■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング

■PR

■Twitter

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

相国寺承天閣美術館
相国寺承天閣美術館
京都の相国寺を、ワタクシ訪れてみました。

相国寺承天閣美術館
ここには承天閣美術館があり、伊藤若冲の障壁画を始め、金閣寺や銀閣寺などの山外塔頭の美術品が収められています。
お寺のイメージとは大きく異なり、内部はガラスが多用されたオシャレなミュージアムです。

相国寺承天閣美術館
現在は「いのち賛歌 森田りえ子 展」が開催中です。
繊細な花鳥画も素敵ですが、日本画をポップに味付けしたようなKAWII GITAIシリーズが、面白いです。

相国寺承天閣美術館
秋だと、また境内の趣が違うでしょうね。

相国寺承天閣美術館

相国寺承天閣美術館
庫裡

相国寺承天閣美術館
鐘楼

相国寺承天閣美術館
法堂

相国寺承天閣美術館
宝塔



相国寺承天閣美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



京都市上京区の相国寺の続きです。方丈の東隣にある庫裏です。1807年建築です。庫裏に向かって右手に承天閣(じょうてんかく)美術館の入口があります。承天閣美術館への道です。承天閣美術館は1984年建設で、相国寺や鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)など塔頭に伝わる美術品など国宝5点・重要文化財44点などを収蔵・展示しています。承天閣美術館の入口を入ると右手に見える開山堂の祀堂(しどう)背面です。開山堂は1807年建...
相国寺(しょうこくじ)その3



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 07:41:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
養老天命反転地
養老天命反転地
ワタクシ、岐阜県養老町の「養老天命反転地」に来ております。
養老の滝伝説で知られる養老町です。
居酒屋の話じゃないですよ。

ここは噂によると、日本一危険な公園とのことです。
たかが公園ですよ。
危険だなんてそんなアホなーと、ツッコミの一つもかましたい気分です。

養老天命反転地
とにかくここは、規模のデカさと訳のわからなさで圧倒されます。
現代アート作家の荒川修作とマドリン・ギンズのカップルのアイディアを形にしたものが、養老天命反転地です。
荒川修作とマドリン・ギンズといえば、奈義町現代美術館の「太陽」も彼らの作品です。

養老天命反転地
丘の斜面にそって、奇妙な建物が点在していますね。
平らなところはほんの少しで、地面がやたら凸凹しています。
手すりなんかもほとんどないので、歩く際はコース取りを慎重に行わないと、確実にヤバイです。

養老天命反転地
足場が非常に不安定な上に、かなりの高さなので、足を踏み外したら大怪我必至です。
日本一危険な公園というのも、あながちウソではありません。
ミュージアムショップでは、希望者に運動靴とヘルメットの貸出もしているくらいです。

養老天命反転地
「養老天命反転地記念館」

養老天命反転地
内部はぐちゃぐちゃに仕切られていて、使い勝手は最悪です。

養老天命反転地
「極限で似るものの家」

養老天命反転地
こちらも中に入れますが、通路がどうつながってるかわからず、迷子になります。

養老天命反転地
「昆虫山脈」
上に上がれるようですが、岩に足を挟まれそうなので、ワタクシ嫌です。

養老天命反転地
「宿命の家」

養老天命反転地
床下には、流し台やテーブルが埋め込まれています。
家賃がタダでも、こんな家には住みたくないです。

養老天命反転地
「精緻の棟」
斜面に乗っかる、命知らずのバカップルがいました。

養老天命反転地
「不死門」
死にそうにヤバイ所ばかりなのに、嫌味ですか?

養老天命反転地
瓦の上はさすがに歩けません。

養老天命反転地
「死なないための道」
めちゃくちゃ高くて、足がすくみそうです。
白い部分は危険だから歩くなって書いてあります。
頼まれても行かんがな。

養老天命反転地
自転車で下ると気持ちよさそうな斜面です。
ただし命の保証はありません。

養老天命反転地
小さい子供を連れてくると、大変なことになりそうな公園です。
家族で過ごす楽しい休日が、血の惨劇となるかも知れません。

養老天命反転地
眺めはいいけど、めちゃ怖い公園です。
羽目を外すと、帰りは松葉杖のお世話になるかも…

ちなみに、東京の三鷹天命反転住宅も荒川修作とマドリン・ギンズの作品です。
関東の方は岐阜県まで来なくても、この世界観が味わえるでしょう。



養老天命反転地
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



養老天命反転地 - やまぱんだの休日のぽぽぽ~ん



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
竹島ファンタジー館
まともな?レポートばかりだと、書いててあまり面白くありません。
ワタクシもたまには、思いっきり弾けた報告がしたくなってきます。
ということで、本日は「竹島ファンタジー館」のレポートをお届けします。

竹島ファンタジー館
竹島というのは、愛知県蒲郡市の島の名前です。
島が丸ごと天然記念物に指定されています。
島には八百富神社があり、縁結びに御利益があるそうです。

竹島ファンタジー館は、ここから歩いて少しのところです。

竹島ファンタジー館
この外観、なんか怪しげですね。
ファンタジーなんて名前から、ひょっとすると秘宝館のたぐいかもしれません。
ことによると、この記事は18禁になるのでしょうか?

竹島ファンタジー館
種明かしをすると、ここは貝と石のテーマパークです。
「貝なんてべつに珍しくないじゃん!」なんて突っ込まれそうですが、文句は中を見てから言ってもらいやしょう。

竹島ファンタジー館
この色づかい、何だか思いっきり怪しそうです。
やっぱり18禁か?

竹島ファンタジー館
こっちもしっかりファンタジーしてますぜ、ダンナ。

竹島ファンタジー館
「おわかりいただけただろうか?」
これ、全部貝です。

竹島ファンタジー館
あっちも貝

竹島ファンタジー館
こっちも貝

竹島ファンタジー館
わー、貝だらけや。

竹島ファンタジー館
貝のトンネル

竹島ファンタジー館
思いっきりファンタジーしてまっせ。

竹島ファンタジー館
ピンクサロンみたいですが、いちおう浦島太郎です。

竹島ファンタジー館
龍も全部貝です。

とにかく館内中、ものすごい数の貝です。
全部で5500万個あるということですが、実数は多すぎてよくわからないそうです。

竹島ファンタジー館
こちらは珍しい石のコーナーです。
うんざりするぐらい貝を見たあとなので、ワタクシ呆然として何も考えられません。

竹島ファンタジー館
化石もあります。
でももう、貝はいらんちゅーねん。

ファンタジー館には、こんな曲はいかがでしょうか?


竹島ファンタジー館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



この度、竹島ファンタジー館が、リニュ-アルしました。見ごたえのある貝殻のオブジェが、来館者を夢の世界へといざなってくれます。...
竹島ファンタジー館



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

その他 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
京都大学百周年時計台記念館
京都大学百周年時計台記念館
京都大学総合博物館を見学した後に、同じ構内の百周年時計台記念館に行ってみました。

京都大学百周年時計台記念館
時計台は1925年生まれだそうで、まだ100歳ではありません。
百周年は大学のことでしょうか?

京都大学百周年時計台記念館
歴史展示室では、京都大学の沿革に触れることができます。

京都大学百周年時計台記念館
ミニチュア模型を見ると、大学というより、昔の工場街みたいな雰囲気です。

京都大学百周年時計台記念館
学生の下宿部屋を再現してあります。

京都大学百周年時計台記念館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



時計台のある外観で知られる旧京都帝国大学本館は、火災で焼失した先代建物に代わって、建築学科主任教授・武田五一の設計により大正14年(1925)に建てられた。現在は百周年時計台記念館として内部が公開されている。正門から望む旧本館。正門は明治26年(1893)に第三高等中学校(のちの第三高等学校、京大の前身のひとつ)の正門として建てられた。当初は御影石と赤煉瓦を組み合わせたものだったが、現本館竣工の際に煉瓦部...
第887回・旧京都帝国大学本館(京都大学百周年時計台記念館)



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 12:51:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
三木美術館
三木美術館
姫路駅から姫路城を目指す道沿いに、三木美術館があります。
ここは建設会社の美樹工業の私設ミュージアムで、このビルも同社の建築です。

三木美術館
観光客は姫路城を目指すようで、美術館に足を向けたのはワタクシだけでした。
知る人ぞ知るといった感じでしょうか。

三木美術館
内部はそれほど広くありませんが、3階と4階に洋画や日本画、それと陶芸作品が複数展示されてました。
入ってすぐのところに飾ってあった、東郷青児の大作がよかったです。

三木美術館
5階には茶室もあります。

三木美術館
茶室の隣の応接室からは、姫路城が見えます。
空調が効いて、なかなか快適でした。

三木美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



えび象 in 姫路!新幹線を姫路駅で下車するのは初めての体験です。仕事で来たのに、観光客さながら写真を撮ったりして 本日は姫路城を臨む三木美術館で打合せ。美術館で? と思いましたが、なんと、こちらの三木美術館は姫路が誇る「天空の白鷺」姫路城を臨める城下随一のベストスポット!三木美術館内にあるレストランMuseale Mia Albergo さんからの眺望。ステキです。惜しい事に、姫路城は2009年から2014年まで5年間に及ぶ大改...
Museale Mia Albergo さん



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
北村美術館
北村美術館
京阪・出町柳駅から鴨川を超えたすぐの場所に、北村美術館があります。
茶道具を中心とした展示で、春と秋に開館します。
展示スペースの関係で、作品はそんなに多くありませんでした。

北村美術館
窓から見下ろしてるのは、四君子苑です。
茶室や石灯籠が見ものです。
春と秋のごく短い期間だけ、一般公開されます。

北村美術館
無料駐車場もありましたが、屋根があまり高くないのでミニバンだと入れないかもしれません。

北村美術館
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



京都河原町今出川の北村美術館。茶道具の収蔵で有名であることはかねてから知っていましたが、なかなか遠い存在でした。秋の特別展示の期間が来たので、今回は雨のなかでしたが、足を運びました。私が吉野に住んでいるという縁も感じて、です。創設者の北村謹次郎は、吉野で日本の山林王と言われたという北村又左衛門の次男。謹次郎は兄が経営する北村林業に勤め、茶人・数寄者としても名を馳せた人。今回は特に、庭がどんな材料で...
北村美術館 四君子苑



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
ガーデンミュージアム比叡
ガーデンミュージアム比叡
大塚国際美術館京都府立陶板名画の庭など、陶板に絵画を焼き付け展示するミュージアムを過去に紹介してきましたが、ここ、ガーデンミュージアム比叡でも、同じく陶板名画が鑑賞できます。
場所は、京都の比叡山頂です。

ガーデンミュージアム比叡
園内は、春の花でいっぱいでした。

ガーデンミュージアム比叡
印象派の絵が、あちこちに飾られています。
ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ガーデンミュージアム比叡
チューリップも見頃です。

ガーデンミュージアム比叡
モネの睡蓮の池が再現されてます。
遠くに見えるのは展望台です。

ガーデンミュージアム比叡
「睡蓮の池 バラ色のハーモニー」
モネが、ひょっこり現れそうな気がしませんか?

ガーデンミュージアム比叡

ガーデンミュージアム比叡
ミュージアムショップ内の映像コーナーでは、モネロボットが印象派の説明などしてくれます。

ガーデンミュージアム比叡
「ジヴェルニーのモネの庭」
山頂なので少し肌寒かったですが、絵と花に囲まれた庭は、山の上とは思えないような雰囲気です。

ガーデンミュージアム比叡

ガーデンミュージアム比叡
セザンヌの「サント・ヴィクトワール山」と、ゴッホの「ラ・クローの収穫」
本当ならバックには琵琶湖が見下ろせるのですが、あいにく霧で何も見えません。

ガーデンミュージアム比叡
展望台は、そうとうくたびれた外観です。

ガーデンミュージアム比叡
せっかく上がってきたのに、外が真っ白で景色が見えません。
うーん、残念。

ガーデンミュージアム比叡



ガーデンミュージアム比叡
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



ガーデンミュージアム比叡 | ルミネの日記



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
朝日友の会(アサヒメイト)
朝日友の会(アサヒメイト)
ミュージアムをあちこち訪れていると、ばかにならないのが入場料です。
特別展ともなると、1500円以上するものも少なくありません。
3軒もハシゴをすると、それだけで結構な出費です。
どうせミュージアム巡りをするのなら、少しでも安く抑えたいところです。←大阪人の性ですな。
そこでオススメするのが、朝日友の会(アサヒメイト)です。

ひとことで言うと朝日新聞系のサービスで、各種展覧会が無料や割引になります。
最近訪れた、国立国際美術館龍谷ミュージアム大丸ミュージアム〈梅田〉美術館「えき」KYOTO大阪高島屋7階グランドホール阪急うめだギャラリー など、すべての展覧会が無料でした。
デパートの展覧会は、ミュージアムと言ってよいか微妙な感じがしないでもないですが…

それはともかく、当日の一般料金を全部合わすと5000円を超えてしまいます。
年会費は1680円なので、だいたい2回以上使えばすぐに元がとれてしまいます。
会員になれば、年間40回の各種展覧会が入場無料になるということですが、ミュージアムの窓口では会員証の有効期限を確認するのみで、今までに何回利用したのかまではチェックしていないようでした。

ミュージアムの利用以外にも、コンサートや各種提携施設の割引も受けられるので、お出かけ大好きという方にとってはもってこいのサービスです。
新聞社の系列なので新聞勧誘が気になるところですが、営業マンが訪ねてくるといったことはありません。
また、会員になるのに朝日新聞を購読する必要もありません。

なお、今回紹介したものは主に関西限定のサービスなので、関東の場合だと、読売新聞のYFC(読売ファミリー・サークル)がよいと思います。
それと北海道限定ですが、毎日新聞の毎日フレンドというのもあります。

朝日友の会(アサヒメイト)
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



京博からバスで京都駅へ出た。わたしは朝日友の会のおかげで、選択された展覧会を年40回見ることが出来る。『ミュシャ』 七月に見てからほぼ三ヵ月後に再会するミュシャ。ほとんどの作品は見ていたが、装飾資料集という作品集は覚えていなかった。アールヌーヴォーのお手本。しかし全く知らないと言うのではない。調べると、’90年に難波の高島屋での展覧会で見ていた。ここにあるのはその一部。ミュシャが先生でもあったことがわ...
ミュシャ展の中で



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

チケット | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
姫路市立動物園
姫路市立動物園
姫路市立動物園は、姫路城の敷地内にあります。
城の付帯施設で、どうせ大したことがないだろうと、ワタクシ舐めてましたが、実際に行ってみて考えが変わりました。
入場料こそ大人200円と激安ですが、飼育されている動物はふつうの動物園と変わりません。

姫路市立動物園
カンガルー

姫路市立動物園
ホッキョクグマ

姫路市立動物園
カピバラ

姫路市立動物園
キリン

姫路市立動物園
オタリア

姫路市立動物園
タンチョウヅル

姫路市立動物園
ヤマアラシ

姫路市立動物園
ゾウ

姫路市立動物園
ペンギン

姫路市立動物園
ライオン

姫路市立動物園
ヒグマ

姫路市立動物園
他にもサルや爬虫類など、動物園ならいて当然といった顔ぶればかりです。
もちろんカバもいました。

姫路市立動物園
動物ばかりではなく、乗り物もあります。
お城をバックに、レトロなモノレールです。

他には、お化け屋敷みたいなものもありました。
しっかりエンタテインメントの王道をわきまえています。

姫路市立動物園
お城見物もいいですが、家族でのんびり動物とたわむれるのも楽しいですよ。

姫路市立動物園
昔のコたちが剥製になってます。



姫路市立動物園
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



姫路城の敷地内にある姫路市立の動物園です。入場料は大人200円、子どもが破格の30円です。(2008年当時)最近、休園になった姫路市立水族館と同じ値段です。今時この値段は無えだろっ!って感じでお財布にやさしいです。特に珍しい動物は居ませんがゾウ、キリン、ライオン、カバなどが定番の動物が揃ってます。ふれあいひろばです。アヒルやブタやヒツジがいます。ゾウの姫子です。姫子はこの位置が好きなようです。過去3回の写真...
姫路市 姫路市立動物園



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

動・植物園 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
阪急うめだギャラリー
阪急うめだギャラリー
ワタクシ、ジブリのアニメはほとんど観てますが、アニメーターの近藤喜文の名前は知りませんでした。
「火垂るの墓」や「おもひでぽろぽろ」のキャラクターデザインや「耳をすませば」の監督など、ここ、阪急うめだギャラリーで開かれた「近藤喜文展」を観て、彼のことを初めて知りました。
ジブリといえば、宮崎駿や高畑勲のイメージしかなかったですから…

1998年、47歳で早逝した近藤の、原画やスケッチが数百点も展示されてます。
この日は休日だったせいか見学者も多くて、じっくり観てまわるといったわけにはいきませんでした。
列に並んでゆっくり観てると、全部観終わるまで何時間かかるかわかりません。
残念ですが、自分の興味のあるところだけつまみ食いするように観ていくしかありません。
「火垂るの墓」のスケッチのコーナーでは、やぶれ傘をさした兄弟の絵が展示されていて、しみじみ内容を思い出したりしました。
あんなに泣かせるアニメは少ないです。
観るたびワタクシ号泣してしまいます。

展示作品は撮影禁止で、「耳をすませば」の電車内のシーンを模したセットのみ撮影可能でした。
でも、おおぜい順番待ちしてたので、ワタクシ諦めざるを得ませんでした。
というわけで、画像は入口の1枚のみです。
悪しからず。



阪急うめだギャラリー
美術館・ギャラリー ブログランキングへ



近藤 喜文1950年、新潟県五泉市生まれ。新潟県立村松高校卒業後、Aプロダクションに入社。アニメーターとして「巨人の星」「ルパン三世」「ど根性ガエル」「パンダコパンダ」などで活躍。 「未来少年コナン」を経て、78年、日本アニメーションに入社。1979年放映の「赤毛のアン」(演出:高畑勲)でキャラクターデザイン、作画監督に抜擢される。1980年、テレコム・アニメーション・フィルムに入社。「名探偵ホームズ」の後、日米...
近藤喜文展



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ