われた宇治散策に様子をお伝えします。HPもよろしくお願いします。...
宇治散策!

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
思わず、
ヤッホー!です。

私、いったことあります、そのミュージアム。
私も10年くらい前だったと思います。
ゆったり観れたような気がします。

みゅーさんが、宇治観光センターで、宇治茶ですかと聞くところが受けました。
よほど、薄かったのでしょうね。
2014-12-19 金 19:49:27 | URL | 森須もりん [編集]
Re: 思わず、
茶葉は宇治でもお湯を入れ過ぎなのか、シャボシャボでした。
香りも殆どなかったような気がします。
タダだから文句言っちゃいけませんけどね。
2014-12-19 金 20:16:09 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する