■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

霧島アートの森
鹿児島県霧島市の山の中に、霧島アートの森はあります。
初めに、道中不案内の方向けにアドバイスすると、103号線を栗野岳温泉経由で来ると、めっちゃ難儀します。
「この先にホンマにミュージアムなんかあるんかいな?」と、不安になること間違いありません。
グネグネした細い山道を、かなりの距離登っていくことになります。
一応、道路は舗装されてますが、途中すれ違い不可の細い部分が何箇所もあります。
対向車が来たら、めげそうになることでしょう。

その逆に104号線経由で来ると、ウソのように快適な道があります。
さっきまでの苦労が信じられないくらいの走りやすさです。
思わず、柳生の里を訪れたときのことを思い出しました。
前フリが長くなりすぎたので、さっそくミュージアムの紹介を始めます。

霧島アートの森
ようやく入口までたどり着きました。
これは「シャングリラの華」という作品で、作者は誰かわかりますよね?
ヒントは、鹿児島市立美術館です。

霧島アートの森
建物が見えてきました。
あれはアートホールで、現在「宮島達男展」が開かれています。

霧島アートの森
ここにも、草間彌生作品がありました。

霧島アートの森
霧島アートの森は、広々としたエリアの中に、芝生の野外広場や樹林ゾーンがあります。
あちこちに現代アートのオブジェが配置されています。

霧島アートの森
ゆっくり散歩していると、開放的な気分になります。

霧島アートの森
これなんか、4mくらいある大きなものです。

霧島アートの森

霧島アートの森

霧島アートの森

霧島アートの森

霧島アートの森
樹林ゾーンには、やや小型の作品が置かれています。

霧島アートの森
ジャングルジム?

霧島アートの森
複数の作品が展示されてますが、わかりますか?

霧島アートの森

霧島アートの森

霧島アートの森

霧島アートの森
辺鄙な場所にあるミュージアムなので、気軽にお出かけというわけにもいきませんが、天気の良い日にのんびりハイキング気分で出かけてみるには良いところです。



霧島アートの森
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



初!九州上陸です。大阪から宮崎へ飛行機に乗り、あとはレンタカーのプランです。さて、宮崎市から高速に乗って山をぐるっと回って霧島へやって来ました。お天気がよくて、12月だというのにあったかい。 山の中でも、コートがいらない温かさでした。まずは霧島アートの森に到着です。入口には、一目で草間弥生さんの作品だ!と分かる花のオブジェ。見る角度によって男の人に見えたり、女の人に見えたりする巨大なヒトオブジェ。 こ...
鹿児島温泉旅その1 ~霧島散策~ *鹿児島県・宮崎県*




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 11:22:48 | トラックバック(0) | コメント(4)
九州国立博物館 その2
九州国立博物館
九州国立博物館には、今年の初めにも行きましたが、ワタクシ再び出かけてきました。

九州国立博物館
今回のお目当ては、鳥獣戯画です。
実はおととし、京都国立博物館でも同展覧会が開催されたのですが、入場に2時間待ちということで断念したことがあります。
今回タイミングよく九州で開かれていたので、観に行くことにしました。

九州国立博物館
平日ということで、館内はそれほど人がいません。
会場入口も、ひっそりとしたものです。
これならゆっくりと鑑賞できそうです。
期待に胸を膨らませ、中に入って驚きました。
人がびっしり列を作っています。
あちゃー、こんなに人気とは恐れ入りました。
人混みの隙間からチラ見するくらいしかできませんでしたが、動物の生き生きとした筆使いを楽しむことができました。



九州国立博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 13:00:14 | トラックバック(0) | コメント(4)
鹿児島県立博物館
鹿児島県立博物館
自然科学系の博物館である、鹿児島県立博物館に来てみました。
鹿児島市立美術館も、すぐ近くです。
ずいぶんくたびれた外観ですが、内部もそこそこくたびれてました。
その代わりと言っちゃなんですが、入場無料です。

鹿児島県立博物館
鹿児島といえば、やはり桜島です。

鹿児島県立博物館
人間の背丈ほどもある軽石です。
こんなのが噴火で飛んできたそうです。

鹿児島県立博物館
海の生き物の紹介コーナー。

鹿児島県立博物館
とーれとれピーチピチかに料理ー←ちゃうちゅーの

鹿児島県立博物館
小学生の団体と一緒になりました。
できるだけ写り込まないようにしましたが、あっちにもこっちにもいるので、往生しまっせ。

鹿児島県立博物館
鹿児島といえば、黒豚ですね。

鹿児島県立博物館
3D劇場では、珍しい昆虫の映像が見られます。
立体メガネをかけて見るのですが、ぜんぜん立体に見えません。
なんでだろ?

ここ本館以外に、別館にはプラネタリウムと恐竜化石の陳列があるのですが、時間が足りずに見に行くことができませんでした。
残念。

鹿児島県立博物館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



みやっちの今日を振り返って 鹿児島県立博物館 かごしま化石発見伝




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

博物館 | 22:24:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
鹿児島市立美術館
鹿児島市立美術館
本日ご紹介するのは、鹿児島市立美術館です。
県立ではなく市立なので、あまり大したことはないかと考えていましたが、実際に訪れてみるとなかなか立派な建物で、圧倒されます。
ちなみに鹿児島には、県立博物館はあっても、県立美術館はないようです。
博物館は次回にでもレポートします。

鹿児島市立美術館
現在、「松本市美術館名品展」が開かれています。
鹿児島市と長野県松本市は文化・観光交流協定を結んでいて、松本市美術館のコレクションを鹿児島で公開するという展覧会です。
わざわざ鹿児島まで来て、長野県の展覧会を観るというのも変な感じですが、せっかくですから入ってみました。

鹿児島市立美術館
松本ゆかりの作家の作品の中で、一番ボリュームが有ったのが草間彌生の作品です。
80歳を過ぎてようやく売れるようになってきたという彼女の作品は、年齢を感じさせないポップなものばかりです。
なんか目がチカチカするような水玉や、毛とか何かよくわからない物が入った箱が積み重ねられたりとか、ぶっ飛んだ作品ばかりです。

鹿児島市立美術館
美術館のすぐ近くには、地元薩摩の英雄、西郷隆盛の銅像があります。
西南戦争に破れ、自刃した城山の地に建てられています。
像は、鹿児島市出身の彫刻家・安藤照の作です。
渋谷の初代「忠犬ハチ公」像も彼の作で、戦時中に供出されたものの、現在、鹿児島市立美術館に飾られています。



鹿児島市立美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ





テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 18:35:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
九州ふっこう割
ブログの更新がストップして、気がつけば2ヶ月になりました。
ブログ休止中もミュージアムはコンスタントに訪れていたのですが、同じところばかり紹介してもつまらないので、ツイッターでつぶやく程度に留めていました。
今回、久しぶりに遠出したので、新しいミュージアムの紹介をしたいと思います。
その前に、旅行のいきさつから始めます。

九州ふっこう割
熊本の地震から半年が経ちました。
徐々に復興は進んでいるようですが、様々な面でダメージは残っています。
特に経済、とりわけ観光面のダメージは大きなものがあります。
落ち着きつつあるとはいえ、未だに熊本では小さな地震が続き、最近では阿蘇の小規模噴火もありました。
自然災害のことを考えると、どうしても旅行は二の足を踏んでしまいます。
ですが、実際に九州に行ってみると、今年始めに行ったときと何ら変わりがなく、楽しい旅ができました。

九州ふっこう割
今回は九州限定の、「九州ふっこう割」を利用して、数泊することができました。
8000円から1万円引きで宿泊できたので、お得感もかなりのものです。
前回同様、九州観光周遊ドライブパスも併用して、鹿児島から宮崎、大分、福岡と車で移動しました。

九州ふっこう割
大阪南港から、鹿児島県志布志行きのフェリーに乗ります。
今回も「さんふらわあ」です。

九州ふっこう割
一晩寝て、目が覚めたら九州です。
鹿児島の景色が見えてきました。

九州ふっこう割
薩摩富士とも呼ばれる、薩摩半島の開聞岳です。
稜線が見事ですね。

九州ふっこう割
1日目は指宿に泊まりました。
ホテルの窓からは、鹿児島湾が望めます。

九州ふっこう割
2泊目は、大分県の由布院です。
目の前の由布岳が雲に覆われています。
鹿児島から大分まで半日で移動したので、かなりの強行軍でした。

九州ふっこう割
3泊目は、北九州市です。
ホテルの窓から、スペースワールドが見下ろせます。
最終日には、門司や下関を訪れました。

九州ふっこう割
帰りの船は、新門司港発の名門大洋フェリーを利用しました。
行きのさんふらわあはオンボロ船でしたが、こちらのシティラインは新しい船で、とても快適でした。
しかも運賃が17000円くらい安いです。
九州行きは、名門大洋フェリーがオススメです。

九州ふっこう割
船に朝が訪れました。
今は淡路島の近くでしょうか?
デッキは風が強くて、華奢なワタクシなど吹き飛ばされそうです。←ホンマカイナ?

九州ふっこう割
真っ青な空を背景に、明石海峡大橋が見えます。
大阪まで、あと少しです。

ざっと、旅行の流れを風景とともに振り返ってみました。
幸い、地震や火山灰の被害もなく、天気にも恵まれた快適な旅でした。
ミュージアム・レポートは後日アップしますので、またご覧ください。



九州ふっこう割
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



すでに TVなどでご存知の方も 多いと思いますが 震災復興の為の 観光支援として 九州ふっこう割 が 明日7/1{金}から発売されます まずは 夏休み期間(7月~9月)に宿泊される方を対象に 旅行会社から 旅行プランが発売されますね 旅行代金の50%から 最大70%の割引があり 特に夏休みを どこに行くか迷ってる方には いいニュースです さて やはりと言いますが ルールがあります 九州ふっこう割の 対象となる旅行...
いよいよ明日 九州ふっこう割 7月1日スタート!



テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

その他 | 09:45:50 | トラックバック(0) | コメント(0)