■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

城陽市歴史民俗資料館
城陽市歴史民俗資料館
城陽市歴史民俗資料館、別名五里ごり館は文化パルク城陽内にあります。
この建物がまたデカイ。
しかも独特のデザインです。
ですがワタクシ、デカイから正解とは限らないことを宇治市歴史資料館で学びました。
ハコがどれだけ大きかろうと、ローカル・ミュージアムだということは決して忘れてはいけないのです。
固く心に誓うワタクシなのでした。

城陽市歴史民俗資料館
城陽を旅する2 -道と道しるべ-
ほう、どういった展示を見せてくれるのでしょうか。
おや、横にはプラネタリウムのポスターが貼ってあります。
ワタクシの琴線に触れる展開です。
歴史に遊び、星と戯れる。ああ、これぞ至福の時なり
なんかワクワクしてきました。

城陽市歴史民俗資料館
広々としたロビーには、ほとんど人がいません。
ピコーン、ピコーン
ワタクシの地雷警報が微かに鳴り始めたかもしれません。

城陽市歴史民俗資料館
ようやく目的地に到着しました。
「ぼく 五里ごり館の ごりごりくんです。」
疑いが確信に変わりました。
この雰囲気では、まず間違いなくガッカリ・ミュージアムでしょう。
しかし、ここでひるんでは男がすたるというものです。
「止めてくれるなオッカサン」の心境で入館してみました。

内部は想像に反してそれほど悪くはありませんでした。
ありきたりですが、比較的凝った展示がされていました。
ワタクシの地雷センサーの精度はあまりよくないようです。
城陽を旅する2 -道と道しるべ-は、紙のハリボテで脱力しました。
撮影禁止だったので画像はありませんが、お近くにお寄りの節は見学されるのも良かろうかと存じます。

城陽市歴史民俗資料館
「プラネタリウムで気分転換しちゃうもんねー」
自らを励ましつつ受付をのぞくと、「本日の一般上映はなし」とのことでした。
なんてこったい!

城陽市歴史民俗資料館
建物の中央部に見えていたのがこれです。
ただの足場じゃん。

城陽市歴史民俗資料館
近畿ランキングに



今日は暖かくなって、いい天気でした。1日オフの日。家から徒歩20分くらい。お散歩がてら文化パルク城陽に行きました。正面玄関はお花がいっぱいでした。こちらから見ると、お花で「JOYO」と作られているのがわかりました。私の目的は、図書室。本が大好きですが、図書室という空間も大好きで、書棚の背表紙を眺めているだけで幸せです。。。それで電子書籍はどうも性に合いません。本がなくなったらいやだなあと思います。並ん...
文化パルク城陽

関連記事


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
五里ごり館とは一体なんぞや?
と、その時点で心をぐっと鷲掴みされますわ(*´Д`)
んで出てきたのが期待にたがわずゴリラ君とは!すげぇ!

プラネタリウム→上映なしの流れがステキですw
2014-12-17 水 00:27:32 | URL | 犬山コベジ [編集]
なんだか
奥が深い場所だと推察します。

みゅーさんを楽しませていますもん。
ここ、当たりですね。
2014-12-17 水 07:54:42 | URL | 森須もりん [編集]
Re: なんだか
奥が深い場所かどうかは微妙ですが、行って後悔することはなかったです。
自由に撮影ができればもっと楽しかったんですけどね。
2014-12-18 木 02:47:45 | URL | みゅー [編集]
Re: タイトルなし
五里ごり館の由来を、もうちょっと突っ込んどけば良かったですね。
ローカル・ミュージアムのネーミングって、独特のセンスがあって楽しいです。
ひょっとしたらゆるキャラもいたかもしれません。
そうだったら会いたかったです。
2014-12-18 木 02:50:19 | URL | みゅー [編集]
こんばんわ
↑五里ごりの由来は、「京まで五里、奈良まで五里」という京都・奈良の中間の意味ですね~
「ごりごりくん」のキャラクターには、画像4枚目で会われているようですが、
3Dのゆるキャラとして、実体化した話は、聞いてませんね^^
2014-12-18 木 19:04:11 | URL | ネット [編集]
Re: こんばんわ
なるほど、そういう意味だったんですね。
ネーミングが釈然としないので、ちょっと気になってました。
勉強になりました。
2014-12-18 木 19:43:04 | URL | みゅー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する