■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

パラミタミュージアム
パラミタミュージアム
池田満寿夫の「般若心経シリーズ」で知られるパラミタミュージアムは、三重県菰野町にあります。
湯の山温泉の近くで、場所は結構辺鄙なところですが、近鉄電車の駅が歩いていける距離にあるので、交通の便は悪くないです。

パラミタミュージアム
以前、三重県立美術館を訪れた際にここも勧められたのですが、時間がなくてパスしてしまいました。
現在は「北勢萬古名品展」が行われています。
イマイチ趣味に合わなかったので、こちらはサラッと流し、常設展をじっくり観てみました。

ワタクシが一番心惹かれたのが、江里佐代子の截金のコーナーです。
京都迎賓館でも截金を施した人間国宝ですが、緻密な造形にため息が出そうになります。

そしてメインの池田満寿夫のコーナーです。
彼のイメージはエロい画家とか、何でも屋みたいな漠然としたものしかありませんでしたが、陶芸にも力を入れてたんですね。
ザックリとした荒削りな作陶に仏の顔が浮かぶ、不思議な造形です。

パラミタミュージアム
帰ってから気づいたのですが、館内は原則撮影自由とのことでした。
特別展が撮影不可だったので、全部ダメかと思ってちょっとしか撮らなかったのが悔やまれます。

パラミタミュージアム
建物の外には雑木林の小さな庭があります。

パラミタミュージアム
こちらにも作品が展示されています。
山口牧生の「石の中」です。

パラミタミュージアム
こちらは内田鋼一の「壺の道」です。

近くの温泉でのんびりして、芸術鑑賞で心を豊かにするって、いいですよ。

パラミタミュージアム
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



朝起きたら、1枚の置手紙があった。「旅に出ます・・ とうちゃんより」と、余り多くを語らない、まじめ一直線で物静かな男は、一体どこに? とうとう家出か?・・どうやらフェリー乗り場に 向かった様子だ。泣け無しの小遣いで 四国外に出る作戦が見えてきた。船から見る瀬戸内海が好きだなぁ・・でも、今日は切ないブルーやね。健気に自ら握った シソのフリカケ・中は梅干しの おにぎりを 一人 寂しくデッキで頬張った。 フェ...
【番外編】とうちゃんの置手紙




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 01:12:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク
航空自衛隊浜松基地広報館
航空自衛隊を一般に知ってもらうために開設されたのが、ここ、航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパークです。
場所は、静岡県浜松市です。
航空関係のミュージアムは、かかみがはら航空宇宙科学博物館以来です。
ちなみに、入場無料です。

航空自衛隊浜松基地広報館
敷地の周辺には、兵器らしきものが置かれています。

航空自衛隊浜松基地広報館
折れ曲がったみたいな感じのヘリ。

航空自衛隊浜松基地広報館
なかなかカッコイイじゃん。

航空自衛隊浜松基地広報館
まずは展示格納庫に入ってみます。

航空自衛隊浜松基地広報館
入ってびっくり。
中には戦闘機やヘリでいっぱいです。

航空自衛隊浜松基地広報館
うわー。
なんかめっちゃワクワクします。
学生とか、ジジババの団体とか、見学者が大勢いました。

航空自衛隊浜松基地広報館
コクピットに乗れる機もあります。

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館
写真撮りまくりです。

航空自衛隊浜松基地広報館
シミュレーターにも乗れます。

航空自衛隊浜松基地広報館
今度は別棟の、展示資料館に移動します。

航空自衛隊浜松基地広報館
こちらでも写真を撮りまくりました。

航空自衛隊浜松基地広報館
説明文なんかほとんど読んでません。←オッサン、アホかと…

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館

航空自衛隊浜松基地広報館
簡易型シミュレーターです。

航空自衛隊浜松基地広報館
チビッコとか、めっちゃ喜びますよ。

航空自衛隊浜松基地広報館
ブルーインパルス

航空自衛隊浜松基地広報館
館内は人が多すぎて、撮影タイミングに苦労します。
平日でこれだから、週末とかどうなっちゃうんでしょう?

航空自衛隊浜松基地広報館
全天周シアターでは、パイロット気分が味わえる映像が観られます。

航空自衛隊浜松基地広報館
プラネタリウムのような画面。
F15の搭乗体験ができます。
映画の内容は、ひ・み・つ

航空自衛隊浜松基地広報館
航空自衛隊浜松基地に併設されたミュージアムなので、滑走路から自衛隊機が飛び上がるのを見ることもできます。



航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



航空自衛隊 浜松広報館(エアパーク)その3 - とある戦跡と自衛隊




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 03:23:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ヴァンジ彫刻庭園美術館、ベルナール・ビュフェ美術館、IZU PHOTO MUSEUM、井上靖文学館など各種ミュージアムと、複数のレストランがある、クレマチスの丘に、ワタクシ行ってみました。
場所は、静岡県長泉町です。
天気が良ければ途中の道から富士山がきれいに見えるはずですが、この日はあいにくの曇りで、ほとんど見えませんでした。
時間に余裕がなかったので、ヴァンジ彫刻庭園美術館のみ見学することにしました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
イタリアの現代彫刻家、ジュリアーノ・ヴァンジの作品を屋外展示してあります。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
イマイチ何かよくわからない作品です。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
広々してて気持ちいいですね。

ヴァンジ彫刻庭園美術館

ヴァンジ彫刻庭園美術館
石がいっぱい敷き詰められてて、賽の河原みたい。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
動物らしきものが、ゴチャゴチャと描かれた壁画。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
この人、何してるんでしょう?

ヴァンジ彫刻庭園美術館
フリ◯ンのドン・コルレオーネ?

ヴァンジ彫刻庭園美術館
秋バラが咲いてました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館
建物内部では、「生きとし生けるもの」と題する展覧会が開かれています。

ヴァンジ彫刻庭園美術館

ヴァンジ彫刻庭園美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



咲き誇る四季の花々を「クレマチスガーデン」で愛でるJR三島駅北口から送迎バスで約25分。ヴァンジ彫刻庭園美術館は、富士山南麓の高原リゾートを思わせる「クレマチスの丘」にあります。ここはスルガ銀行グループが運営するアートエリアで、同美術館のほかにも、ベルナール・ビュフェ美術館、井上靖文学館が点在しており、この秋には写真美術館がオープンする予定です。ヴァンジ庭園美術館のゲートをくぐり、アプローチの坂道を登...
アートと遊ぶ:ヴァンジ彫刻庭園美術館 (静岡県長泉町クレマチスの丘)




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 20:19:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
阪急うめだギャラリー その2
阪急うめだ本店9階にある、阪急うめだギャラリーの記事は以前にも書きました。
今回は、ホキ美術館名品展が今月23日より行われているので、ご紹介したいと思います。

阪急うめだギャラリー
実はワタクシ、以前よりホキ美術館にずっと行きたいと考えていました。
写真と見間違うくらいリアルに描かれた油彩の数々を、この目で直に見てみたかったのです。
しかし場所が千葉なので、さすがにおいそれとは行けません。
そのうち行ければ良いのになーと、漠然と考えていたところ、向こうから作品がやってきました。
これはラッキー!

例えば、生島浩の人物画ですが、少し離れて見ると、まさに写真のような感じです。
次に、画面に近づいてみると、あら不思議、けっこう荒い感じもします。
確かに油彩のタッチがわかります。
でも髪の毛などは、非常に細かく書き込まれています。

他にも風景画や静物画など、どの作家のものも、見飽きないくらい丁寧に描かれています。
ワタクシ、ますます千葉まで行ってみたくなりました。
もっともっと多くの写実絵画を、本場でじっくり鑑賞したいものです。

本展の会期はあと少しなので、興味のある方はお見逃しのなきように。

えーっとそれから、ワタクシ、池永康晟氏の日本画も大好きです。
ちょっと関係なかったですね…



阪急うめだギャラリー
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



ホキ美術館 - Himagine(暇人) K の ナッシング・トゥ・ルーズ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 21:24:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
静岡県立美術館
九州レポートはいったんお休みして、本日からは静岡のミュージアム紹介に移ります。

静岡県立美術館
一発目は、静岡県立美術館です。
静岡市の日本平近くに立地しています。

静岡県立美術館
現在、「再発見!ニッポンの立体 生人形からフィギュアまで」が開催中です。
縄文時代のものから、現代のフィギュアまで、さまざまな立体造形が展示されています。
いわゆる、美術の範疇から外れたものですが、芸術性は十分感じられるものばかりです。
なかでもワタクシが気に入ったのが、荒井良作品の「Emergence」です。
肌を透ける静脈まで、見事に描かれています。
ワタクシ、造形の見事さに、見とれてしまいました。←決してイヤラシイ意味ではありません。
てっきり樹脂製かと思ったのですが、紙製の張り子ということで、余計驚きました。

今回の出品作にはありませんが、ワタクシ実は気になる作家がいます。
リンク先にもありますが、アイアン澤田氏です。
彼の作品も、ぜひとも飾ってほしかったです。

静岡県立美術館
美術館には、ロダン館が併設されています。

静岡県立美術館
ロダンの作品をすぐ近くで見ることができ、撮影もOKです。

静岡県立美術館
地獄の門もあります。

ここでワタクシ、ふと不思議に思いました。
「ロダンの彫刻って、何で、あちこちにあるんだろう?」って。
たとえば、「考える人」は、京都国立博物館の噴水の前にもあります。
世界中に同じものが数十体もあるそうです。
「これって、パチモンちゃうん?」と、脳裏をよぎりました。
でも、地獄の門の制作過程が別室で説明されていて、納得しました。
これらの彫刻は、原型を元に鋳造された作品ということで、全く同じものなので、本物ということだそうです。
そう考えれば、版画と同じ理屈ですね。

ところで、ルーブル彫刻美術館の場合は、どうなんでしょうか?



静岡県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



9月8日の取材から静岡県立美術館は、常設展示として有名な「ロダン展」を開催しています。では、入って見ましょう。おぉ〜 いっぱいいますねぇ〜こういうの、何て言うのでしょうか!?彫刻?ここは、1994年の新館オープンとしてロダン作品32体の彫刻を展示しています。ところで、奥に考え込んでいる人見えますねぇ〜彼がそうなんでしょうか??いましたよぉ〜なんでも、オリジナルも含めてレプリカが50数体もあるとか・・・だか...
静岡県立美術館 ロダン展




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 17:45:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
北九州市立いのちのたび博物館
北九州市立いのちのたび博物館
九州のミュージアム巡りで一番の楽しみだったのが、ここ、北九州市立いのちのたび博物館です。
ミュージアム紹介の本でもよく採り上げられてたので、ワタクシ、ぜひ行きたいと考えていました。

北九州市立いのちのたび博物館
特別展として、「関門幕末維新伝」というのをやっていたので、ついでにのぞいてみることにしました。
小倉藩を中心とした、幕末の歴史を展示で振り返る展覧会ですが、イマイチ面白くなく外してしまいました。
しかたないので、常設展に期待しましょう。

北九州市立いのちのたび博物館
常設展会場がこちらです。
ドーンと奥まで化石が並んでいます。
そのスケールのでっかいこと。
ワタクシ、圧倒されました。

北九州市立いのちのたび博物館
大好きな恐竜化石がいっぱいです。

北九州市立いのちのたび博物館
恐竜以外にも、現代の生き物の骨格標本も複数展示されています。

北九州市立いのちのたび博物館
もちろん、魚類や鳥類なども展示されています。

北九州市立いのちのたび博物館
面白いのが、エンバイラマ館です。
機械じかけで、マメンチサウルスが動きます。
結構リアルな動きで、本物の恐竜がいるようです。

北九州市立いのちのたび博物館
赤ちゃん恐竜

北九州市立いのちのたび博物館
この博物館の面白いところは、自然史だけではなく、歴史も同時に学べることです。
相反するような気もしますが、あれこれ一度に見られるので、お得感満載です。

北九州市立いのちのたび博物館
定番のレトロコーナー

北九州市立いのちのたび博物館
同じ住まいでも、こっちはちょっとレトロ過ぎます。

北九州市立いのちのたび博物館
恐竜と、こんなのが同居してる博物館です。

北九州市立いのちのたび博物館
ビルの上には、昔の家まで建っています。

北九州市立いのちのたび博物館
見応えたっぷりの博物館で、オススメです。



北九州市立いのちのたび博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



今日は朝からお茶の八女に見回りに行き、伊藤園のお〜いお茶を飲みながら北九州自然史博物館の見回りに行って来ました♡(因に濃い茶しか飲まないオヤジです。)見回りは水槽だけで良いのですが、昨日からの虫の知らせで虫を見なさいとのお告げが有り♡のんびりとお告げ通りにちゃっかりと念入りに見回り致しました♡仕事は適度に♡お茶の生産量日本一を誇る言わずと知れたとっても素朴な町♡八女はよかとこです♡今から秋に向けて八女も...
♡いのちの旅博物館♡




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 23:07:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)
今朝の地震は、ちょっとビビりました。
東日本大震災の再来かと不安でいっぱいですが、このまま収まってくれたらなと、思います。
ということで、気分を変えて本日のレポートです。

関門海峡ミュージアム
門司港レトロ地区の外れの方に、関門海峡ミュージアムがあります。
別名、海峡ドラマシップともいい、関門海峡や門司港の歴史や航海のお勉強ができます。

関門海峡ミュージアム
最初に目にするのが、2階の海峡アトリウムです。
楕円形の吹き抜け空間の中央に、巨大な玉と円筒形のスクリーンが天井から降りてきます。
スクリーンには、関門海峡の歴史イメージが映し出されます。

続いて、建物の内周に沿って通路を進んでいくと、3階の海峡歴史回廊に入ります。
壇ノ浦の合戦や、武蔵・小次郎の巌流島の決闘など、この地にまつわる歴史のシーンが、人形で再現されています。
といってもチャチな展示ではなく、なかなか凝った見ごたえのあるものです。
撮影不可だったので、画像で紹介できないのが残念です。

関門海峡ミュージアム
4階に上がると、目の前に関門海峡が広がります。
この日は、MBSのクルーズ船がちょうど門司港に寄港したところでした。
この後、屋久島までクルーズするとか。

関門海峡ミュージアム
同じ階には、船や海峡に関するクイズコーナーとか、ちょっとした展示スペースがあります。
海峡クイズはマニアック過ぎて、ぜんぜんわからんがな。

関門海峡ミュージアム
5階から門司港を眺めています。
快晴で、関門橋がきれいに見えています。

関門海峡ミュージアム
1階2階には、昔の門司の町並みを再現してあります。

関門海峡ミュージアム
なかなかレトロチックな佇まいです。

と、ここでワタクシ、大切なことを忘れていました。
例のあの人形です。
門司港に何の関係があるのかが、ここに来てわかりました。

関門海峡ミュージアム
実は門司港は、バナナの叩き売りの発祥地だったそうです。
九州の玄関口である門司港に陸揚げされたバナナのうち、傷んだものや熟成が進み過ぎたものを、廃棄せずに少しでも売り切ってしまおうと始められたのが叩き売りで、その後、啖呵売のスタイルが全国に広がっていったそうです。
それであの、バナナのコスプレのオッサンたちが立っていたわけです。

関門海峡ミュージアム
バナナ姫ルナ

関門海峡ミュージアム
霧笛ではなく、バナナが呼んでいるですって。
そんなアホな。

関門海峡ミュージアム
興味のある向きは、ここでお勉強して下さい。



関門海峡ミュージアム
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



GWに 突入しましたが 相変わらずノープランの 隊長です ほとんど仕事ってのもあり 人出もハンパないのでGWは ノープランです 昨日の 4/29は自分も休み~の 天気も良かったので 「運動公園でも行こうかな!?」と思ってたのですが 学校から貰って来たのか 関門海峡ミュージアムの広告を 発見! 関門海峡ミュージアムは 行った事はあるのですが 無料ゾーンのみです ちょうどフィギュアで 有名な海洋堂の展示をしているのと ...
門司にある関門海峡ミュージアムに 出動




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 16:11:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
九州鉄道記念館
ブログのデザインを変えたばっかりですが、なんかしっくりこないので、また元に戻しました。←ハッキリせえちゅーねん。

九州鉄道記念館
九州の鉄道のお勉強ができるのが、九州鉄道記念館です。
場所は、門司港レトロ地区にあります。

九州鉄道記念館
建物内部は、京都鉄道博物館をコンパクトにしたような感じです。

九州鉄道記念館
色々珍しそうなものがありましたが、ワタクシ、鉄オタではないので、価値のほどはわかりかねます。

九州鉄道記念館
定番のジオラマ風景のコーナーです。
ここのはコンパクトサイズです。

九州鉄道記念館
いつの時代の駅の風景でしょうか?

九州鉄道記念館
続いて、屋外展示を見ていきます。
SLを筆頭に、年季の入った車両が色々ありました。

九州鉄道記念館
前が丸いのなんてあったんですね。

九州鉄道記念館
これなんかも、古そうな感じです。

九州鉄道記念館
板張りの床ですよ。

九州鉄道記念館
このあたりなら、なんか見覚えがあるような気がします。

九州鉄道記念館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



魚沼県産コシヒカリww(福岡のセブンイレブンにて)福岡市内観光も考えたけど、門司港へ行くことに。普通電車で門司港駅へ。JR九州もまだまだ国鉄型が現役なんだなぁ。「門司港レトロ」と銘打って街をあげてレトロを売りにしている。門司港駅にもレトロな設備が。昭和レトロじゃなく大正ロマン的な感じ?とりあえず腹ごしらえ。昼食は焼きカレー(o^^o)熱々でめちゃうまだったo(^▽^)oトロッコ列車潮風号に乗車。元は貨物線だった...
新婚旅行その5♡門司港レトロ




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 15:03:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミュージアム知覧
ミュージアム知覧
知覧特攻平和会館のすぐ横に、ミュージアム知覧があります。
ワタクシ、紹介するのをすっかり忘れてました。
知覧町の博物館といった感じですが、展示品がイマイチなのと、撮影不可なのが残念でした。

ミュージアム知覧
唯一、撮影可だったのが、このコーナーです。
レトロな暮らしを再現した展示ですが、この手のものはどこでもやってるので、今さら感ありありで、なんだかなーって感じです。

ミュージアム知覧
美術館・ギャラリー ブログランキングへ





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 06:42:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
福岡県立美術館
ブログ開始から2年以上経つので、デザインをちょっと変えてみました。
間違って違うブログに来ちゃったなんて、思わないでね。
ということで、本日は福岡市の福岡県立美術館のご紹介です。

福岡県立美術館
博多湾を望む那珂川沿いに立つミュージアムで、福岡アジア美術館が川向うにあったりします。

福岡県立美術館
ワタクシが訪れたときは、「九大百年 美術をめぐる物語」と題する展覧会が開かれていました。
九州大学にまつわる人物の肖像画や、美術作品が展示されているのですが、門外漢のワタクシにとって、まったく面白くありません。
本当は、この後に行われた「ピーターラビット展」を観に行くつもりだったのですが、日にちを勘違いしてまだやってなかったんです。
せっかく来たんで代わりに入った展覧会でしたが、失敗でした。
まあ、こんなときもあるでしょう。
関係者の皆様、失礼なことを書いて申し訳ありません。
では!



福岡県立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 09:54:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ