■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

宇治市歴史資料館
宇治市歴史資料館
ローカル・ミュージアム・ファンのみなさん、こんばんは。←勝手に決めんなよ。
今宵は、宇治市歴史資料館のレポートを、おおくりいたします。

お茶で名高い宇治市にもミュージアムがあることを知り、ワタクシ行ってまいりました。
平日の昼間だというのに、この車の台数はなんでしょう。
これはそうとう規模の大きなミュージアムではないでしょうか。

宇治市歴史資料館
ジャーン!
正面に回るとこの威容です。
まさしくBIG!
いかにもGREAT!
国立博物館レベルの大きさに、ワタクシの胸は高まります。
「やるぜ宇治市!ナイスじゃないか」

はやる気持ちを抑えつつ、ドアに手をかけますが、びくともしません。
「あれ?今日は休みか?」
脳裏をデジャヴがよぎります。

気を取り直し、別のドアに挑戦しますが、ことごとく閉まったままです。
「おかしい、こんなはずでは…」
焦りは募るばかりです。

ふと気づくと、制服を着た職員らしき男性が目に止まりました。
「あのー、歴史資料館に行きたいんですけど、ドアが閉まってるんですよ。今日は休みですか?」
ワタクシが話しかけると、件の職員は答えました。
「歴史資料館なら、あっちですよ」

宇治市歴史資料館
彼が指差す方を見るとありました。
やや小ぶりではありますが、となりの建物がそうでした。
入り口には宇治市歴史資料館と書いてあります。
先ほどワタクシが入ろうとしてたのは、大ホールのある文化センターの方でした。
どうりでデカいはずです。
でも、目的の場所が見つかり、まずは一安心といったところです。

宇治市歴史資料館
廊下の窓越しからも、それらしい雰囲気が伝わってきます。
28年災害と天ヶ瀬ダムとは、いったいどんな展示でしょうか。
期待度MAXです。

宇治市歴史資料館
これが資料館の入り口です。
手作り感いっぱいの宇治市歴史資料館の文字に、背中に嫌な汗が伝わります。
「もしかして、イヤそんなはずは…」
自問自答を繰り返しつつも、ワタクシは覚悟を決めて中に入りました。

館内はやはり撮影禁止です。
館内といっても歴史資料館は小規模のホールのようで、それほど大きなものではありませんでした。

展示物といえば、昔の新聞の拡大コピー、写真、それと古いドーナツ盤のレコードがいくつか。
たったこれだけです。
考えられないくらいの、お粗末な展示でした。

山高ければ谷深しと申します。
さっきまでの期待が大きかった分、失望も大きいのです。
悲しすぎました。
ワタクシ、ここまでわざわざ出かけてきた自分が嫌いになりそうでした。

宇治市歴史資料館
やるせない気持ちのまま歴史資料館を立ち去ったワタクシの目に、廊下に貼られた絵が飛び込んできました。
挫折禁止
ああ、なんというタイムリーな言葉でしょう。
「こんなことぐらいでくじけるなよ、明日があるじゃないか」
そう言っているような絵でした。

宇治市歴史資料館
「クイック、クイック、ターン、ターン」
遠くからかすかに女性の声が聞こえてきます。
近づいてみると、社交ダンスのレッスンが行われているようです。
ドアの向こうでは、華やかな衣装をまとった紳士淑女が、今まさに楽しいひと時を過ごしているのでしょう。
ワタクシの境遇とは正反対の世界です。

傷心のまま、宇治市歴史資料館をトボトボと後にしたワタクシでした。



宇治市歴史資料館
近畿ランキングに



09.04.11 撮影08.11.30 撮影宇治にある天ヶ瀬森林公園では、春には桜を、秋には紅葉を楽しめる。特に、宇治川ラインの渓谷を行く道は隠れた紅葉の名所でもある。→京都府道62号宇治木屋線①これは宇治か嵐山かどちらだろうか?/ 11.06.30 撮影ところで、同じく春には桜の、秋には紅葉の名所である嵐山とは、  ・川があり橋があること  →嵐山:渡月橋 宇治:宇治橋      ・川と橋の背景が山であること   ・世界遺産...
天ヶ瀬ダムと宇治と嵐山

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
傷心の
みゅーさん、お疲れ様でした、そして
気持ちわかります 笑

私、どこでも行くのが好きですが、ここだけは一応、はずしたほうがいいという
正しい情報をいただいて感謝。
宇治はたくさん思い出があるのですが、
さすがにココは知りませんでした。 挫折禁止・・いいですね。

明日があるさ♪  まさしくそのとおり。
2014-12-12 金 08:04:32 | URL | 森須もりん [編集]
Re: 傷心の
そんなこと言わずに、ここも行ってみてください。
話のネタに最適ですよ。
ほんまかいな
2014-12-12 金 16:32:20 | URL | みゅー [編集]
こんばんわ
地元民ですが、ここは10年に1度行くか、どうかですね^^
夕方まで、お待ち頂ければ、向かいのお宅のXmasイルミが、綺麗だったのですが…

過去のURLを貼って置きますね♪
http://net21.blog119.fc2.com/blog-entry-509.html
2014-12-12 金 20:18:25 | URL | ネット [編集]
Re: こんばんわ
ようこそ、いらっしゃいませ

これはもったいないことをしました。
イルミネーション大好きオッサンとしては、迂闊でした。
しかしこの後、しっかりイルミネーションは見に行ってるんですよ。
ムフフ。
近日中にアップします。
2014-12-12 金 20:38:39 | URL | みゅー [編集]
待ってましたのローカルミュージアムネタ!
いやぁ今回も楽しまさせていただきました。
宇治のここは行ってなかったので、その内心折られに行こうと思いますw

しかし撮影禁止のとこって、大抵しょぼ…(これ以上は言えない)
2014-12-13 土 00:57:41 | URL | 犬山コベジ [編集]
Re: タイトルなし
いらっしゃいませ

ローカル・ミュージアム・ネタがマズイのか、最近アクセスガタ落ちです(泣)
私の方向性が間違ってるのかしらん…

撮影禁止の意味って、「お前、このことは人に言うなよ、言ったらタダじゃおかないからな」って感じでしょうかね?
もしそうだとすると、私はイケナイ遊びをしてるのかもしれません。
2014-12-13 土 07:18:51 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する