■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

広重美術館
広重美術館
「東海道五拾三次」で知られる浮世絵師、歌川広重のミュージアムは、岐阜・静岡・栃木などにありますが、山形県天童市にも広重美術館があります。
規模は小規模で、展示作品もそれほど多くありません。

広重美術館
実はワタクシ、ここに来て初めて知ったのですが、広重の名を継ぐ浮世絵師が4人もいたことです。
五代目広重など昭和に没しているので、画風などずいぶん違いますが、このミュージアムでざっと一覧できたのは興味深かったです。

ところで話は変わりますが、みなさんは「ふるさと納税」を利用していますか?
ここ、天童市のラ・フランスはお薦めですよ。
大きくて甘みたっぷりのラ・フランスが、ケースでどっさり届きます。
天童は将棋駒の町でもあるので、おまけに将棋の駒型の携帯ストラップも送ってきますよ。



広重美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



天童・広重美術館 -       ☆☆還暦おやじの漫遊記☆☆



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
伊達政宗騎馬像
伊達政宗騎馬像
仙台のレポートで、何か書き忘れたかなーと考えていたら、思い出しました。
伊達政宗の騎馬像です。
仙台市博物館からそう遠くないはずなので、これはぜひとも行かなくては。

伊達政宗騎馬像
公園を掃除しているオジサンに聞くと、騎馬像はこの上ということでした。
ということで、歩き出します。

伊達政宗騎馬像
でもこれが失敗でした。
騎馬像のあるところまで、ずーっと上りになっています。
バスが行き来するような、そんな先です。
もう半分くらい登ってきたので、今更戻るのもアホくさいので、ワタクシ、歯を食いしばって上がってみました。

伊達政宗騎馬像
鳥居をくぐって石段をえっちらこっちら上がります。
まじ、しんどいわー。

伊達政宗騎馬像
ようやく騎馬像が見えてきました。
記念撮影の人がいっぱいいます。

伊達政宗騎馬像
政宗サマー
お顔真っ暗

伊達政宗騎馬像
仙台の街が一望できます。
でも、必死こいて上がってきた割に、得たものはこれくらい。
ワタクシの心もドンヨリ。

近くには土産物屋がいっぱいあり、そこで休憩することにしました。
青葉城資料展示館もありましたが、今回はパス
でも、動画見たら面白そう…

ループバスの、るーぷる仙台でも来られるので、ヤワな人は徒歩で上がるのはやめたほうが無難です。

伊達政宗騎馬像
博物館の横にも政宗サマ発見!



伊達政宗騎馬像
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



大河原の一目千本桜を見た後、連れ合いが蕎麦をご馳走してくれると言うので、大石田まで、出かけました大石田のその後が気になっていたからです(4月9日の石田の様子)クリックすると見ることができますしかし、大石田はまだまだ春には遠かった。。。山間の蕎麦屋で蕎麦をご馳走になり、その帰り、木の枝に止まっていた鳥を見つけたんです今日のアップは、伊達政宗の騎馬像…桜バージョンと、サシバでは~伊達政宗の騎馬像。。。桜...
伊達政宗の騎馬像桜バージョンとサシバ一枚。。。



テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

その他 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
福島県立美術館
福島県立美術館
ワタクシ、福島県立美術館にやって参りました。

福島県立美術館
それにしても、広々としてますなー。
時間があればのんびり散歩などしたいところですが、なんせ駆け足の東北旅行なので、そういうわけにもいきません。

福島県立美術館
こちらの建物は図書館です。

福島県立美術館
国立西洋美術館の巡回展が開催中でした。
そのうち、東京周辺のミュージアムも行き倒すつもりです。



福島県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



平成29年度国立美術館巡回展国立西洋美術館所蔵 ミューズ:まなざしの先の女性たち2017年4月22日(土)~7月2日(日)福島県立美術館「ミューズ」とは、美術、音楽、文芸などの諸芸術をつかさどる女神たちのことです。古代ギリシャでは、彼女たちは芸術家にひらめきを与え、制作意欲をかきたてる存在と信じられていました。芸術家にとってのミューズとは、実のところ、身近にいる女性たちのことだったのかもしれません。女性たちの姿...
国立西洋美術館所蔵 ミューズ:まなざしの先の女性たち



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
岩手県立美術館
岩手県立美術館
ワタクシ、岩手県盛岡市の岩手県立美術館を訪れています。
駐車場で隣り合った人から「大阪からいらっしゃったんですか?」と、目を丸くされました。
よほど暇人に思われたことでしょう。

岩手県立美術館
岩手出身の画家、萬鐵五郎展が開催中でした。
岩手の風土の影響でしょうか?
暗い重い感じの絵ばかりで、ワタクシ的にはちょっと…

岩手県立美術館
館内はびっくりするほど細長いです。
通路の端から向こうの壁が見えないくらい。

岩手県立美術館
常設展は撮影可です。
松本竣介と舟越保武のコーナーです。

岩手県立美術館
舟越保武って、スフィンクスの舟越桂のお父さんです。



岩手県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良国立博物館 その3
奈良国立博物館
久しぶりに奈良国立博物館に来てみました。
現在、次の展覧会の準備中で、新館には入れませんでした。
その代わり、リニューアルした「なら仏像館」に入ってみました。

こちらが元の博物館本館ですが、今は「なら仏像館」としてオープンしています。
大きな仏像はあまりありませんが、金剛寺の国宝の降三世明王坐像は、でっかくてすごい迫力です。
来年春にはお寺に戻るらしいので、今のうちに見ておきましょう。

奈良国立博物館
オバサン、バシバシ写真を撮ってましたが、展示スペースは撮影禁止ですよ。
こちらは休憩室です。
凝った造りですね。



奈良国立博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



奈良国立博物館の「なら仏像館」が約2年間の改修工事を終えてリニューアルオープンしたのは、今年の4月29日のことでした。ようやく6月28日、「和紙」展を見た後、行くことができました。↑おお、モデルはひときわ美しい勝林寺の十一面さん(重文)。ちなみにチラシに使われているのは、国宝の薬師如来坐像(奈良博所蔵)久しぶりにお会いする仏様たち~♪ 「なら仏像館」の入口前まで行って、あれれ。以前は入口のところから...
リニューアルした「なら仏像館」



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市美術館
奈良市美術館
奈良県立美術館に行ったついでに、奈良市美術館にも寄ってみました。
場所はなんと、イトーヨーカドー奈良店の5階です。

この日は風景写真の展覧会が行われていました。
素人カメラマンの作品なので、入場無料です。
この手の写真展が、ここではちょくちょく行われているようです。
ここって、いわゆる美術館の範疇から少し外れてるのかな?

奈良市美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良県立美術館 その2
奈良県立美術館
東北のミュージアムの紹介中ですが、またしても近場ネタをお送りします。

奈良県立美術館
奈良県立美術館では現在、「榊莫山と紫舟のシンフォニー」と題する展覧会が行われています。

奈良県立美術館
榊莫山のコーナー
よかいちの飲み過ぎでヘロヘロした字を書いているのかと思いきや、お経で、しっかりときれいな字も書いていたのがちょっと意外でした。
それと絵も、けっこううまいです。

奈良県立美術館
こちらは紫舟のコーナー
書家というより、毛筆デザイナーみたいな気がしないでもないですが、美人なのでノープロブレム。

奈良県立美術館
鉄で文字を立体にした書
横から見ると何が書いてあるかわかりません。

奈良県立美術館
絵もけっこう上手です。

奈良県立美術館
平面の絵が、立体に見えるかな?

ボリューム的には、莫山3:紫舟1くらいの感じでした。





奈良県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
青森県立三沢航空科学館
青森県立三沢航空科学館
航空機関連のミュージアムは過去に、岐阜県のかかみがはら航空宇宙科学博物館、静岡県の航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパークと2ヶ所行きました。
本日ご紹介する青森県立三沢航空科学館で、3館目となります。

青森県立三沢航空科学館
ここは航空自衛隊三沢基地のエリア内にあり、航空機の実機展示(航空ゾーン)と、物理の科学実験(科学ゾーン)が楽しめます。

青森県立三沢航空科学館
科学ゾーン
訪れたのが閉館ちょっと前だったので、お客さんは誰もいません。

青森県立三沢航空科学館
ビリビリきそうなコーナー

青森県立三沢航空科学館
お姉さんと目が合ってしまい、ワタクシ不覚にもこちらに乗る羽目になってしまいました。
空気圧の実験なのか、筒の中で乗り物がフワフワ上下して、なんか気持ち悪い感じです。

青森県立三沢航空科学館
2階の通路には、飛行機の模型がたくさん展示されています。
ワタクシ、京都の飛行神社を思い出しました。
あそこにもプラモデルがいっぱいありました。

青森県立三沢航空科学館
航空ゾーンを見下ろしています。

青森県立三沢航空科学館

青森県立三沢航空科学館

青森県立三沢航空科学館

青森県立三沢航空科学館

青森県立三沢航空科学館

青森県立三沢航空科学館
十和田湖から引き揚げられた、実機が展示されていました。

青森県立三沢航空科学館
寄付を募って、復元するプランもあるそうです。



青森県立三沢航空科学館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



1カ月前の取材ネタでスイマセン。雪が残っているので・・・先週行って来たとは言えないですね。(苦笑)三沢航空科学館 にやって来ました。5年前にも取材に来てはいるのですが、屋外の飛行機の記憶はあるのですが、屋内の記憶が無いんですね。ブログにも載ってないし・・・もしかして、入場してないのかな??ちなみにこの機体はミス・ビードル号 のレプリカです。1931年、日本(三沢市淋代海岸)からアメリカ本土までの最初の太平...
青森県立三沢航空科学館@三沢市 その2



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉
ミュージアム巡りにも疲れたので、本日は温泉でホッコリすることにしましょう。
場所は、青森市南部の酸ヶ湯です。
ここは八甲田山の一軒宿です。

酸ヶ湯温泉
ここの最大のウリは、総ヒバ造りの巨大混浴温泉です。
お湯は青緑っぽく白濁し、目に入るとかなり痛いです。
硫黄の臭いがプンプンする温泉です。
さすがに千人は入れないと思いますけど…

酸ヶ湯温泉
フロントには剥製がズラリ
熊もいそうなのに、ここにはありません。

酸ヶ湯温泉
館内はかなり年季が入っていて、床なんか傾いてたりします。

酸ヶ湯温泉
めちゃ古そうな写真

酸ヶ湯温泉
風呂の入口は男女別になってますが、内部は混浴です。
ただし、浴槽が半分程度塀で仕切られているので、塀の裏側にいれば男女別みたいなものです。
ちなみにワタクシが入ったときは、女性客はゼロでした。
夜間8~9時が女性専用タイムになるので、そのときに入ってたんでしょう。

酸ヶ湯温泉
この建物が混浴風呂です。
浴室は写せないので、外からパチリ

酸ヶ湯温泉
一応、男女別の小型浴室もあります。

酸ヶ湯温泉
湯治客用の部屋
学生下宿みたいな雰囲気です。

酸ヶ湯温泉
こちらは一般客用の客室
新装でピカピカです。

酸ヶ湯温泉
5月も末だというのに、まだこんなに雪が残っていました。



酸ヶ湯温泉
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



22日目:青森市の秘境へ行こう!-春が来たばかりの酸ヶ湯温泉 - 旅人フミオの日本一周計画&その日常



テーマ:東北旅行 - ジャンル:旅行

その他 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
十和田市現代美術館
十和田市現代美術館
東北旅行で行きたかったミュージアムの一つが、ここ、十和田市現代美術館です。
本州の端っこのド田舎にある美術館とは思えないような、洒落たミュージアムです。
内部は撮影禁止なので、美術館のサイトをご覧いただきたいと思いますが、入っていきなりでっかいオバサンがいて、度肝を抜かれます。
同じ現代アートのミュージアムの金沢21世紀美術館よりも、ワタクシ的にはこちらのほうが気に入りました。

十和田市現代美術館
フラワー・ホースの背中

十和田市現代美術館
こちらは、併設のカフェ

十和田市現代美術館
美術館と道をはさんだ向こうには、アート広場があります。
家も車もモコモコのファット・ハウス

十和田市現代美術館
草間彌生の「愛はとこしえ十和田でうたう」

十和田市現代美術館
かぼちゃは中に入れます。

十和田市現代美術館
これはトイレ

十和田市現代美術館
ゴースト

十和田市現代美術館
ヒプノティック・チェンバー

十和田市現代美術館
バス停のベンチもアートしてます。

十和田市現代美術館
でっかいアリ

十和田市現代美術館
ワタクシが訪れたときは、「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」という企画展が開かれていました。

十和田市現代美術館
こちらは撮影可です。

十和田市現代美術館
ガラクタみたいなのが、ゴチャゴチャといっぱい並んでます。

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館
美術館前の道路の車止め
日本三駒で知られる、この地方ならではの演出でしょうか。

十和田市現代美術館
歩道には馬蹄



十和田市現代美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



こんにちは,kazumiです。青森県十和田市のArts Towadaの続きです。今回は,十和田市現代美術館をご紹介しましょう。長いですよ。あっ,もちろん今回もうどんはありません。アート広場の道路を挟んで反対側に,真っ白ないくつものキューブが点在し,渡り廊下でつながれた構造です。そのいくつかは開口していてガラス面になっており,外からその中が見えるようになっています。一つのキューブごとに一つの作品が展...
Arts Towada 十和田市現代美術館編



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ