■自己紹介

みゅー

Author:みゅー
日本酒好きの大阪のオッサン

■ブログランキング
■PR

■Twitter

■カテゴリ

■全記事表示リンク
■最新コメント
■リンク
■-

耕三寺博物館
耕三寺博物館
平山郁夫美術館のすぐそばに、耕三寺博物館があります。
ここは大阪の元実業家・耕三寺耕三が、母の供養のために建てたお寺で、境内一帯が博物館として公開されています。

中でも目を引くのが、数々の建物です。
思いっきりデジャヴ感を味わえますよ。
山門からして、京都のアレ風です。

耕三寺博物館
山門をくぐると見えてくるのが、五重塔です。
奈良で見たことがあるような、ないような…

耕三寺博物館
鉢植えのハスが、やたらたくさんあります。

耕三寺博物館
正面に見えてきたこの門は、孝養門です。
確か、日光で見たような…

耕三寺博物館
びっしりと施された彫物が圧巻です。

耕三寺博物館
本殿です。
思わずワタクシ、10円玉の裏側と見比べてしまいました。

耕三寺博物館
救世観音大尊像です。
巨像のあるところは、なぜか見どころが多いので、楽しみです。

耕三寺博物館
未来心の丘には、ぶったまげますよ。

耕三寺博物館
とにかく、丘全部が大理石でできてます。
安物のテーマパークなら、コンクリートに白いペンキを塗って、なんちゃって大理石でしょうが、ここは全部本物です。

耕三寺博物館
全部で3000トンの大理石を使ってるとか。
青い空に白い景色が、まるでエーゲ海を思わせます。←テキトーなこと、ほざいてますな。

耕三寺博物館
サイレントヒルに出てきそうなのが、いてました。

耕三寺博物館
耕三寺の道向かいには、金剛館があります。
美術品を展示するスペースで、百鬼夜行の絵画展が開かれてました。

耕三寺博物館
門の上には、鳳凰が載ってます。

耕三寺博物館
潮聲閣は、耕三が母のために建てた邸宅で、洋風の外観に和風の書院造を融合させた建物です。

この他にも、ユニークな建物が複数あります。
時間に余裕がなくて、すべて回りきれなかったのが悔やまれます。
中でも千仏洞地獄峡は、後になって気づいたのですが、ここを見そこねたのは痛恨の極みです。
面白そうだったのになぁ…



耕三寺博物館
近畿ランキングに



呉市の大和ミュージアムを出て、高速に乗り、広島を通過して、”しまなみ海道”へ。8人が一つの車にのり、昨日から広島・山口を走り回っている。ずっと運転をしてくれてる和菓子屋の若旦那に頭が下がる。彼は今回の視察旅行の感じで、旅の手配からなにからやってくれている。もちろん、車の運転も全て。ありがたいね。  途中、サービスエリアに立ち寄り、休憩を挟みながら次の目的地の耕三寺に向かってる。そろそろ”しまなみ海道”...
広島・山口 しまなみ海道・耕三寺



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
おのみち映画資料館
おのみち映画資料館
尾道といえば、なぜか映画が思い浮かぶワタクシです。
本日は、おのみち映画資料館に来てみました。

おのみち映画資料館
建物の前には、映写機が設置されてます。

おのみち映画資料館
尾道を舞台にした映画はいろいろありますが、中でも、地元出身の大林宣彦監督の尾道三部作が有名ですね。
残念ながら、おのみち映画資料館ではこれらの作品は紹介されてませんが、小津安二郎の「東京物語」や新藤兼人の作品が多く紹介されてました。
「東京物語」は、尾道に暮らす老夫婦が、東京に住む子どもたちを訪ねるというお話です。
家族とは何かを、淡々とした語り口で描いています。

おのみち映画資料館
「東京物語」のサワリなどが、ここのシアターで上映されてます。

おのみち映画資料館
映画に関する資料がいろいろ展示してありますが、期待したほどではありませんでした。

おのみち映画資料館
規模が小さいので無理もないともいえますが、ここを目的に訪ねて行くとガッカリすること必定です。

おのみち映画資料館
古いポスターでも眺めて、遠い過去に思いを馳せるというのも一興です。
ちなみにワタクシ、どの作品も未見のものばかりです。
ここまでオッサンじゃないですって。

おのみち映画資料館
「崖の上のポニョ」の舞台となった、鞆の浦行きの船が出てるんですね。



おのみち映画資料館
近畿ランキングに



翌朝、尾道ICから程近い場所にある 養老温泉へレトロな建物が穴場的な雰囲気で良いですね~ここはラドン放射能冷鉱泉です。お風呂は大人500円。結構体も温まり ほっこりできました。画像がないのは残念ですが(汗)さて、ここからじっくりと尾道を歩きます。以前、母親と訪れたことがあったけど 母親は車の中で待ってるからと言うので一人で散策したけど 待ってると思ったら落ち着かず(苦笑)結局、少しみただけでとんぼ...
広島ぐるっと旅4



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
平山郁夫美術館
平山郁夫美術館
シルクロードの絵で知られる平山郁夫は、現在の尾道市(生口島)の出身です。
彼の作品は滋賀県の佐川美術館でも鑑賞できますが、やはり生まれ故郷ということもあり、子供時代からの作品が展示されてました。
よく残ってたものだと、感心します。

場所は非常にローカルなところですが、規模も大きく充実した美術館です。

平山郁夫美術館
美術館といえば、コンクリート打ちっぱなしの「箱」みたいなのが少なくないですが、切妻の和風デザインは、見ていて心が和みます。

平山郁夫美術館
瀬戸内海の景色を模したという庭は、エントランスからガラス越しに眺められます。

瀬戸内海
平山少年も、日々こんな景色を眺めながら成長したんでしょうね。
画像は、生口島の近くの大崎上島から、東の方向を撮影しました。
日の出前の景色です。



平山郁夫美術館
近畿ランキングに



平山郁夫美術館旅の行程も色々終わりに近づいて来るがここまで来ると如何しても立ち寄りたい場所に平山郁夫美術館がある。広島県尾道市瀬戸田のお生まれと聞くから画伯の出身地 郷土の美術館である。午後から降り出した雨もそれ程大降りにもならず 一行バスプールの土産物店でお借りした傘を片手に見学である。10分ほど歩いたのであろうか 静かな佇まいの美術館である。和風の門をくぐり暫く路地を歩く事になるがこの雰囲気が...
平山郁夫美術館



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

美術館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
アレイからすこじま
アレイからすこじま
アレイからすこじまには、海上自衛隊の潜水艦桟橋があります。
ここでは、現役の潜水艦や艦艇を見ることができます。
場所は、大和ミュージアムから数キロのところです。

日曜だと、実際の艦船の中を見学できます。
あいにくこの日は月曜だったので、公園から見るだけでした。
それから、海側から艦船を見学するクルーズも複数あります。
ワタクシの行った時には、ちょうど台風と重なったので、クルーズは中止でした(泣)

アレイからすこじま
潜水艦発見!

アレイからすこじま
奥には、護衛艦が複数見えます。

アレイからすこじま
こちらは、音響測定艦の「はりま」です。
潜水艦の探知が、お仕事です。

アレイからすこじま
軍の魚雷の揚げ降ろしに使われたクレーンが、今も残されています。

アレイからすこじま
アレイからすこじまの由来が書かれています。
「からすこ島」じゃなくて、「烏小島」なんですね。

アレイからすこじま
クレーンが林立する港の様子。

アレイからすこじま
近畿ランキングに



呉探訪つづきです!海上自衛隊の艦艇が見えてきた(*´ω`*)ということで・・・やってきたアレイからすこじま!!ここでは海上自衛隊の艦艇や潜水艦を見ることが出来るまあ呉観光の名所ともいえるちなみにこの公園の名前を知った当初は「なんちゅう名前だ!?」と思ったもんだがアレイとは英語で「小道」といいここには昔、烏小島という周囲3~40m程度の小さな岩礁があったそこからアレイからすこじまという名になったようです大正...
呉探訪 vol.5 アレイからすこじま



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

公園 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)
海上自衛隊呉史料館
大和ミュージアムと道をはさんだ反対側に、海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)があります。
正面に見える全長76.2mの潜水艦「あきしお」はハリボテではなく、平成16年まで実際に任務についていた本物です。
まさに「鉄の鯨」ですね。

海上自衛隊呉史料館
2階には、機雷除去や掃海活動の展示コーナーがあります。

海上自衛隊呉史料館

海上自衛隊呉史料館
3階は、潜水艦に関するコーナーです。

海上自衛隊呉史料館
内部の様子が模型で説明されています。

海上自衛隊呉史料館
イスの下を食在庫にして、潜水艦の限られたスペースを有効に活用しています。

海上自衛隊呉史料館
巨大な外観からは想像がつかないくらい、居住スペースは狭いです。

海上自衛隊呉史料館
潜望鏡を覗くと、乗組員の気分になれます。

海上自衛隊呉史料館
潜水艦の食事は、けっこう豪華ですね。
外で食べるのと遜色ありません。

海上自衛隊呉史料館
ここからは「あきしお」の艦内です。

海上自衛隊呉史料館
計器がびっしり。
艦内の天井は低いので、気をつけないと頭をぶつけそうです。

海上自衛隊呉史料館
艦長室でも、この狭さです。

海上自衛隊呉史料館
乗組員のベッドは3段。
寝ぼけて起き上がると、頭を打ちます。

海上自衛隊呉史料館
食堂です。
小窓の向こうはキッチンです。
狭いながらも収納など、うまく工夫されてます。

実際の潜水艦内部は想像以上の狭さでした。
何日間も海に潜ったまま狭い艦内で過ごさなければならないと考えると、ワタクシ頭がどうかしてしまいそうです。
閉所恐怖症だと、耐えられないでしょうね。

1階のJMSDF CAFEでは、あきしおカレーが食べられます。
横を通ると、ルーのいい匂いがしてました。



海上自衛隊呉史料館
近畿ランキングに



大和ミュージアムを出て次に“てつのくじら館”へ向かうここには退官して陸揚げされた潜水艦“あきしお”に潜入することができるしかも無料個人的には大和ミュージアムよりも面白かった呉に来た際には大和ミュージアムとセットで訪れるといいと思う」ここは大和ミュージアムのすぐそばにあるのだが・・・思ってたよりもでかい!!てつのくじらは愛称で正式には海上自衛隊呉資料館というここは主に海上自衛隊の潜水艦と掃海を展示する史...
呉探訪 vol.2 てつのくじら館 前編



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(8)
大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)
前回の更新から10日以上経ってしまいました。
楽しみに訪問していただいた皆様には、申し訳ありませんでした。
10ヶ月近く毎日更新を続けてきましたが、ここ最近はミュージアム巡りの時間がなかなかとれずに、ついにネタ切れになってしまいました。
ようやく少し時間ができたので、またぼちぼち再開したいと思います。

大和ミュージアム
去年、南港で大和ミュージアムの出張展が行われていました。
ワタクシぜひとも行きたかったのですが、もたもたしてるうちに終わってしまい、なんとも残念な思いがしました。
こうなれば、現地・呉に行くしかありません。
そんなわけで、今回念願かなって、大和ミュージアムの訪問リポートです。

大和ミュージアム
建物の前には、戦艦「陸奥」の41センチ主砲身が飾られています。
めっちゃデカくて、こんな角度でないとフレームに収まりきれません。

大和ミュージアム
スクリューと舵です。
これも非常に大きいです。

大和ミュージアム
海神ポセイドンが、フ○チンでお出迎えです。

大和ミュージアム
館内に入ってすぐの大和ひろばには、実物の10分の1サイズに復元された戦艦「大和」が展示されてます。
26.3mもあるので、上の方からでないと全体が収まりません。
これが見たくて、わざわざ呉まで来たようなものです。

大和ミュージアム
呉は、「大和」の母港です。
ここで秘密裏に建造されました。

大和ミュージアム
長距離射程の主砲で、敵艦の射程範囲外から先制攻撃を行います。
ドイツ海軍の戦艦を参考に考えられた作戦です。

大和ミュージアム
巨大戦艦として知られる「大和」ですが、意外にも当時の設計思想はコンパクト化だったそうです。
排水量に対するサイズ比では、外国戦艦よりもずっとコンパクトです。

大和ミュージアム
保有艦数が各国で取り決められたので、日本は量より質の考えをとりました。
強力な戦艦の火力でライバルを圧倒しようとの作戦でしたが、時代は航空機が主流となり、大艦巨砲主義は通用しなくなってしまいました。

大和ミュージアム
「大和」は結局さしたる戦果もあげられないまま、沖縄戦に向かう途中で、撃沈されてしまいました。

大和ミュージアム
大型資料展示室では、実物資料が見られます。
魚雷と、奥には特攻兵器の「回天」もあります。
人間魚雷として、敵艦に攻撃を仕掛けるものです。
もちろん生きては帰れない定めです。

大和ミュージアム
零式艦上戦闘機六二型です。
保存状態も良さそうで、今でも飛べそうな感じがしました。

大和ミュージアム
二人乗りの特殊潜航艇「海龍」です。

他には、海軍を中心とした呉の歴史や、「大和」のテクノロジー、「大和」とともに海に沈んだ3000人以上の乗組員の紹介などの展示もあります。
資料は撮影不可だったので画像はありませんが、非常に見応えのあるミュージアムです。
開館10年で、入館者が1000万人を突破した人気なのもうなづけます。
500円で「大和」の世界にたっぷり浸れますよ。

ワタクシ、訪問記念に、ミュージアムショップやまとで、マグカップと「大和」の勇姿が缶にデザインされた懐ドロップス(サクマの缶入りドロップ)を買いました。
大和ミュージアムに来られて、ほんとうに良かったです。



大和ミュージアム
近畿ランキングに



こちらの施設は、以前の旅で1度訪問済みやったんですけど、再訪するだけの価値が私にはありました。全国あちこち旅の道中、こういう戦時史料館は必ず立ち寄るようにしております。その中でも展示が非常に充実しているんですね。中でも、10分の1の大きさで作られた戦艦大和は再び見てみたい(^^)大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)にやって来ました。入館料は500円。この規模の見学施設としては、安いと思います。まず、入...
10分の1スケールの戦艦大和は圧巻の展示!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)前編



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

科学館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(6)
琵琶湖疏水記念館
琵琶湖疏水記念館
南禅寺の近くに、琵琶湖疏水記念館があります。
京都市動物園とは隣どうしです。
ここは、琵琶湖疏水に関する資料を展示する施設です。

琵琶湖疏水とは、琵琶湖の水を京都市に供給するための施設で、明治18年着工、同23年の完成です。
飲料水としての利用の他に、水力で発電や工場の動力をまかない、明治維新後の京都を、衰退の危機から救うことができました。
ですが、水力の工場はその後、時代遅れとなり、工場用地は現在、無鄰菴を始めとする別荘地になってます。
南禅寺界隈には、琵琶湖疏水の水を邸内に引き込んだ庭を持つ別荘が、複数あります。
「お値段以上」のニトリが所有する、対龍山荘(非公開)もその一つです。

琵琶湖疏水記念館
入口前には、蹴上発電所で使われた水車が設置されてます。

琵琶湖疏水記念館
蹴上付近の復元模型です。
右下の池が南禅寺船溜で、上の方に向かって伸びているのが蹴上インクラインです。
荷物を積んだ舟を台車に載せ、京都-大津間を移動させていました。

琵琶湖疏水記念館
南禅寺船溜には、噴水があります。
電気を使わず水圧だけで吹き出す仕組みです。

琵琶湖疏水記念館
レトロなデザインの消火栓。
ショーケースの展示資料は撮影禁止なので、こんなものでもパチリ。
館内は冷房が効いているので、涼みに来るのに最適です。



琵琶湖疏水記念館
近畿ランキングに



(『蹴上インクラインふたたび…2』のつづき)●インクラインの下流部(?)をしばらくうろついた後は、前回の訪問時に改装中で見学できなかった、琵琶湖疏水記念館へ、雪辱戦とガツガツ突入! 疏水の流れ下る水音が聞こえる位置に、木立と屋外展示物に囲まれてある小さな博物館で、入館は無料です。改装からまだ年を経ていないとあって、内外ともまだ新しい感じで、気持ちよく見学できました。●当時の写真や文献など、パネル展示の...
琵琶湖疏水記念館にて…1



テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(7)
龍安寺
龍安寺
ワタクシ以前から、龍安寺の石庭がずっと見たいと思ってました。
大阪から京都なので、いつでも行けると思うと、実際にはなかなか行けないものです。
録りためたテレビ番組が、見ないまま放っとかれるみたいなもんです。
今回、ようやく行くことができました。

ここの訪問者は、圧倒的に白人の観光客が多いです。
禅の世界に惹かれてのことでしょうか?
比率でいえば、白人8割、中国人1割、日本人1割くらいの感じでした。

龍安寺
来るまでは、龍安寺って石庭だけの小さなお寺かと思ってましたが、想像以上に広くて驚きました。
ワタクシと同じ感想を漏らす声が、チラホラ聞こえました。

龍安寺
山門をくぐると、左手に鏡容池が見えてきます。
デカいです。

龍安寺
庫裡です。
南禅寺のものと、そっくりです。

龍安寺
何やら文字が書かれています。
読めんちゅーの。

龍安寺
視覚障害者用の、触れる石庭です。

龍安寺
思ったほど広くありませんが、禅の境地を感じられるかな?

龍安寺
石庭全景。
パノラマ撮影を失敗して、扇型になってしまいました(汗)

龍安寺
方丈内部。

龍安寺
龍安寺の境内には、やたらデカい石がゴロゴロしてます。



龍安寺
近畿ランキングに



 寺院の文鎮は、やはり珍なるデザイン 「私の文鎮収集」の2回目は、龍安寺。 京都でも人気寺院のひとつで、虎の子渡しと称される方丈の石庭は、人気の的です。海外ツーリストも、とても多いですね。 こちらの売店にも、文鎮が置いてあり、求めてみました。  箱は、至ってふつう。中に「京の鉄器」という紙片が入っていて、制作は“アトリエYOU”という工房のようです。 中を空けると……   なんと! 石庭をかたどった文鎮な...
龍安寺の文鎮は、これしかないという超レア・デザイン - 私の文鎮収集(2)-



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

寺社 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(8)
京都市動物園
京都市動物園
京都市美術館から少し行ったところに、京都市動物園があります。
暑いさなかに動物園とはワタクシも酔狂ですが、汗をふきふき園内を回ってきました。

京都市動物園
小ぢんまりとした動物園で、明治36年の開園だそうです。

京都市動物園
時代を感じさせる、サル舎です。

京都市動物園
ガラス越しとはいえ、すぐ近くでライオンを見ると、ちょっと怖かったりします。

京都市動物園
雌ライオンも、めっちゃデカいです。
じっとしてると剥製みたいですが、あの爪でガリっとやられたらひとたまりもありません。

京都市動物園
アジアゾウは鼻で押しくらまんじゅうしてました。
ちょっぴり小型の象でした。

京都市動物園
ブラジルバクは、ベタッと腹ばいで動きません。

京都市動物園
カバのツグミです。
食事中でした。

京都市動物園
ミーアキャットは、カメラを構えた途端そっぽを向きました。
さっきまでこっちを見てたのに、イケズな奴です。

京都市動物園
結構、近くで見ることができます。
キリンなんか、手を伸ばせば届きそうです。

京都市動物園
園内はあちこち工事中で、行き止まりがあったりして迷路みたいでした。

京都市動物園
レトロな観覧車。

京都市動物園
展示室には骨格標本や剥製が飾られてます。
骨だけ見ると、カバが恐竜に見えてきます。

京都市動物園
園内で飼育されていた動物たちです。

棒読みのハリーくんがご愛嬌です。


京都市動物園
近畿ランキングに



京都市動物園に行ってきました☆新しくなったゴリラ舎です。ゴリラ舎のメンバーは まず お父さんのモモタロウお母さんの ゲンキそして 3歳の ゲンタロウゲンタロウ 可愛い!お母さんの ゲンキゲンキ が ゲンタロウを抱くといったような場面は見られませんでした。お父さんの モモタロウゲンタロウ父 と 息子じゃれてます。モモタロウ手前は ゲンキ お互い距離をとってました。シルバーバック。 ハンサムで立派なオ...
京都市動物園



テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

動・植物園 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
伊丹市立伊丹郷町館
伊丹市立伊丹郷町館
伊丹市立美術館を含む、みやのまえ文化の郷には、伊丹郷町館 があります。
旧岡田家住宅や旧石橋家住宅が、二つ並んで一般公開されてます。

伊丹市立伊丹郷町館
古い和風旅館みたいな雰囲気ですね。
旧石橋家住宅です。
通りに面した側では、アクセサリー等の小物を販売してました。

伊丹市立伊丹郷町館
銭形平次が使ってそうな長火鉢がありました。

伊丹市立伊丹郷町館
こちらは奥の旧岡田家住宅です。
酒蔵部分は、芸術作品の展示スペースとして活用されてます。

伊丹市立伊丹郷町館
天井の梁なんか、めっちゃ太い。

伊丹市立伊丹郷町館
でっかいカマドみたいなのがありました。

伊丹市立伊丹郷町館
酒蔵だけあって、昔の道具が展示されてます。

伊丹市立伊丹郷町館
座敷もたくさんあります。

伊丹市立伊丹郷町館

伊丹市立伊丹郷町館
近畿ランキングに




テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

資料館 | 00:00:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ